猫を題材にした小説随筆や猫好き作家をご紹介


by suzielily

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

カテゴリ

全体
猫書籍
文学
Cat Salon,猫カフェ
猫写真、猫関連
猫TV,movie
音楽、music
本のまくらquiz
TVドラマ、movie
初めまして introducing
野球、baseball

最新のコメント

LuckySevenSt..
by suezielily at 15:23
面白そうですね〜。 ヘ..
by LuckySevenStars at 15:11
LuckySevenS..
by suezielily at 17:59
マンチカンが可愛すぎる可..
by LuckySevenStars at 17:20
LuckySevenS..
by suezielily at 17:33
suezielilyさん..
by LuckySevenStars at 13:37
nobikunJ さま..
by suezielily at 16:15
あけましておめでとうござ..
by nobikunJ at 12:56
nanako-..
by suezielily at 16:03
LuckySevenSt..
by suezielily at 14:41

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
すみやのひとり言・・・
路地猫のひとり言
ヒトは猫のペットである
春待ち日記
たびねこ
ちりめん戯縫
大杉漣の風トラ便り
4にゃん日記+
猫イズム
のらマニア ~長崎ぶらぶら猫~
浅草・銀次親分日記
シェークスピアの猫
ぎんネコ☆はうす
ルドゥーテのバラの庭のブログ
猫と文学とねこブンガク

外部リンク

最新の記事

松本清張 「風の息」
at 2017-07-17 15:39
フォークナー「サンクチュアリ」
at 2017-07-16 15:41
ねこの事典
at 2017-07-07 17:09
ドストエフスキー「白痴」
at 2017-07-06 17:18
ねこ書籍記事過去ログ
at 2017-07-04 00:00

最新のトラックバック

ヘミングウェイ「雨の中の猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
高見浩訳「雨のなかの猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
一茶の猫俳句
from ネコと文学と猫ブンガク
「波の塔」の猫
from ネコと文学と猫ブンガク
内田百閒の広告
from ネコと文学と猫ブンガク
キャットサロンの猫
from A Cat, a Camer..
キャットサロン(A Sa..
from 猫と文学と猫ブンガク
日経新聞・フィギュアの世..
from ナチュラル&スローライフ

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます。

ライフログ


芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)


猫に時間の流れる (中公文庫)

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
本・読書

画像一覧

稲葉真弓「ミーのいない朝」

猫サロンに行くにゃー。前の写真でスミマセン http://africansafari.blog.egoism.jp/
e0265768_18253261.jpg

ミーのいない朝

稲葉 真弓 / 河出書房新社


図書館で稲葉真弓「ミーのいない朝」の単行本を借りた。その後すぐに閉架に押しやられたので、私の他に借りた人がいたかどうか。 河出文庫「猫になりたいフェアー」で数冊の猫関連本が書棚に並んでいる。
その中に稲葉さんのこの作品があった。 文庫が出ていたとは。 猫ブームであるから、彼女に再度スポットが当たれば良いなと思う。





私が猫に興味を持ったのは2004年から。ホークスが優勝できなくなってきた時期にリンクする。 そういう覚え方だから、忘れようがない。 図書館に行って今まで手に取ることがなかった猫関連の書籍を片っ端から借りた。おかげで知らなかった作家やカメラマンとの出会いがあり、猫好きな有名人に対する見方が変わった。
エッセイや小説に関しては、単に飼い猫の自慢話に終始したものは好みではない。
写真集も飼い猫をスタジオで美々しく撮影されたもの、外であっても不自然に小道具を置いて撮ったものは好きになれない。野良猫の写真を撮ったものに強く惹かれる。
稲葉さんの作品はそんな中で、詩人でもあり、美しくもクールな文体に魅了された。保坂和志氏もそうだが、「こんなふうに書きたいなあ…書けないだろうけど」と憧れ、嫉妬するような作家である。
写真を見ると三毛猫のミーはとても可愛らしい子である。若い頃の池波志乃さんに似た稲葉さんもネコ科的な美女である。
作品の前半から中盤はミーも若いし、明るくて生き生きとした描写が続く。著者は夫と別居ついには離婚するのだが、それでもミーと共に生きていこうとする。東京でのペット可物件探しの大変さは平出隆「猫の客」にも書かれる。 たとえ夫と別れてミーを抱えての困難な住居探しではあっても、生活に「張り」があろうというもの。 後半ミーが老いてからの描写は涙が止まらなかった。表題からも分かるように稲葉さんの飼い猫のミーは既にいない。 単行本後書きに寄ると、猫を見れば心惹かれても他の猫を飼う気には到底なれないという。
それが、今回文庫本後書きを見ればオス猫のボニー君を飼うようになったそうだ。ああ、良かったなと心から思う。 新しい猫がミーのように作家にとってのミューズとなり得る存在ではなさそうではあっても。
e0265768_1433222.jpg

[PR]
by suezielily | 2012-05-30 17:48 | 猫書籍