猫を題材にした小説随筆や猫好き作家をご紹介


by suzielily

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

カテゴリ

全体
猫書籍
文学
Cat Salon,猫カフェ
猫写真、猫関連
猫TV,movie
音楽、music
本のまくらquiz
TVドラマ、movie
初めまして introducing
野球、baseball

最新のコメント

nobikunJ さま..
by suezielily at 16:15
あけましておめでとうござ..
by nobikunJ at 12:56
nanako-..
by suezielily at 16:03
LuckySevenSt..
by suezielily at 14:41
あけましておめでとうござ..
by nanako-729 at 14:31
Last Christm..
by LuckySevenStars at 15:16
mocorit0125 ..
by suezielily at 16:50
ノルウェージャン専門の猫..
by mocorit0125 at 15:21
LuckySevenSt..
by suezielily at 15:14
危険な関係も良いですよね?
by LuckySevenStars at 15:01

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
すみやのひとり言・・・
路地猫のひとり言
ヒトは猫のペットである
春待ち日記
たびねこ
ちりめん戯縫
大杉漣の風トラ便り
4にゃん日記+
猫イズム
のらマニア ~長崎ぶらぶら猫~
浅草・銀次親分日記
シェークスピアの猫
ぎんネコ☆はうす
ルドゥーテのバラの庭のブログ
猫と文学とねこブンガク

外部リンク

最新の記事

猫cafe にゃんそ~れ
at 2017-04-19 09:18
猫カフェキューリグThe L..
at 2017-04-19 09:07
名画のネコは何でも知っている
at 2017-04-18 00:17
ねこ書籍記事過去ログ
at 2017-04-16 00:00
大佛次郎 と 猫
at 2017-04-14 17:34

最新のトラックバック

ヘミングウェイ「雨の中の猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
高見浩訳「雨のなかの猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
一茶の猫俳句
from ネコと文学と猫ブンガク
「波の塔」の猫
from ネコと文学と猫ブンガク
内田百閒の広告
from ネコと文学と猫ブンガク
キャットサロンの猫
from A Cat, a Camer..
キャットサロン(A Sa..
from 猫と文学と猫ブンガク
日経新聞・フィギュアの世..
from ナチュラル&スローライフ

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます。

ライフログ


芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)


猫に時間の流れる (中公文庫)

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
本・読書

画像一覧

マザーグースの猫

マザーグースの中の猫、といったら他にもいくつかあるかもしれない。
取りあえず、手に取ったのは一冊。谷川俊太郎訳。原文も掲載されていた。
「ねこ ねこ こねこ どこにいた?
じょうおうみたさに  ロンドンへ   
ねこ ねこ こねこ なにをした?
ぎょくざのしたの こねずみを びっくりぎょうてん させてきた」
e0265768_1971785.jpg





“Pussy cat, pussy cat, where have you been?
I’ve been to London to look at the queen.
Pussy cat, pussy cat, what did you there?
I frightened a little mouse under her chair.”

巻末の「原詩と解説」によると、この唄の女王をエリザベス一世(在位1558-1603)とする民間伝承があり、この唄の挿絵にエリザベス女王が描かれることが多いとか。歴史的根拠はないそうだ。
それが事実であれば、日本では種子島に鉄砲が伝来した後、関が原の戦いの頃である。
秀吉が信長の草履を温めておいたように(それも本当かどうだか)、猫も女王様に謁見して鼠退治?しようとしたということだろうか。

「かわいいこねこがわたしはだいすき
けがわはとってもあったかい   わたしがこねこをいじめなければ  こねこもわたしにわるさをしない (略) こねこもわたしがとってもすきなの   なぜってわたしがいいこだからよ」

“I love little pussy, Her coat is so warm, And if I don’t hurt her, She’ll do me no harm.
So I’ll not pull her tail, Nor drive her away, But pussy and I
Very gently will play. She shall sit by my side, And I’ll give her some food;
And pussy will love me
Because I am good.”
翻訳が必要ないくらい、ベタで分かり易い内容だ。
ロンドンに女王様に会いに行った猫の詩のほうが面白い。
尚、pussyという単語は女性の…の意味もあるので、注意されたし。

e0265768_1973251.jpg
e0265768_1973897.jpg
e0265768_1975062.jpg
e0265768_198030.jpg
e0265768_198966.jpg
e0265768_1981644.jpg
e0265768_1982454.jpg

猫まみれ―招き猫亭コレクション

招き猫亭 / 求龍堂

悪の華 (新潮文庫)

ボードレール / 新潮社


[PR]
by suezielily | 2013-10-19 19:14 | 猫書籍