猫を題材にした小説随筆や猫好き作家をご紹介


by suzielily

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

カテゴリ

全体
猫書籍
文学
Cat Salon,猫カフェ
猫写真、猫関連
猫TV,movie
音楽、music
本のまくらquiz
TVドラマ、movie
初めまして introducing
野球、baseball

最新のコメント

Richard Brau..
by nobikunJ at 18:04
LuckySevenSt..
by suezielily at 16:51
どこかにある猫の国の奈知..
by LuckySevenStars at 12:16
LuckySevenSt..
by suezielily at 15:23
面白そうですね〜。 ヘ..
by LuckySevenStars at 15:11
LuckySevenS..
by suezielily at 17:59
マンチカンが可愛すぎる可..
by LuckySevenStars at 17:20
LuckySevenS..
by suezielily at 17:33
suezielilyさん..
by LuckySevenStars at 13:37
nobikunJ さま..
by suezielily at 16:15

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
すみやのひとり言・・・
路地猫のひとり言
ヒトは猫のペットである
春待ち日記
たびねこ
ちりめん戯縫
大杉漣の風トラ便り
4にゃん日記+
猫イズム
のらマニア ~長崎ぶらぶら猫~
浅草・銀次親分日記
シェークスピアの猫
ぎんネコ☆はうす
ルドゥーテのバラの庭のブログ
猫と文学とねこブンガク

外部リンク

最新の記事

Richard Braut..
at 2017-09-15 16:22
トルストイ「クロイツェル・ソ..
at 2017-09-15 10:41
D・H・ロレンス「盲目の男」
at 2017-09-11 16:38
荒汐部屋の猫写真集まさかの3..
at 2017-09-10 17:06
ねこ書籍記事過去ログ
at 2017-09-09 00:00

最新のトラックバック

ヘミングウェイ「雨の中の猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
高見浩訳「雨のなかの猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
一茶の猫俳句
from ネコと文学と猫ブンガク
「波の塔」の猫
from ネコと文学と猫ブンガク
内田百閒の広告
from ネコと文学と猫ブンガク
キャットサロンの猫
from A Cat, a Camer..
キャットサロン(A Sa..
from 猫と文学と猫ブンガク
日経新聞・フィギュアの世..
from ナチュラル&スローライフ

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます。

ライフログ


芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)


猫に時間の流れる (中公文庫)

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
本・読書

画像一覧

中井英夫「影の狩人」

中井英夫「影の狩人」より、抜粋。
「 寒気と遠い星のほかには何もない暗い道だったが、お誂えに黒猫が一匹、先を歩いているので青年は笑った。(略)
e0265768_15362228.jpg






まだ若く、しなやかな姿態で、手馴ずけようとして口笛を吹いたり、小魚を抛ったりしてみても、軽い跳躍で姿を隠し、甘える気配はなかった。
 いまも黒猫は、先導するように歩いて行きながら、(略)不意に姿を消した。(略)
黒猫ならば闇に紛れることはいくらでも可能だと思うと、何か自分がなくしものをしたような気になった。
……その夜、青年は、なかなか温もろうとしないベッドの中で、幻の黒猫を抱いた。猫は滑らかな天鵞絨質の柔毛に蔽われ、甘えて擦り寄ってきた。(略)
手触りも猫のように柔らかくなく、しなやかであっても筋肉質の肉体に変った。ふさふさと長い尻尾が下肢にまつわり、愛撫にも似た軽打を繰り返した。これは黒猫などではなく、今夜の話に出たあの美しい悪魔かも知れないと思いながら、青年は眠りに落ちた。(略)
 

 その夜、青年のベッドに寄り添ったのは黒猫ではなく、初めから美しい悪魔だった。(略)
 
玖 

その夜、彼は腕の中に黒猫を抱いて青年の部屋に現われたが、黒猫は床に降ろされると、たちまち走り去って消え失せた。」
東雅夫がアンソロジーを組んだ「血と薔薇の誘う夜に 吸血鬼ホラー傑作選」に収録されていた。
出典は「中井英夫全集 第三巻 とらんぷ譚」(東京創元社)とある。
他に、三島由紀夫の「仲間」、江戸川乱歩の「吸血鬼」(小説ではなく、随筆)、倉橋由美子の「ヴァンピールの会」、種村季弘の「吸血鬼入門」なども収録。
 猫の描写があるのは、中井英夫の作品だけであった。
三島の「仲間」は、中年男性二人(一人は青年のようだが、吸血鬼であるならばそうとは言えまい)と少年が一人。中井英夫の「影の狩人」は青年が二人と、黒猫。どちらも妖しい匂いがする。
 
 横溝正史の作品のなかに、乱歩の作品とよく似たものがある。
何を真似していたのだ、と読んだときは思ったが、後に二人の随筆をそれぞれ読んで、双方が海外の探偵、推理小説をかなり読み込んでいて、その影響が大きいことが分かった。
だからどちらが真似したとかではなくて、影響を受けた作品が同じだから似たものになったのかもしれないな、疑って悪かったな、と思った次第。
e0265768_15365385.jpg

e0265768_1537321.jpg

e0265768_15371638.jpg

e0265768_15372823.jpg

e0265768_15373955.jpg

e0265768_15374916.jpg

e0265768_153850100.jpg


e0265768_1538030.jpg

e0265768_1539113.jpg

[PR]
by suezielily | 2015-07-08 15:34 | 猫書籍