猫を題材にした小説随筆や猫好き作家をご紹介


by suzielily

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

カテゴリ

全体
猫書籍
文学
Cat Salon,猫カフェ
猫写真、猫関連
猫TV,movie
音楽、music
本のまくらquiz
TVドラマ、movie
初めまして introducing
野球、baseball

最新のコメント

nobikunJ さま..
by suezielily at 16:15
あけましておめでとうござ..
by nobikunJ at 12:56
nanako-..
by suezielily at 16:03
LuckySevenSt..
by suezielily at 14:41
あけましておめでとうござ..
by nanako-729 at 14:31
Last Christm..
by LuckySevenStars at 15:16
mocorit0125 ..
by suezielily at 16:50
ノルウェージャン専門の猫..
by mocorit0125 at 15:21
LuckySevenSt..
by suezielily at 15:14
危険な関係も良いですよね?
by LuckySevenStars at 15:01

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
すみやのひとり言・・・
路地猫のひとり言
ヒトは猫のペットである
春待ち日記
たびねこ
ちりめん戯縫
大杉漣の風トラ便り
4にゃん日記+
猫イズム
のらマニア ~長崎ぶらぶら猫~
浅草・銀次親分日記
シェークスピアの猫
ぎんネコ☆はうす
ルドゥーテのバラの庭のブログ
猫と文学とねこブンガク

外部リンク

最新の記事

猫cafe にゃんそ~れ
at 2017-04-19 09:18
猫カフェキューリグThe L..
at 2017-04-19 09:07
名画のネコは何でも知っている
at 2017-04-18 00:17
ねこ書籍記事過去ログ
at 2017-04-16 00:00
大佛次郎 と 猫
at 2017-04-14 17:34

最新のトラックバック

ヘミングウェイ「雨の中の猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
高見浩訳「雨のなかの猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
一茶の猫俳句
from ネコと文学と猫ブンガク
「波の塔」の猫
from ネコと文学と猫ブンガク
内田百閒の広告
from ネコと文学と猫ブンガク
キャットサロンの猫
from A Cat, a Camer..
キャットサロン(A Sa..
from 猫と文学と猫ブンガク
日経新聞・フィギュアの世..
from ナチュラル&スローライフ

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます。

ライフログ


芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)


猫に時間の流れる (中公文庫)

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
本・読書

画像一覧

稲葉真弓「猫本」Best Selection 20

河出書房新社の文藝別冊 KAWADE夢ムック総特集「作家と猫」より。2000年6月30日発行。
作家の稲葉真弓氏が「猫本」Best Selection 20と題して、20冊の猫を題材にした書籍を選び、紹介文も書いておられる。以下、その20冊。
夏目漱石「吾輩は猫である」、内田百閒「ノラや」、谷崎潤一郎「猫と庄造と二人のおんな」、萩原朔太郎「猫町」、阿部昭編「日本の名随筆『猫』」、阿部昭「猫に名前をつけすぎると」、曾野綾子「飼猫ボタ子の生活と意見」、吉行理恵「黄色い猫」、野坂昭如「吾輩は猫が好き」、金井美恵子「タマや」、群ようこ「ビーの話」、谷村志穂「いつものお茶、いつもと違う猫」、三木卓「おおやさんはねこ」、佐野洋子「100万回生きた猫」、吉本隆明「なぜ、猫とつきあうのか」、柳瀬尚紀「猫百話」、村松友視・小池真理子・南伸坊「猫族の夜咄」、荒木経惟「愛しのチロ」、武田花「猫 TOKYO WILD CAT」、岩合光昭「ニッポンの猫」という陣容である。

総特集作家と猫 (KAWADE夢ムック)

河出書房新社





ニャるほど。
まず、このムックに掲載するという目的で稲葉氏に河出書房が依頼したのだろうが、発行年度の2000年には彼女ももう、吹っ切れていたということだろう。
内田百閒「ノラや」の紹介文は、「私は自分の猫がいなくなったとき、オマジナイのようにこの本を抱いて、一緒に泣いたのだった。」と結ばれている。
稲葉真弓氏の「ミーのいない朝」の単行本は、私が猫本を読み始めた頃に図書館で見つけて手に取ったうちの一冊。
題名で既にネタばれであるが、稲葉さんは三毛猫のミーの後はとても別の猫を飼う気になれなかったという。
数年前に文庫が出ていたのを見つけて、今度は購入した。
あとがきにボニーという雄猫を飼うようになったとあり、良かった…と思った。
このムックにも白キジのハンサムな猫と、稲葉氏のカラー写真も掲載されている。
稲葉氏は詩人でもあり、美しい文章を書かれる。
ミーのために購入したというマンションの自室には自筆のミーの絵も飾ってある。野坂昭如「吾輩は猫が好き」の紹介文では「野坂さんって絵がうまいのね、それが何枚もの猫のデッサンを配した本書を手にしたときの第一印象だった。」とあるが、なんの、「稲葉さんって絵がうまいのね」!
若い頃の写真は閨秀作家という表現がピタリとはまる美貌で、どうしてこういくつも才能がおありになるのだろう。
谷崎作品については、稲葉氏は庄造の話として読んでおられるが、私は前妻の品子の話として読んでいる。
e0265768_1934753.jpg
e0265768_1934141.jpg
e0265768_19342457.jpg
e0265768_19343090.jpg
e0265768_19343692.jpg

[PR]
by suezielily | 2012-12-25 19:36 | 猫書籍