猫を題材にした小説随筆や猫好き作家をご紹介


by suzielily

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

カテゴリ

全体
猫書籍
文学
Cat Salon,猫カフェ
猫写真、猫関連
猫TV,movie
音楽、music
本のまくらquiz
TVドラマ、movie
初めまして introducing
野球、baseball

最新のコメント

LuckySevenS..
by suezielily at 17:59
マンチカンが可愛すぎる可..
by LuckySevenStars at 17:20
LuckySevenS..
by suezielily at 17:33
suezielilyさん..
by LuckySevenStars at 13:37
nobikunJ さま..
by suezielily at 16:15
あけましておめでとうござ..
by nobikunJ at 12:56
nanako-..
by suezielily at 16:03
LuckySevenSt..
by suezielily at 14:41
あけましておめでとうござ..
by nanako-729 at 14:31
Last Christm..
by LuckySevenStars at 15:16

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
すみやのひとり言・・・
路地猫のひとり言
ヒトは猫のペットである
春待ち日記
たびねこ
ちりめん戯縫
大杉漣の風トラ便り
4にゃん日記+
猫イズム
のらマニア ~長崎ぶらぶら猫~
浅草・銀次親分日記
シェークスピアの猫
ぎんネコ☆はうす
ルドゥーテのバラの庭のブログ
猫と文学とねこブンガク

外部リンク

最新の記事

ニャンニャンにゃんそろじー
at 2017-05-26 17:54
呪われた腕―ハーディ傑作選―
at 2017-05-25 18:01
猫なんて! 作家と猫をめぐる..
at 2017-05-19 17:07
猫カフェ 空陸家
at 2017-05-19 15:56
猫カフェ記事バックナンバー
at 2017-05-18 16:46

最新のトラックバック

ヘミングウェイ「雨の中の猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
高見浩訳「雨のなかの猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
一茶の猫俳句
from ネコと文学と猫ブンガク
「波の塔」の猫
from ネコと文学と猫ブンガク
内田百閒の広告
from ネコと文学と猫ブンガク
キャットサロンの猫
from A Cat, a Camer..
キャットサロン(A Sa..
from 猫と文学と猫ブンガク
日経新聞・フィギュアの世..
from ナチュラル&スローライフ

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます。

ライフログ


芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)


猫に時間の流れる (中公文庫)

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
本・読書

画像一覧

内田百閒の広告

内田百閒は飼い猫のノラが失踪した際に、猫探しの広告を何度か出している。
「百鬼園寫眞帖」にはそのうち、一、三、四、五回目のビラ写真が掲載されている。
「A Search for the Missing Cat」と題した英文の広告まで。
Have you not seen a stray cat? Are you not keeping a lost cat? 
It is a tom-cat, one and half year old, was around 8 to 9 pounds (when he left home two months ago), is whitish brown tabby on his back and purely white on his chest, with long tail curled at the tip, and with soft eyes not blue. 




When called by his name”Nora”, he answers a miaow.
He is not of a special breed Like Persian or Siamese, but is just a common Japanese cat.
He went out with his girl friend, a black she-cat, on last March 27, and has never come home yet.
As he was a real pet of this family, we miss him very much, and we anxious to know where he is or how he is.
Information about the call to Tel. ○○―○○○○(in Japanese, please) will be greatly appreciated.
If ”Nora” returns home safely, 3,000 Yen will be offered with thanks to the person who gave the information.
「ノラや」によると、「事によると外人の所へ迷ひ込み、その儘飼はれてゐるのではないか。度度の折込みのビラも外人には役に立っていない。」と美野という弟子?に命じて持ってこさせたプリントがこの英文。
なかなか立派な英文だ。美野という人が翻訳したのであろうか? 
この本に掲載されている日本語のビラには書かれていなかったのが「雌の恋人猫と出て行ったきり、戻らない」という箇所。外国人向けにユーモアを交え、具体的な描写があったほうがいいという判断だろうか。
三千円というのは当時でどれくらいの価値だろう、師の漱石に借金の申し込みばかりしていた百閒にしては、破格の金額ではなかろうか。
e0265768_19231545.jpg
e0265768_19232492.jpg
e0265768_19241289.jpg
e0265768_1924215.jpg
e0265768_19242938.jpg
e0265768_1924359.jpg
e0265768_19244657.jpg

[PR]
by suezielily | 2012-12-19 19:25 | 猫書籍