猫を題材にした小説随筆や猫好き作家をご紹介


by suzielily

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

カテゴリ

全体
猫書籍
文学
Cat Salon,猫カフェ
猫写真、猫関連
猫TV,movie
音楽、music
本のまくらquiz
TVドラマ、movie
初めまして introducing
野球、baseball

最新のコメント

nobikunJさま ..
by suezielily at 16:22
Richard Brau..
by nobikunJ at 18:04
LuckySevenSt..
by suezielily at 16:51
どこかにある猫の国の奈知..
by LuckySevenStars at 12:16
LuckySevenSt..
by suezielily at 15:23
面白そうですね〜。 ヘ..
by LuckySevenStars at 15:11
LuckySevenS..
by suezielily at 17:59
マンチカンが可愛すぎる可..
by LuckySevenStars at 17:20
LuckySevenS..
by suezielily at 17:33
suezielilyさん..
by LuckySevenStars at 13:37

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
すみやのひとり言・・・
路地猫のひとり言
ヒトは猫のペットである
春待ち日記
たびねこ
ちりめん戯縫
大杉漣の風トラ便り
4にゃん日記+
猫イズム
のらマニア ~長崎ぶらぶら猫~
浅草・銀次親分日記
シェークスピアの猫
ぎんネコ☆はうす
ルドゥーテのバラの庭のブログ
猫と文学とねこブンガク

外部リンク

最新の記事

マンスフィールド「不機嫌な女..
at 2017-12-16 14:55
ジャン・クリストフ 
at 2017-12-08 17:51
ねこ書籍記事過去ログ
at 2017-12-07 00:00
文学記事過去ログ
at 2017-12-06 00:00
コレット 「青い麦」
at 2017-12-04 17:17

最新のトラックバック

ヘミングウェイ「雨の中の猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
高見浩訳「雨のなかの猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
一茶の猫俳句
from ネコと文学と猫ブンガク
「波の塔」の猫
from ネコと文学と猫ブンガク
内田百閒の広告
from ネコと文学と猫ブンガク
キャットサロンの猫
from A Cat, a Camer..
キャットサロン(A Sa..
from 猫と文学と猫ブンガク
日経新聞・フィギュアの世..
from ナチュラル&スローライフ

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます。

ライフログ


芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)


猫に時間の流れる (中公文庫)

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
本・読書

画像一覧

小説家たちの休日 昭和文壇実録

川本三郎の文章と樋口進の写真が素晴らしい「小説家たちの休日 昭和文壇実録」という本に出遭った。
以下、その作家たち、65人。
永井荷風、野村胡堂、志賀直哉、谷崎潤一郎、里見弴、久保田万太郎、宇野浩二、久米正雄、広津和郎、佐藤春夫、吉川英治、獅子文六、小島政二郎、徳川夢声、佐佐木茂索、吉屋信子、大佛次郎、宇野千代、尾崎士郎、井伏鱒二、今東光、川端康成、川口松太郎、石坂洋次郎、大宅壮一、中山義秀、海音寺潮五郎、中野実、小林秀雄、今日出海、林芙美子、永井龍男、幸田文、丹羽文雄、舟橋聖一、伊藤整、石川達三、円地文子、平林たい子、坂口安吾、火野葦平、井上靖、井上友一郎、松本清張、中里恒子、田村泰次郎、壇一雄、吉田健一、戸川幸夫、源氏鶏太、新田次郎、柴田錬三郎、有馬頼義、水上勉、長谷川町子、藤原審爾、五味康祐、山下清、遠藤周作、司馬遼太郎、吉行淳之介、三島由紀夫、開高健、有吉佐和子、江藤淳。
e0265768_19292969.jpg




カヴァーは三島由紀夫と石原慎太郎の二人の写真。慎太郎さん、三島の自決については狂気の沙汰とか何とか言わなかったっけ…あの当時、既に政界入りしていたのか?ご存知の方、ご教示を。
壇一雄の隣で微笑む「火宅の人」のモデルとなった女性の写真には衝撃。
「この1枚、約60年間隠していたが、このたび壇夫人の許可をいただいた」とある。
映画では確か、原田美枝子が演じた役だ。三田寛子や杉田かおるに似た、可愛らしい女性だ。
谷崎潤一郎の「蓼喰ふ虫」(英訳は”Some prefer nettle”)の、いわゆる細君譲渡事件については、谷崎の項でも佐藤春夫の項でも触れられていない。
大佛次郎や谷崎の項でも彼らの猫好きな事に触れている。川本三郎も猫が好きだからだろう。
三島由紀夫の項で、「少年時代の三島由紀夫は猫が好きだった。」以下、十一行に渡って三島と猫について書かれているが、これには私は懐疑的だ。
というのは、百閒、大佛、谷崎など猫好きな作家の著作と違って、三島作品に猫が大きな役割を果たす小説が無い?からだ。勿論、私も彼の全作品を読破したわけではないけれども、どの作家の作品を一番多く読んだかというと、その一人が三島であるので…。
「いや、ある。三島作品で猫が登場し、重要な役目を果たす」という小説や戯曲があれば、どなたかご教示を。

写真は地元の絵画グループの皆様のネコ画色紙。 参加者全員(30点程掲示されていた)が猫好きかどうかは不明。
e0265768_19294160.jpg
e0265768_192947100.jpg
e0265768_19295340.jpg
e0265768_19295939.jpg
e0265768_19307100.jpg

[PR]
by suezielily | 2012-12-25 19:30 | 文学