猫を題材にした小説随筆や猫好き作家をご紹介


by suzielily

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

カテゴリ

全体
猫書籍
文学
Cat Salon,猫カフェ
猫写真、猫関連
猫TV,movie
音楽、music
本のまくらquiz
TVドラマ、movie
初めまして introducing
野球、baseball

最新のコメント

LuckySevenS..
by suezielily at 17:33
suezielilyさん..
by LuckySevenStars at 13:37
nobikunJ さま..
by suezielily at 16:15
あけましておめでとうござ..
by nobikunJ at 12:56
nanako-..
by suezielily at 16:03
LuckySevenSt..
by suezielily at 14:41
あけましておめでとうござ..
by nanako-729 at 14:31
Last Christm..
by LuckySevenStars at 15:16
mocorit0125 ..
by suezielily at 16:50
ノルウェージャン専門の猫..
by mocorit0125 at 15:21

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
すみやのひとり言・・・
路地猫のひとり言
ヒトは猫のペットである
春待ち日記
たびねこ
ちりめん戯縫
大杉漣の風トラ便り
4にゃん日記+
猫イズム
のらマニア ~長崎ぶらぶら猫~
浅草・銀次親分日記
シェークスピアの猫
ぎんネコ☆はうす
ルドゥーテのバラの庭のブログ
猫と文学とねこブンガク

外部リンク

最新の記事

猫なんて! 作家と猫をめぐる..
at 2017-05-19 17:07
猫カフェ 空陸家
at 2017-05-19 15:56
猫カフェ記事バックナンバー
at 2017-05-18 16:46
ヨーロッパ黒猫紀行
at 2017-05-16 15:33
ねこ書籍記事過去ログ
at 2017-05-16 00:00

最新のトラックバック

ヘミングウェイ「雨の中の猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
高見浩訳「雨のなかの猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
一茶の猫俳句
from ネコと文学と猫ブンガク
「波の塔」の猫
from ネコと文学と猫ブンガク
内田百閒の広告
from ネコと文学と猫ブンガク
キャットサロンの猫
from A Cat, a Camer..
キャットサロン(A Sa..
from 猫と文学と猫ブンガク
日経新聞・フィギュアの世..
from ナチュラル&スローライフ

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます。

ライフログ


芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)


猫に時間の流れる (中公文庫)

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
本・読書

画像一覧

猫と文豪

ブログを始める前に、どうしてもこの題にしたいというのがあった。 それは、谷崎潤一郎の「猫と庄造と二人のをんな (A Cat, A Man and Two Women)」をもじった題名。 猫が好きになる前は、谷崎作品も2作品しか読んだことがなかったし、特に好きな作家でもなかった。 意識的に猫を題材にした小説を読み始めて、最初の作品が谷崎の、「猫」である。文学史上、「猫」といえば、漱石の「我輩は猫である」のことを指すし、最初の題名は「猫」だったらしいが、私にとっては谷崎の「猫」なのだ。そ れは、あの有名な作品、特にラストを読めば漱石がそんなに猫を好きではないように思えるから。 弟子である内田百?の「贋作我輩は猫である」のほうが好きなくらいだ。




"Do you know why Shinako wanted the cat so badly?" asked Fukuoko with an air of embarrassment, as she looked at her husband across the dinner table that evening.
「何で品子さんが猫をそんなに欲しがるか知ってるのん?」と福子がその晩の食卓の向こうから困惑の表情で尋ねた
"Shinako smelled the peculiar, dusty odor of cat fur and felt all over her face the prickly, tickling friction of cat's rough tongue against her skin".
「品子は猫の毛特有のほこりっぽい臭いを嗅いで、ちくちくとくすぐったい猫の粗い舌を顔じゅうにこすれるのを感じた」
"If she were still an innocent little kitten, no doubt she'd come around easily."
「リリーがまだ子猫のように無垢であれば、もっとたやすく傍に来ていただろう」
"But an old cat was like an old human being―it was probably a terrible shock for it to be taken to new surroundings with differnt ways and customs. "
「しかし、年老いた人間のような老猫には新しい環境へ違ったやり方や習慣へと連れられたら、ひどいショックだっただろう」
"Sinako had heard people say that when a cat was alone with its owner, it would sometimes kiss and rub its face against that person, showing its love in much the same way as humans do.「品子は猫が飼い主とだけ一緒にいる時は、ちょうど人間がするのと同様にキスしたり顔をこすりつけたりして盛んに愛情を示すというのを聞いたことがある」
"Cats can get nasty if you don't treat them right..."「猫はちゃんと扱ってやらな、汚れるさかい...」
"Anyone'd be jealous, the way you carry on about that cat"「あんたの猫の扱い見てたら、誰だって妬くやろ」
"Never mind why_ just give the cat!"「何でかは気にせんと、猫をやってしまいなはれ!」
"I was counting. There were thirteen fish on that plate, Lily ate ten, so that means you ate three"「わて、数えてん。更に13匹小魚が乗ってて、リリーが10匹食べたゆうのんは、あんた3匹食べたんや」
"Now, I'm not going to get jealous over some cat"「なあ、わて猫なんぞに妬いてんのと違うで」
"Shozo wasn't even eating the food he'd insisted on having, ignoring his wife's complaints; instead, he was giving it all to the cat!"「庄造は妻の不平も無視して自分が食べたいと言い張ったものを食べるどころか猫にすべてくれてやったのだ!」
"Mind you be a good little cat and do what you're told after you get there.
She promised she wouldn't be mean to you like before"
"向こうに着いたらあんたが言われたとおりにしてええ子にしてなはれ。あの人も前みたいに意地悪せんと約束したさけ."
"When he heard people with no knowledge of a cat's character saying that cats were not as loving as dogs, that they were cold and selfish, he always thought
to himself how impossible it was understand the charm and
lovableness of a cat if one”.
"猫の性格を知らない人々が猫は犬に比べて可愛げがない、冷たくて我がままだという、庄造は彼のように1人住まいで猫1匹と何年も暮らしたことがなければ、その魅力や愛らしさを理解するのは不可能だと思った"
"The cats he'd kept before, the three-colored one and Blacky, had never once had this sort of poignant
expression-perhaps they were too stupid for that. "
”庄造が以前飼った三毛と黒猫は、こんな胸を刺すような表情をみせたことがついぞ無かったーおそらくお馬鹿さんすぎたのだろう"
Then, she had hated the cat in past because of the smell; now, she loved it all the more for the same reason.
「その当時、彼女は臭いで猫を嫌ったのだが、今や同じ理由で尚好きなのだ」
Oh, Lily,Lily...You mustn't go away again, ever"「なあ、リリーや、もうどこへも行かへんなあ」
"Throughout all this, the cat remained unusually quiet, apparently content to be hugged for as long as Shinako
desired."
「その間ずっと、猫はいつもと違ってじっとして、明らかに品子が望むだけ抱かれているのであった」
"As for Shinako, she was as happy as a child at receiving such gentle, friendly responses from the cat for the
very first time."
「品子にしてみれば、最初から猫がこんな優しい、親しげな反応をしていたら子供のように嬉しかったのだ」
"Lily looked up at her with gaze full of sadness and, pressing herself against her breast, pushed with her
forehead at the collar of the woman's flannel nightgown."
「リリーは哀しげな目をいっぱいに見開いて品子を見上げ、胸元に身体を押しつけて、フランネルの夜着の襟元におでこをつけるのだった」
[PR]
by suezielily | 2012-06-26 18:49 | 猫書籍