猫を題材にした小説随筆や猫好き作家をご紹介


by suzielily

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

カテゴリ

全体
猫書籍
文学
Cat Salon,猫カフェ
猫写真、猫関連
猫TV,movie
音楽、music
本のまくらquiz
TVドラマ、movie
初めまして introducing
野球、baseball

最新のコメント

LuckySevenS..
by suezielily at 17:59
マンチカンが可愛すぎる可..
by LuckySevenStars at 17:20
LuckySevenS..
by suezielily at 17:33
suezielilyさん..
by LuckySevenStars at 13:37
nobikunJ さま..
by suezielily at 16:15
あけましておめでとうござ..
by nobikunJ at 12:56
nanako-..
by suezielily at 16:03
LuckySevenSt..
by suezielily at 14:41
あけましておめでとうござ..
by nanako-729 at 14:31
Last Christm..
by LuckySevenStars at 15:16

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
すみやのひとり言・・・
路地猫のひとり言
ヒトは猫のペットである
春待ち日記
たびねこ
ちりめん戯縫
大杉漣の風トラ便り
4にゃん日記+
猫イズム
のらマニア ~長崎ぶらぶら猫~
浅草・銀次親分日記
シェークスピアの猫
ぎんネコ☆はうす
ルドゥーテのバラの庭のブログ
猫と文学とねこブンガク

外部リンク

最新の記事

ブランケットキャッツ
at 2017-06-23 16:54
世界一美しい猫たち ラパーマ
at 2017-06-23 16:42
岩合光昭「プロフェッショナル..
at 2017-06-16 17:02
ドストエフスキー 「罪と罰」
at 2017-06-15 17:27
G・ガルシア=マルケス「予告..
at 2017-06-09 16:28

最新のトラックバック

ヘミングウェイ「雨の中の猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
高見浩訳「雨のなかの猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
一茶の猫俳句
from ネコと文学と猫ブンガク
「波の塔」の猫
from ネコと文学と猫ブンガク
内田百閒の広告
from ネコと文学と猫ブンガク
キャットサロンの猫
from A Cat, a Camer..
キャットサロン(A Sa..
from 猫と文学と猫ブンガク
日経新聞・フィギュアの世..
from ナチュラル&スローライフ

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます。

ライフログ


芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)


猫に時間の流れる (中公文庫)

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
本・読書

画像一覧

木村衣有子「猫の本棚」

猫を題材にした書籍を紹介したエッセイ。以下、私が既読の作品。
岩合光昭「ネコを撮る」、内田百閒「ノラや」、大島弓子「綿の国星」、大佛次郎「白猫」、鴨居羊子「のら猫トラトラ」、幸田文「ふたつボン」他、庄司薫「ぼくが猫語を話せるわけ」、谷崎潤一郎「猫と庄造と二人のおんな」、夏目漱石「我輩は猫である」、野澤延行「のらネコ、町をゆく」、町田康「猫にかまけて」、平出隆「猫の客」、保坂和志「猫に時間の流れる」吉行理恵「小さな貴婦人」
e0265768_19132753.jpg




未読の作品は吉本隆明「なぜ、猫とつきあうのか」、大木卓「猫の民俗学」、武田百合子「富士日記」、金井美恵子「遊興一匹 迷い猫あずかってます」、ドリス・レッシング「なんといったって猫」など。

なお、浅生ハルミン「私は猫ストーカー」も紹介されているが、浅生氏はExiteBlogでブログも運営しておられるので、ご参考までに。
ノーベル文学賞作家であるDレッシング。米国人の友人から猫を題材にした小説の朗読CDを貰って、その中に彼女の作品も入っていた。三島由紀夫と安部公房は候補になりながら受賞できなかったのに、どこが彼女に劣ったのだろう、と時代世代が違うのに勝手に憤る、未読のくせして(→脱線しすぎ)。

木村氏は小説の場合、特に未読の読者に配慮した書き方をしておられる。「猫の客」と「猫と庄造と二人のおんな」がそうだ。
大佛次郎「白猫」の紹介文は、これから読もうとする人はこの本を読まないほうがいいかと思う。ちょっと荒筋を長く書き過ぎているのだ。
猫が題材になっているからといってどんな作品も自分が面白く読めるかというと、そうとは限らない。
木村氏の紹介するリストを見たところ、「これは鉄板」の本を押さえておられるので、これから猫本を読もうかという方にはちょうどいいかと思う。
e0265768_19134160.jpg
e0265768_19134692.jpg
e0265768_19135285.jpg
e0265768_19135963.jpg
e0265768_1914461.jpg
e0265768_1914973.jpg

猫の本棚

木村 衣有子 / 平凡社


[PR]
by suezielily | 2013-04-18 19:14 | 猫書籍