猫を題材にした小説随筆や猫好き作家をご紹介


by suzielily

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

カテゴリ

全体
猫書籍
文学
Cat Salon,猫カフェ
猫写真、猫関連
猫TV,movie
音楽、music
本のまくらquiz
TVドラマ、movie
初めまして introducing
野球、baseball

最新のコメント

LuckySevenS..
by suezielily at 17:33
suezielilyさん..
by LuckySevenStars at 13:37
nobikunJ さま..
by suezielily at 16:15
あけましておめでとうござ..
by nobikunJ at 12:56
nanako-..
by suezielily at 16:03
LuckySevenSt..
by suezielily at 14:41
あけましておめでとうござ..
by nanako-729 at 14:31
Last Christm..
by LuckySevenStars at 15:16
mocorit0125 ..
by suezielily at 16:50
ノルウェージャン専門の猫..
by mocorit0125 at 15:21

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
すみやのひとり言・・・
路地猫のひとり言
ヒトは猫のペットである
春待ち日記
たびねこ
ちりめん戯縫
大杉漣の風トラ便り
4にゃん日記+
猫イズム
のらマニア ~長崎ぶらぶら猫~
浅草・銀次親分日記
シェークスピアの猫
ぎんネコ☆はうす
ルドゥーテのバラの庭のブログ
猫と文学とねこブンガク

外部リンク

最新の記事

猫なんて! 作家と猫をめぐる..
at 2017-05-19 17:07
猫カフェ 空陸家
at 2017-05-19 15:56
猫カフェ記事バックナンバー
at 2017-05-18 16:46
ヨーロッパ黒猫紀行
at 2017-05-16 15:33
ねこ書籍記事過去ログ
at 2017-05-16 00:00

最新のトラックバック

ヘミングウェイ「雨の中の猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
高見浩訳「雨のなかの猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
一茶の猫俳句
from ネコと文学と猫ブンガク
「波の塔」の猫
from ネコと文学と猫ブンガク
内田百閒の広告
from ネコと文学と猫ブンガク
キャットサロンの猫
from A Cat, a Camer..
キャットサロン(A Sa..
from 猫と文学と猫ブンガク
日経新聞・フィギュアの世..
from ナチュラル&スローライフ

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます。

ライフログ


芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)


猫に時間の流れる (中公文庫)

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
本・読書

画像一覧

松本清張「新開地の事件」


松本清張原作の「新開地の事件」をTVドラマ化した「知られざる動機」の再放送を見た。
藤真利子、吉行和子(お二人はご家族が作家である)、小松方正、高岡健二。
藤真利子の父親役の方のお名前が分らない。刑事役などで良くみた俳優なのだが。
最近、真利子さんが父の藤原莞爾氏との確執があったという再現VTRを見た。
このドラマを見たのは2回目だが、藤さんの再現フィルムを見た後では印象が違った。
父娘の結びつきが強いという内容に、藤さんは感慨深かったのではないか、と。
e0265768_23321174.jpg




吉行さんといえば、深夜に映画チャンネルで大島渚監督の「愛の亡霊」を見て、怖い内容だったので、それとも重なって見えた。このドラマも放埓な母に父と娘が苦しみ、事件が起こるという内容。
兄と妹(吉行理恵さんは猫好きで知られる)が作家で、友人の富士真奈美さんとともに俳句を嗜む知的な方なのに、無教養な薄幸の女性を演じる事が多い。亡くなられた岸田今日子さんと共演したドラマでも、岸田さんが良家の奥様で吉行さんがお手伝いさんを演じていた。
映画「ステラ・ダラス」や有名な大岡裁きに似た子供を取り合う産みの母と育ての母、それにサスペンス要素が加わり、という内容だった。
岸田さんと吉行さんも親友同士で、愉しんで演じておられたのだろう。
 「知られざる動機」には原作に登場しない(出ていれば私が覚えているはず)猫が出てくる。ヒロインが猫を可愛がっていて、夫の高岡健二がそれを疎ましく思う、しかも猫の名前は「リリー」だ。
清張は特に猫が好きではないのだが、このドラマは「霧プロダクション」つまり清張自身が製作している。
谷崎潤一郎に対するオマージュであろうか。あるいは、猫が好きな大佛次郎(谷崎の「猫と庄造と二人のおんな」の、孤独な女性が猫と心を通わす場面に似た「白猫」という作品がある)を敬慕した清張でもある。
原作を図書館で借りたのは随分前のことで、記憶もあいまいだ。また読んでみたい。
 前述の富士真奈美さんの俳句について。週刊誌上の俳句愛好家の連載に参加しておられる。
名前を隠して、各人の作品に他の参加者が投票するのだが、富士さんはいつもトップの投票数を誇る。

e0265768_23335969.jpg

e0265768_23321883.jpg
e0265768_23322460.jpg
e0265768_2332322.jpg
e0265768_23323741.jpg
e0265768_23324377.jpg
e0265768_23331285.jpg
e0265768_23331914.jpg
e0265768_23332821.jpg
e0265768_23333519.jpg
e0265768_23334795.jpg

e0265768_1943647.jpg

ねこの森には帰れない (紙ジャケット仕様)

谷山浩子 / ヤマハミュージックコミュニケーションズ


niyago

遠藤賢司 / ポニーキャニオン

誰か―Somebody (文春文庫)

宮部 みゆき / 文藝春秋


[PR]
by suezielily | 2013-09-04 23:30 | TVドラマ、movie