猫を題材にした小説随筆や猫好き作家をご紹介


by suzielily

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

カテゴリ

全体
猫書籍
文学
Cat Salon,猫カフェ
猫写真、猫関連
猫TV,movie
音楽、music
本のまくらquiz
TVドラマ、movie
初めまして introducing
野球、baseball

最新のコメント

nobikunJ さま..
by suezielily at 16:15
あけましておめでとうござ..
by nobikunJ at 12:56
nanako-..
by suezielily at 16:03
LuckySevenSt..
by suezielily at 14:41
あけましておめでとうござ..
by nanako-729 at 14:31
Last Christm..
by LuckySevenStars at 15:16
mocorit0125 ..
by suezielily at 16:50
ノルウェージャン専門の猫..
by mocorit0125 at 15:21
LuckySevenSt..
by suezielily at 15:14
危険な関係も良いですよね?
by LuckySevenStars at 15:01

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
すみやのひとり言・・・
路地猫のひとり言
ヒトは猫のペットである
春待ち日記
たびねこ
ちりめん戯縫
大杉漣の風トラ便り
4にゃん日記+
猫イズム
のらマニア ~長崎ぶらぶら猫~
浅草・銀次親分日記
シェークスピアの猫
ぎんネコ☆はうす
ルドゥーテのバラの庭のブログ
猫と文学とねこブンガク

外部リンク

最新の記事

猫cafe にゃんそ~れ
at 2017-04-19 09:18
猫カフェキューリグThe L..
at 2017-04-19 09:07
名画のネコは何でも知っている
at 2017-04-18 00:17
ねこ書籍記事過去ログ
at 2017-04-16 00:00
大佛次郎 と 猫
at 2017-04-14 17:34

最新のトラックバック

ヘミングウェイ「雨の中の猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
高見浩訳「雨のなかの猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
一茶の猫俳句
from ネコと文学と猫ブンガク
「波の塔」の猫
from ネコと文学と猫ブンガク
内田百閒の広告
from ネコと文学と猫ブンガク
キャットサロンの猫
from A Cat, a Camer..
キャットサロン(A Sa..
from 猫と文学と猫ブンガク
日経新聞・フィギュアの世..
from ナチュラル&スローライフ

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます。

ライフログ


芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)


猫に時間の流れる (中公文庫)

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
本・読書

画像一覧

小池真理子「どうにかなる」

 小池真理子の短編集のうち、「どうにかなる」と「贅肉」に猫の描写がある。
「どうにかなる」の主人公は松子という老婆。住み込みの家政婦をしていた頃、怪我をして解雇された。アパートに一人暮らしだったが、大家が変わって出て行かなくてはならなくなった。今は二年間という期限つきで福祉施設宿泊所に住む。時々、バスや電車に乗ってあるいは徒歩で遠出することもある。

e0265768_18395051.jpg




二年の期限が近づいてきたので、施設職員の中で一番親切な花村が心配してくれている。
 ある日、山手線に乗っていると、うたた寝をしてしまい、どことも知れない駅で降りた。
小さな公園でスエという老女が猫を探している声を耳にする。気難しいというスエとも意気投合し、彼女の家に招かれる。タマという猫も帰って来た。

「『あたしも昔、猫を飼っていたことがあるの』松子は言った。(略)『タマは赤トラだけど……あんたが飼ってた猫は?』 『三毛だった』と松子は言った。『メスの三毛。きれいな猫だった』 『三毛猫は全部、メスだわよ』老女はふてくされたように言った。『オスのミケは長生きできないから』(略)『あら、タマ』とスエの明るい声が響いた。『遅いお帰りだこと』(略)スエがしゃがみこみながら、虎毛の大きな猫の背を撫でている。(略)時折、猫の長く柔らかな尾が、スエの身体に巻きつくようにして伸びてくる。『おやすみ、タマ』とスエは言った。『また、明日ね』 にゃおん、と猫が澄んだ声で鳴き、暖かい夜風がすうっと部屋の中に入って来た。」
 ここまでは、寂しい老女二人の心温まるお話かと思われるだろう。ところが。
小池氏は簡潔で美しい文章でリアルな人間の生活を描写する。この短編集は御主人の藤田氏の解説。夫婦同時に直木賞候補になったこともあるという。是非、読んで頂きたい。

e0265768_18395681.jpg
e0265768_1840442.jpg
e0265768_1840129.jpg
e0265768_18402240.jpg

e0265768_18405916.jpg


贅肉 (小池真理子短篇セレクション―サイコ・サスペンス篇2)

小池 真理子 / 河出書房新社


[PR]
by suezielily | 2013-08-20 18:36 | 猫書籍