猫を題材にした小説随筆や猫好き作家をご紹介


by suzielily

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

カテゴリ

全体
猫書籍
文学
Cat Salon,猫カフェ
猫写真、猫関連
猫TV,movie
音楽、music
本のまくらquiz
TVドラマ、movie
初めまして introducing
野球、baseball

最新のコメント

LuckySevenSt..
by suezielily at 15:23
面白そうですね〜。 ヘ..
by LuckySevenStars at 15:11
LuckySevenS..
by suezielily at 17:59
マンチカンが可愛すぎる可..
by LuckySevenStars at 17:20
LuckySevenS..
by suezielily at 17:33
suezielilyさん..
by LuckySevenStars at 13:37
nobikunJ さま..
by suezielily at 16:15
あけましておめでとうござ..
by nobikunJ at 12:56
nanako-..
by suezielily at 16:03
LuckySevenSt..
by suezielily at 14:41

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
すみやのひとり言・・・
路地猫のひとり言
ヒトは猫のペットである
春待ち日記
たびねこ
ちりめん戯縫
大杉漣の風トラ便り
4にゃん日記+
猫イズム
のらマニア ~長崎ぶらぶら猫~
浅草・銀次親分日記
シェークスピアの猫
ぎんネコ☆はうす
ルドゥーテのバラの庭のブログ
猫と文学とねこブンガク

外部リンク

最新の記事

尼僧ヨアンナ
at 2017-08-18 15:39
ウィリアム・ゴールディング『..
at 2017-08-17 15:40
日はまた昇る
at 2017-08-02 18:00
G=マルケス「ミセス・フォー..
at 2017-08-02 17:52
ガルシア=マルケス「この村に..
at 2017-07-30 17:15

最新のトラックバック

ヘミングウェイ「雨の中の猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
高見浩訳「雨のなかの猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
一茶の猫俳句
from ネコと文学と猫ブンガク
「波の塔」の猫
from ネコと文学と猫ブンガク
内田百閒の広告
from ネコと文学と猫ブンガク
キャットサロンの猫
from A Cat, a Camer..
キャットサロン(A Sa..
from 猫と文学と猫ブンガク
日経新聞・フィギュアの世..
from ナチュラル&スローライフ

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます。

ライフログ


芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)


猫に時間の流れる (中公文庫)

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
本・読書

画像一覧

吉村昭「凛とした世界」

吉村昭「私の好きな悪い癖」のなかの、「凛とした世界」より抜粋。
e0265768_17234791.jpg




 「年譜によると、吉行淳之介氏は、昭和二十九年七月に『驟雨』で第三十一回芥川賞を受賞している。私が初めて氏の作品を読んだのは、この受賞作である。
その頃、私は、大学の文芸部にぞくし、(略)芥川賞受賞作は文壇の望む作品傾向をしめす指針に似たものに思えていたので、(略)芥川賞受賞作は必ず読み、『驟雨』も読んで感想を述べ合った。
 部員たちの『驟雨』に対する批評は、文学青年特有の青臭いもので、ひ弱な、という(略)私も強い印象は受けなかったものの、社会性を持たぬ小説は無意味であるという当時の風潮に反撥していたので、『驟雨』の爽やかな読後感にむしろ救われた思いがし、(略)
 この作品に好意をいだきはしたが、小説家としての氏の存在が私の内部に入りこんでくることはなかった。志賀直哉、梶井基次郎、川端康成、大岡昇平、永井龍男氏らの諸作品が、私の眼の前にそびえていて、私はそれらの諸氏の(略)文章を筆写したりしていた。(略)
 私が吉行氏の作品に深く入り込んでいったのは、(略)『悪い夏』を読んだことがきっかけで、(略)決して意気込んで書いたものではなく気軽に書いた作品にちがいない。それだけに氏の感性が自由に表出しているのではないだろうか。(略)
『太陽が水平線に近づくと、海のひろがりが一面に色濃くなり、砕ける波頭が朱色に燦めきはじめる。そういう時刻に飛込台から跳躍すると、空間にさまざまの形を描く軀は鮮やかなシルエットになった。その効果を、小さい叔父はちゃんと計算しているのである。[小さい叔父]の軀は、開きかけたジャックナイフのように二つに折れ曲がり、次の瞬間にピンと伸び切って手から水の中へ切れ込んで行ったり、あるいは幾回も回転したりした。』」
「悪い夏」を読んだことはないが、今でも時々映画評を目にする「八月の濡れた砂」(これも未見であるが)を連想させる題名だ。
そういえばフジテレビだったと思うが、深夜枠で「悪いこと」という短編ドラマのシリーズを放送していた。
ヒッチコック劇場のような内容で、知人に薦められて見たが、無名の俳優たちが演じていただけに迫力があった。
一作品だけ覚えている内容。
アラブ系の外国人がアクセサリー売りのバイトをやっていて、それは雇用主が「容姿がいいから」という理由で雇ったのであった。客として知り合った若い女性が「アンタ、可愛いから」といって付き合うようになった…と思っていたら、結末は悲惨な内容だったように思う。うろ覚えだが、怖いな、という記憶がある。
 「恐怖劇場アンバランス」を覚えている人、ありや?
鈴木清順監督の作品がそりゃあ、怖いの何のって…

e0265768_17242266.jpg
e0265768_17241040.jpg
e0265768_1724456.jpg
e0265768_17235694.jpg

e0265768_17283921.jpg
e0265768_17282552.jpg
e0265768_172729100.jpg
e0265768_17272256.jpg
e0265768_17271652.jpg
e0265768_17271117.jpg
e0265768_1727277.jpg
e0265768_17254969.jpg

鈴木清順監督自選DVD-BOX 弐 <惚れた女優と気心知れた大正生まれたち>

日活


[PR]
by suezielily | 2014-10-23 17:28 | 文学