猫を題材にした小説随筆や猫好き作家をご紹介


by suzielily

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

カテゴリ

全体
猫書籍
文学
Cat Salon,猫カフェ
猫写真、猫関連
猫TV,movie
音楽、music
本のまくらquiz
TVドラマ、movie
初めまして introducing
野球、baseball

最新のコメント

LuckySevenSt..
by suezielily at 15:23
面白そうですね〜。 ヘ..
by LuckySevenStars at 15:11
LuckySevenS..
by suezielily at 17:59
マンチカンが可愛すぎる可..
by LuckySevenStars at 17:20
LuckySevenS..
by suezielily at 17:33
suezielilyさん..
by LuckySevenStars at 13:37
nobikunJ さま..
by suezielily at 16:15
あけましておめでとうござ..
by nobikunJ at 12:56
nanako-..
by suezielily at 16:03
LuckySevenSt..
by suezielily at 14:41

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
すみやのひとり言・・・
路地猫のひとり言
ヒトは猫のペットである
春待ち日記
たびねこ
ちりめん戯縫
大杉漣の風トラ便り
4にゃん日記+
猫イズム
のらマニア ~長崎ぶらぶら猫~
浅草・銀次親分日記
シェークスピアの猫
ぎんネコ☆はうす
ルドゥーテのバラの庭のブログ
猫と文学とねこブンガク

外部リンク

最新の記事

尼僧ヨアンナ
at 2017-08-18 15:39
ウィリアム・ゴールディング『..
at 2017-08-17 15:40
日はまた昇る
at 2017-08-02 18:00
G=マルケス「ミセス・フォー..
at 2017-08-02 17:52
ガルシア=マルケス「この村に..
at 2017-07-30 17:15

最新のトラックバック

ヘミングウェイ「雨の中の猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
高見浩訳「雨のなかの猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
一茶の猫俳句
from ネコと文学と猫ブンガク
「波の塔」の猫
from ネコと文学と猫ブンガク
内田百閒の広告
from ネコと文学と猫ブンガク
キャットサロンの猫
from A Cat, a Camer..
キャットサロン(A Sa..
from 猫と文学と猫ブンガク
日経新聞・フィギュアの世..
from ナチュラル&スローライフ

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます。

ライフログ


芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)


猫に時間の流れる (中公文庫)

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
本・読書

画像一覧

サロンのネコ

Aサファリに行った。 以前は無かった動物の像があった。龍、オーストリッチ、猿など。
ジャングルバスに乗る。
運転手さんに質問することをお勧めする。動物に関する知識を沢山教えてくれる。
羊の赤ちゃんがいた。生後10日。エサは食べず、母乳だけを飲むそうだ。
象の数が増えていた。1歳の子象も。最年長は34歳。年の取り方は人間とほぼ同じらしい。
トラは世界的に見ても数が減っているとか。特にサイベリアンタイガーは絶滅危惧種。
ライオンは群れて生活するが、トラは群れないというのも中々子供が生れないという理由の一つなのか? ご存知の方、ご教示を。
昨年、米国で痛ましい事件があった。個人でトラや熊など何10匹も野生動物を飼っていた男が、彼らを射殺して自殺したという。
事件もそうだが、米国では(州にもよるが)野生動物の飼育にたいする法規制が無いというのも驚きだ。

話をサファリに戻して。
犬サロン。中に入るには入場料がいる。特に好きではないので外から見学した。
キャットサロンに行った。いつもは猫を良く知る見学者が穏やかに接しているが、団体で来て騒いで無理に抱っこしている人もいた。早くこの人ら、出て行ってくれと思った。
多分個人ではそう騒がないのだろう。団体旅行で気が大きくなるのだろうか。
長老格の猫たちでSレックスのミントやスフィンクスのピンキー以外は気位が高く、あまり愛想も良くない。
若いAカールのライチ、ソマリのつばき、スコのさくら(この日は機嫌が悪かった)、Rドールのぽっけは愛想もいい。
1981年にCalifornia州で保護された迷い猫。American Curlは、外向きにカールした耳の猫を起源とされる。Shulamithと名付けられた雌の猫が生んだ子も、全て外向きの耳だったそうだ。
ソマリやAカールの背中のラインの美しさといったら! 谷崎潤一郎が洋猫一辺倒だったのも分かる気がした。
e0265768_18282373.jpg




福岡市の「ねこのて」で購入したシャム猫柄の指輪と、シャム猫のカイ君を一緒に撮影することができた。ヤラセ写真ではあるが。
ここに来ると、初対面なのに気安く話せるお客に出会う。家族で猫が好き、という方々とお話したら、福岡の方だった。地元の猫カフェには行った事が無いという。キューリグをお勧めしたが、ご存知ではあった。
この日は帰宅してからも日テレの動物番組や「三毛猫ホームズ」の初回を見る。
何だか猫付けの一日であった。
[PR]
by suezielily | 2012-04-17 18:28 | Cat Salon,猫カフェ