猫を題材にした小説随筆や猫好き作家をご紹介


by suzielily

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

カテゴリ

全体
猫書籍
文学
Cat Salon,猫カフェ
猫写真、猫関連
猫TV,movie
音楽、music
本のまくらquiz
TVドラマ、movie
初めまして introducing
野球、baseball

最新のコメント

nobikunJさま ..
by suezielily at 16:22
Richard Brau..
by nobikunJ at 18:04
LuckySevenSt..
by suezielily at 16:51
どこかにある猫の国の奈知..
by LuckySevenStars at 12:16
LuckySevenSt..
by suezielily at 15:23
面白そうですね〜。 ヘ..
by LuckySevenStars at 15:11
LuckySevenS..
by suezielily at 17:59
マンチカンが可愛すぎる可..
by LuckySevenStars at 17:20
LuckySevenS..
by suezielily at 17:33
suezielilyさん..
by LuckySevenStars at 13:37

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
すみやのひとり言・・・
路地猫のひとり言
ヒトは猫のペットである
春待ち日記
たびねこ
ちりめん戯縫
大杉漣の風トラ便り
4にゃん日記+
猫イズム
のらマニア ~長崎ぶらぶら猫~
浅草・銀次親分日記
シェークスピアの猫
ぎんネコ☆はうす
ルドゥーテのバラの庭のブログ
猫と文学とねこブンガク

外部リンク

最新の記事

ジャン・クリストフ 
at 2017-12-08 17:51
ねこ書籍記事過去ログ
at 2017-12-07 00:00
文学記事過去ログ
at 2017-12-06 00:00
コレット 「青い麦」
at 2017-12-04 17:17
飜訳比較・「雨のなかの猫」
at 2017-12-04 16:44

最新のトラックバック

ヘミングウェイ「雨の中の猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
高見浩訳「雨のなかの猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
一茶の猫俳句
from ネコと文学と猫ブンガク
「波の塔」の猫
from ネコと文学と猫ブンガク
内田百閒の広告
from ネコと文学と猫ブンガク
キャットサロンの猫
from A Cat, a Camer..
キャットサロン(A Sa..
from 猫と文学と猫ブンガク
日経新聞・フィギュアの世..
from ナチュラル&スローライフ

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます。

ライフログ


芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)


猫に時間の流れる (中公文庫)

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
本・読書

画像一覧

猫座の女の生活と意見

浅生ハルミンの「猫座の女の生活と意見」の中の「古本相談室②」より、抜粋。
e0265768_17385422.jpg




「 タンタンさま(23歳・女性)(略)本たちが本棚からあふれて床に積まれています。それを旦那が独身時代から飼っている猫たち(2匹)が狙うんですっ!(略)頭突きして本を崩したり、爪とぎに使おうとするのです。」という相談に対し、ハルミンさんの答えは「タンタン様、猫に本を頭突きされるのですか? まあ、なんてうらやましい!!」と噛み合わない。
「 猫のあらゆる猫らしい局面に関わってゆきたいと願っている私としては、『店で飼っている猫が(略)7000円もする本に頭をこすりつけているから(略)隠そうとしたらすでに外箱が(略)ぼろぼろになっていたんですよ!』という、とある古本屋さんちの溌剌とした猫っぷりがうらやましくてしょうがありません。」
外箱に入っているという時点で貴重な本だと推察されるが、そういう事態が多々あるだろうに、猫を飼っている鷹揚さがいい。(鼠除け、という目的なのだろうが)
「 ショパンは猫が偶然ピアノの鍵盤の上を歩いたことをヒントにして『子猫のワルツ』をつくったそうだし、狩野永徳という人は猫の足跡を梅の花にみたてて屏風絵を描き、(略)猫が本に爪をたてることも偶然を利用した動物と人間のコラボレーションだと思えば、なんらかの人生のたしになってゆくのではないでしょうか。もし古本屋さんで『猫かじり跡有り』っていう注意書きがしてある本を見つけたら絶対買う!」
 相談者は多分、猫よりも本が優先順位の上で、御主人はその逆だろう。このご夫婦のその後は、いかに。
「古本相談室④」より、抜粋。
「 KAZUさま(29歳・男性)僕が寝転んで本を読もうと思い本をひろげるとどこからか走ってきて本の上に乗ってしまうのです。(略)座ってとかで詠みたくないのです。やはりネコ優先であきらめるしかないのでしょうか。」
ハルミンさんは「(略)本をひろげたところにわざわざ乗るという行動は、(略)私の家の猫、友だちのまみこさんちの猫、『村上春樹とネコの話』」という本を書かれた鈴木和成さんというかたの家の猫……(略)猫のメジャーな行動のようです。その理由はたぶん誰にもわかりっこないのですが、(略)猫にしてみれば、よくわからない四角い物体が急に2倍も大きくなって(本を見開いたから面積は倍)、俺のごはん運び係の生き物に急接近した!大丈夫なの!? と(略)人間の安全を確認しているのだと思うのです。」という独創的な答えを出す。人間がトイレや風呂に入ったり、布団をかぶった時などもハルミン説によると「俺のごはん運び係の危機」なのだそう。
解決策は「囮(おとり)の本を置く」だって…意外と、まともだ。

「世界文学全集――『猫』の巻」より、抜粋。
「 世にはあまたの猫に関する本があり、その猫に対するまなざしもまた様々。」
 拙ブログでも猫文学ベスト10の記事を書いたことがあるが、あの頃は猫を書いた作品を読み始めてそんなに間が無いのに、大胆であった。
 ハルミンさんが選んだ八冊は以下のとおり。
「内田百閒『ノラや』/レオノール・フィニ『夢先案内猫』/秋吉久美子『クミコの詩集 いない いない ばあ』/吉田知子『猫の目、女の目』/武田百合子『日日雑記』/金崎肇『ねこ ネコ 人間』/ジョルジョ・チェッリ『猫暮らし』/平出隆『猫の客』」
犬好きで知られる秋吉さんがネコ?、と思ったがハルミンさんの解説に寄ると、「目次に『ねこ』というタイトルがあり、読めば猫の肛門について綴った詩であった。」とある。

余談であるが、大河ドラマ史上最高視聴率を誇る「独眼竜正宗」の再放送を見ていたら、秋吉さんが渡辺健演じる伊達政宗の側室「ねこ(根子?)姫」を演じている。小猫を抱いた場面もある。今でいうツンデレキャラに正宗が翻弄されるといったところ。
e0265768_1738344.jpg

e0265768_17391477.jpg
e0265768_1739241.jpg

e0265768_17394462.jpg

e0265768_17395499.jpg
e0265768_1740334.jpg
e0265768_17401251.jpg
e0265768_17402262.jpg
e0265768_17403143.jpg

e0265768_1739370.jpg

夢先案内猫

レオノール・フィニ / 工作舎


猫の目、女の目 (1974年)

吉田 知子 / 大和書房

猫暮らし

ジョルジョ チェッリ / 文藝春秋

ねこネコ人間 (1973年)

金崎 肇 / 創造社


日日雑記 (中公文庫)

武田 百合子 / 中央公論社

スタンランの猫

テオフィール・アレクサンドル・スタンラン / リブロポート

The Lang American Cat 2015 Calendar

Lowell Herrero / Lang Graphic Ltd


井伊家の猫たち

井伊 文子 / 春秋社


[PR]
by suezielily | 2015-02-23 17:36 | 猫書籍