猫を題材にした小説随筆や猫好き作家をご紹介


by suzielily

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

カテゴリ

全体
猫書籍
文学
Cat Salon,猫カフェ
猫写真、猫関連
猫TV,movie
音楽、music
本のまくらquiz
TVドラマ、movie
初めまして introducing
野球、baseball

最新のコメント

nobikunJ さま..
by suezielily at 16:15
あけましておめでとうござ..
by nobikunJ at 12:56
nanako-..
by suezielily at 16:03
LuckySevenSt..
by suezielily at 14:41
あけましておめでとうござ..
by nanako-729 at 14:31
Last Christm..
by LuckySevenStars at 15:16
mocorit0125 ..
by suezielily at 16:50
ノルウェージャン専門の猫..
by mocorit0125 at 15:21
LuckySevenSt..
by suezielily at 15:14
危険な関係も良いですよね?
by LuckySevenStars at 15:01

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
すみやのひとり言・・・
路地猫のひとり言
ヒトは猫のペットである
春待ち日記
たびねこ
ちりめん戯縫
大杉漣の風トラ便り
4にゃん日記+
猫イズム
のらマニア ~長崎ぶらぶら猫~
浅草・銀次親分日記
シェークスピアの猫
ぎんネコ☆はうす
ルドゥーテのバラの庭のブログ
猫と文学とねこブンガク

外部リンク

最新の記事

猫cafe にゃんそ~れ
at 2017-04-19 09:18
猫カフェキューリグThe L..
at 2017-04-19 09:07
名画のネコは何でも知っている
at 2017-04-18 00:17
ねこ書籍記事過去ログ
at 2017-04-16 00:00
大佛次郎 と 猫
at 2017-04-14 17:34

最新のトラックバック

ヘミングウェイ「雨の中の猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
高見浩訳「雨のなかの猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
一茶の猫俳句
from ネコと文学と猫ブンガク
「波の塔」の猫
from ネコと文学と猫ブンガク
内田百閒の広告
from ネコと文学と猫ブンガク
キャットサロンの猫
from A Cat, a Camer..
キャットサロン(A Sa..
from 猫と文学と猫ブンガク
日経新聞・フィギュアの世..
from ナチュラル&スローライフ

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます。

ライフログ


芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)


猫に時間の流れる (中公文庫)

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
本・読書

画像一覧

井伊家の猫たち

 井伊文子「井伊家の猫たち」の目次より、抜粋。
e0265768_172739100.jpg




「猫好きの系譜/猫の歌/病床の猫/『猫は大好き』/猫の口もと/お勤めをする猫/手なづけえぬ猫/大猫の甘え/絵になる黒猫/猫を探す/猫の手ざわり/寒い夜を猫たちは/直吉と三味線/寄り添う猫/愛なきシャム猫/となりの猫/王陵の猫/沖縄の猫事情/寂しき猫/井戸を覗く猫/湯婆と猫/ほわっとした猫/色紙のなかの猫/染められた猫/猫の影/猫の置物/」

 著者の井伊文子氏は大正六年、旧琉球王家尚昌の生まれで、昭和十二年に彦根の井伊家に嫁いだ。
佐々木信綱に師事して短歌を学んだ、という。
豪徳寺の招き猫伝説についても、「笑う門には」の項に書かれている。
井伊直弼の祖にあたる直孝公が、豪徳寺を訪れた時の出来事である。
井伊直弼についても書かれている。
安政の大獄で暗殺された大老が、猫が好きだったのかどうか、それを知りたくてこの本書を手に取ったのだが、残念ながらそういった描写は無い。
「直吉と三味線」より、抜粋。
「 さてその猫は由緒正しい八木原家の生まれである。(略)以前は藤原を名乗っていた井伊家では、名前に代々『直』がつけられていたこともあって、たとえ猫でもわが家の一員となったからにはと、『直』の字をいただいて、『直吉』と命名することにした。」
「寄り添う猫」より、抜粋。
「 主人は、平成五年十二月二日、それはそれは静かに息をひきとった。(略)ふと気がつくと、まだそのまま静かに眠っているような夫のベッドの上に、猫のハナ子がまるでよりそうように寝ていた。(略)
抱かれるのをいやがるハナ子から心がはなれがちになっていた。(略)夫はハナ子に目をかけてやっていた。(略)夫がトイレに入ると、ハナ子はいつまでもドアの前で待っていた。」
「猫の歌」より、抜粋。
「 猫に関する伯母の作品を、(略)お目にかけたいと思う。(略)
 ちいさいかぎり
 窓の陽のほそいよろめきに 猫の仔あるきそめる。
淡雪ほどに重きも 仔猫いくつもひざにおく。
 
落葉の仔猫
ともしきを猫にわかち いつくしまれる。
この葉散り 仔猫ちり おとともいへない陽のゆれかた。
梧桐の葉と ともにまろびきて仔猫となる。
お陽さまありがたい 仔猫ゆるさるる涅槃のねむり。

仔猫に冬
そなたのやうに  しろく土をおほうて と
あかりのしたに静かな雪の夜。
この世しろくなる雪が散り くびかしげる仔猫のかしこまり。
仔猫よ この世静まり雪が降る おどろいてたのしめや。
(以上、歌集 『花の忌日』昭和十八年刊)
台風
つぶら眼の 仔猫の耳にはいりきらない あらしの雨おと。
台風情報 かたへの猫にいひきかす。

声もなく仔を探し歩いてる猫 あわれさを重ねる。
あまへるたのしみもわすれて 母でゐるこのごろの猫。

わが猫
受胎終へて わたくしの膝ににもどる猫のこのつつましさ。
受胎終へて 悔いず よろこばず 猫しんしんと眠る。
(以上、歌集『紅雲』昭和五十九年刊)」
「伯母」というのは常陸宮華子妃の祖母である津軽照子さんのこと。
 時々、本書に登場する「嫁の章恵さん」も、賢くて優しい方のようである。「結局は私が飼うことになってしまうのだろうとの予測通り、」などとあるから、猫のために姑の操縦法も心得て!?おられるようだ。
 春秋社発行の本書は、なんと著者の現住所まで書かれている。
 2001年の時点で80歳を越えておられるので、ご存命の確率も高くは無い…ファンレターを出したいが。
愛らしい猫の素描がいくつもあるが、装画は村田瑞枝氏。小林古径に師事、とある。小林古径は、茶白の猫の絵を画集で見た事がある。
e0265768_172878.jpg

e0265768_17193841.jpg

e0265768_17194918.jpg

e0265768_17281763.jpg
e0265768_17282941.jpg
e0265768_17283869.jpg
e0265768_17284723.jpg


音楽談義 Music Conversations (ele-king books)

保坂和志 / Pヴァイン


[PR]
by suezielily | 2015-03-15 17:25 | 猫書籍