猫を題材にした小説随筆や猫好き作家をご紹介


by suzielily

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

カテゴリ

全体
猫書籍
文学
Cat Salon,猫カフェ
猫写真、猫関連
猫TV,movie
音楽、music
本のまくらquiz
TVドラマ、movie
初めまして introducing
野球、baseball

最新のコメント

LuckySevenSt..
by suezielily at 15:23
面白そうですね〜。 ヘ..
by LuckySevenStars at 15:11
LuckySevenS..
by suezielily at 17:59
マンチカンが可愛すぎる可..
by LuckySevenStars at 17:20
LuckySevenS..
by suezielily at 17:33
suezielilyさん..
by LuckySevenStars at 13:37
nobikunJ さま..
by suezielily at 16:15
あけましておめでとうござ..
by nobikunJ at 12:56
nanako-..
by suezielily at 16:03
LuckySevenSt..
by suezielily at 14:41

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
すみやのひとり言・・・
路地猫のひとり言
ヒトは猫のペットである
春待ち日記
たびねこ
ちりめん戯縫
大杉漣の風トラ便り
4にゃん日記+
猫イズム
のらマニア ~長崎ぶらぶら猫~
浅草・銀次親分日記
シェークスピアの猫
ぎんネコ☆はうす
ルドゥーテのバラの庭のブログ
猫と文学とねこブンガク

外部リンク

最新の記事

松本清張 「風の息」
at 2017-07-17 15:39
フォークナー「サンクチュアリ」
at 2017-07-16 15:41
ねこの事典
at 2017-07-07 17:09
ドストエフスキー「白痴」
at 2017-07-06 17:18
ねこ書籍記事過去ログ
at 2017-07-04 00:00

最新のトラックバック

ヘミングウェイ「雨の中の猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
高見浩訳「雨のなかの猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
一茶の猫俳句
from ネコと文学と猫ブンガク
「波の塔」の猫
from ネコと文学と猫ブンガク
内田百閒の広告
from ネコと文学と猫ブンガク
キャットサロンの猫
from A Cat, a Camer..
キャットサロン(A Sa..
from 猫と文学と猫ブンガク
日経新聞・フィギュアの世..
from ナチュラル&スローライフ

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます。

ライフログ


芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)


猫に時間の流れる (中公文庫)

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
本・読書

画像一覧

L・ロン・ハバード「猫嫌い」

バラエティ番組でも活躍中の荒俣宏氏が編纂した「怪奇文学大山脈Ⅲ 西洋近代名作選【諸雑誌氾濫篇】」の中にL・ロン・ハバードの「猫嫌い」という作品がある。野村芳夫訳。
e0265768_19393865.jpg






この本に掲載されているL.Ron Hubbard “He didn’t Like Cats”の挿絵はEdd Cartier による。1942年。”Unknown Worlds”というパルプ雑誌。
 パルプ、という表現が日本でも一般的になったのはQ・タランティーノ監督の映画「パルプ・フィクション」以降だと思うのだが、いや、それ以前からという方、ご教示を。
ベッドに身を起こしているしょぼくれた中年男性に大きな猫が口を開けて対峙している。
以下、本文より抜粋。
ジェイコブ・フィンドリーはワシントンDCに住む官庁職員。
「一介の文書整理係にすぎないジェイコブは底辺にあり、鬱憤を晴らす相手は滅多に見つからなかった。
 そんなわけで彼は猫が好きでなかった。
 彼より劣位の負け犬、あきらめの良い人間を捜すのは難しいだろう。(略)
それでも彼は猫が好きでなかった。(略)たいがいのことには我慢強く親切で、ヨブ並の忍耐心を備えていた。(略)
 とはいえ――たぶん、それゆえ――彼は猫が好きでなかった。」
 「彼は猫が好きでなかった。」という一文が前後の内容と関係が無く、唐突な印象を受ける。なかなかユニークな描写だ。
「N通りを渡った直後、彼は運命の罠――猫に遭遇した。」
「 その猫は高級アパートメントの植え込みから現れ、横柄にジェイコブ・フィンドリーを無視してその直前を横切ったのである。
 出てきた猫の見てくれはせいぜい二流であったが、そのぼろぼろで傷痕だらけの姿が激闘をくぐり抜けた勝利のしるしだったとすれば、猫世界に於いては多大なる尊敬を集めていた雄にちがいない。大柄で汚れた、そしてばかに鼻高々な猫であった。(略)タフで誇り高い猫であったが、(略)したたかさを持ち合わせていた。(略)
彼は猫にびっくりした。
(略)すぐにそれは猫だと気づいた。
 彼は猫に度肝を抜かれたのだ。
 そして、読者もご承知の通り、彼は猫が好きでなかった。」
フィンドリーと猫の間にある事が起り、その後、知人のベシー・グリーンに呼び止められる。
「『 ワシントンにはただでさえ男が少ないのに、(略)ジョーは、(略)去っていった。(略)』『(略)もしもうちの猫たちがいなかったら、きっとどんなに寂しかったかわからない』
『猫たち?』ジェイコブはごくりと息をのんだ。

『ええ、そう、いたいけな猫ちゃんたち。(略)猫ちゃんはお好きでしょ、ジェイコブ?』
(略)『猫?』ジェイコブは言った。『あ、そう、そう。猫ね。好きですとも。(略)』
 本書は、荒俣氏渾身の編纂なのだろうが、何だかハーレクイン・ロマンスのような本当にパルプな物もいくつかあるが、この作品は中々不気味で面白い。
しかし大抵の作品よりも荒俣氏の解説のほうが俄然面白く、彼の作品をもっと読みたくなった。
TV出演の際に、お笑い芸人にイジられる容姿はともかくとして。
容姿といえば、「週刊文春」で春日太一氏の写真を見て驚いた。長身の着物姿は、眼鏡の似合う美男子である。
高倉健や菅原文太よりも成田三樹夫(「極道の妻たち」で岩下志摩に「あの人は白がよう似合う」と言われていた)について、熱く語っておられた。
e0265768_19371450.jpg

e0265768_17285199.jpg

e0265768_17282935.jpg


猫本屋はじめました

大久保 京 / 洋泉社


スター猫名鑑

辰巳出版


ぼくが猫の行動専門家になれた理由 (フェニックスシリーズ)

ジャクソン・ギャラクシー / パンローリング株式会社


[PR]
by suezielily | 2015-02-20 19:38 | 猫書籍