猫を題材にした小説随筆や猫好き作家をご紹介


by suzielily

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

カテゴリ

全体
猫書籍
文学
Cat Salon,猫カフェ
猫写真、猫関連
猫TV,movie
音楽、music
本のまくらquiz
TVドラマ、movie
初めまして introducing
野球、baseball

最新のコメント

LuckySevenS..
by suezielily at 17:59
マンチカンが可愛すぎる可..
by LuckySevenStars at 17:20
LuckySevenS..
by suezielily at 17:33
suezielilyさん..
by LuckySevenStars at 13:37
nobikunJ さま..
by suezielily at 16:15
あけましておめでとうござ..
by nobikunJ at 12:56
nanako-..
by suezielily at 16:03
LuckySevenSt..
by suezielily at 14:41
あけましておめでとうござ..
by nanako-729 at 14:31
Last Christm..
by LuckySevenStars at 15:16

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
すみやのひとり言・・・
路地猫のひとり言
ヒトは猫のペットである
春待ち日記
たびねこ
ちりめん戯縫
大杉漣の風トラ便り
4にゃん日記+
猫イズム
のらマニア ~長崎ぶらぶら猫~
浅草・銀次親分日記
シェークスピアの猫
ぎんネコ☆はうす
ルドゥーテのバラの庭のブログ
猫と文学とねこブンガク

外部リンク

最新の記事

ブランケットキャッツ
at 2017-06-23 16:54
世界一美しい猫たち ラパーマ
at 2017-06-23 16:42
岩合光昭「プロフェッショナル..
at 2017-06-16 17:02
ドストエフスキー 「罪と罰」
at 2017-06-15 17:27
G・ガルシア=マルケス「予告..
at 2017-06-09 16:28

最新のトラックバック

ヘミングウェイ「雨の中の猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
高見浩訳「雨のなかの猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
一茶の猫俳句
from ネコと文学と猫ブンガク
「波の塔」の猫
from ネコと文学と猫ブンガク
内田百閒の広告
from ネコと文学と猫ブンガク
キャットサロンの猫
from A Cat, a Camer..
キャットサロン(A Sa..
from 猫と文学と猫ブンガク
日経新聞・フィギュアの世..
from ナチュラル&スローライフ

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます。

ライフログ


芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)


猫に時間の流れる (中公文庫)

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
本・読書

画像一覧

安部公房の猫

「水中都市・デンドロカカリヤ」には11の短編を収録。その中に「空中楼閣」という作品がある。
失業中のカラキ君はある日、アパートの前の電柱に貼られたビラを目にする。袋小路になっているアパートの前に貼られているので、アパートの住人を対象にしたものらしい。「求む工員 空中楼閣建設事務所」とある。胡散臭いが、失業保険が切れてしまう身の上としては、いたしかたない。空中楼閣とは何だろう。不可能なことを頭の中だけで設計することだ。建物、脳病院、料理屋、条件なしの空想。事務所から何か通達があるだろうか。部屋を開けると使者と行き違いになるのを恐れ、部屋にとどまることにしたカラキ君。よそゆきの身支度をして。椅子が一つしかないので隣人の、気象台に勤めているK君に借りる事に。K君は「気象台は空中楼閣建設事務所の研究室」だという。彼は前からそこに務めていたのだ。行ける所までいってみよう、多分行きつける。カラキ君は外出することに。すると。
e0265768_1155183.jpg








「道路の真中をこちらに向かってやってくる一匹の三毛猫に出遭った。ぼくは直感的にその猫が事務所と関係あることを見抜いた。」「猫はすでにぼくを見知っていて、いかにもなつかしげによってきた。」「ぼくは猫をかかえ、確信をもって先に進んだ。」「電車にのれという合図があり、(尻尾を立ててウンニャウと鳴いた。)」「猫がぼくの腕に爪を立て、」「素早く駆出し、黒い板塀の大きな屋敷の中に走り込んだ。」
その屋敷から出て来た恰幅のいい紳士に空中楼閣についての説明を受けるが、よく飲みこめない。さて、カラキ君の運命は、そして空中楼閣とは?
文庫の解説はドナルド・キーン。 「空中楼閣」に登場する猫についてある想像をしているが、私もキーン氏に同意する。「安部氏は動物にあまり興味がないようだが、小説家としての安部氏は上手に動物を活用する。」と控え目に書いている。谷崎や百閒が猫を描くような表現ではないので、「あまり興味がないようだが」という点で私もある想像をしている。
e0265768_19154751.jpg
e0265768_19155445.jpg

e0265768_1161124.jpg

水中都市・デンドロカカリヤ (新潮文庫)

安部 公房 / 新潮社

面白いけどどの作品もこんな感じなら区別つかないかも

スコア:


[PR]
by suezielily | 2012-08-21 11:06 | 猫書籍