猫を題材にした小説随筆や猫好き作家をご紹介


by suzielily

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

カテゴリ

全体
猫書籍
文学
Cat Salon,猫カフェ
猫写真、猫関連
猫TV,movie
音楽、music
本のまくらquiz
TVドラマ、movie
初めまして introducing
野球、baseball

最新のコメント

LuckySevenS..
by suezielily at 17:59
マンチカンが可愛すぎる可..
by LuckySevenStars at 17:20
LuckySevenS..
by suezielily at 17:33
suezielilyさん..
by LuckySevenStars at 13:37
nobikunJ さま..
by suezielily at 16:15
あけましておめでとうござ..
by nobikunJ at 12:56
nanako-..
by suezielily at 16:03
LuckySevenSt..
by suezielily at 14:41
あけましておめでとうござ..
by nanako-729 at 14:31
Last Christm..
by LuckySevenStars at 15:16

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
すみやのひとり言・・・
路地猫のひとり言
ヒトは猫のペットである
春待ち日記
たびねこ
ちりめん戯縫
大杉漣の風トラ便り
4にゃん日記+
猫イズム
のらマニア ~長崎ぶらぶら猫~
浅草・銀次親分日記
シェークスピアの猫
ぎんネコ☆はうす
ルドゥーテのバラの庭のブログ
猫と文学とねこブンガク

外部リンク

最新の記事

ブランケットキャッツ
at 2017-06-23 16:54
世界一美しい猫たち ラパーマ
at 2017-06-23 16:42
岩合光昭「プロフェッショナル..
at 2017-06-16 17:02
ドストエフスキー 「罪と罰」
at 2017-06-15 17:27
G・ガルシア=マルケス「予告..
at 2017-06-09 16:28

最新のトラックバック

ヘミングウェイ「雨の中の猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
高見浩訳「雨のなかの猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
一茶の猫俳句
from ネコと文学と猫ブンガク
「波の塔」の猫
from ネコと文学と猫ブンガク
内田百閒の広告
from ネコと文学と猫ブンガク
キャットサロンの猫
from A Cat, a Camer..
キャットサロン(A Sa..
from 猫と文学と猫ブンガク
日経新聞・フィギュアの世..
from ナチュラル&スローライフ

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます。

ライフログ


芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)


猫に時間の流れる (中公文庫)

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
本・読書

画像一覧

歌川国芳の猫

悳俊彦の「もっと知りたい  歌川国芳 生涯と作品」より、「猫好き国芳」を抜粋。
副題が「器量よしから不細工まで、なべていとおし」とある。
「国芳の猫好きは通り一遍のものではなかった。(略)普段から国芳の周りには数匹から時には十数匹の猫がたむろしていた。
e0265768_1821052.jpg




家には猫の仏壇があり、死んだ猫の戒名を書いた位牌が飾られ猫の過去帳まであったという。(略)ある日、国芳は芳宗を呼び、『うちの黒が可哀そうにお陀仏になった。すまねーが和尚さんにいつものように拝んでもらって戒名をもらい、畜生塚に埋めてきてもらいてえー』と頼んだ。」
ところが弟子の芳宗は、言われたとおりにせず、貰った金で…以下、本書を手に取って下さいね。
嘉永二、三年(1849-50)頃の作品「古猫妙術説」の解説。
「古猫の妙術いたずら鼠をやっつける――この話は中国の古典『荘子』殻面白く脚色されたものだ。」
『大名人猫』という鼠とりの名人猫を借りてきた勝軒という剣術者。巨大な鼠が現れて大暴れするのを、どうにかしたい。うすぼんやりとした猫だが、不思議な術であっという間にその鼠を退治してしまう。
「その夜、弱い猫たちが勝軒の家に集まって、かの古猫からその妙術を習うことになった……」
嘉永初期の作品「其のまゝ地口猫飼好五十三疋  下」の解説。
「猫で『東海道五十三次』を描く。こんな発想は、国芳と梅屋の仕業に違いない。『地口』とは『語呂合わせ』のことで、この作品も、もちろん五十三匹の猫が五十三次の駅名の語呂合わせとなり、それに似合う動作を猫にさせている。ここでは三枚続のうちの下を紹介する。五十三次の最後の駅(京)は虎猫に捕らえられた鼠に『ぎゃう!』と言わせて終わる。」
27ページの「東都名所  三ツ股の図」は、近年、「東京タワーとスカイツリーらしき建築物が見える」と話題になった。国芳は預言者でもあったのか?
この作品に関しては、もっと詳しいサイトがあるので興味のある方は検索なさって下さいね。
  

e0265768_1821853.jpg
e0265768_18211632.jpg
e0265768_18212546.jpg
e0265768_18213259.jpg
e0265768_18214425.jpg
e0265768_1822577.jpg
e0265768_1822152.jpg
e0265768_18223320.jpg
e0265768_18224219.jpg
e0265768_18225027.jpg
e0265768_1823424.jpg

もっと知りたい歌川国芳―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

悳 俊彦 / 東京美術


[PR]
by suezielily | 2013-12-27 18:22 | 猫書籍