猫を題材にした小説随筆や猫好き作家をご紹介


by suzielily

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

カテゴリ

全体
猫書籍
文学
Cat Salon,猫カフェ
猫写真、猫関連
猫TV,movie
音楽、music
本のまくらquiz
TVドラマ、movie
初めまして introducing
野球、baseball

最新のコメント

LuckySevenS..
by suezielily at 17:33
suezielilyさん..
by LuckySevenStars at 13:37
nobikunJ さま..
by suezielily at 16:15
あけましておめでとうござ..
by nobikunJ at 12:56
nanako-..
by suezielily at 16:03
LuckySevenSt..
by suezielily at 14:41
あけましておめでとうござ..
by nanako-729 at 14:31
Last Christm..
by LuckySevenStars at 15:16
mocorit0125 ..
by suezielily at 16:50
ノルウェージャン専門の猫..
by mocorit0125 at 15:21

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
すみやのひとり言・・・
路地猫のひとり言
ヒトは猫のペットである
春待ち日記
たびねこ
ちりめん戯縫
大杉漣の風トラ便り
4にゃん日記+
猫イズム
のらマニア ~長崎ぶらぶら猫~
浅草・銀次親分日記
シェークスピアの猫
ぎんネコ☆はうす
ルドゥーテのバラの庭のブログ
猫と文学とねこブンガク

外部リンク

最新の記事

猫なんて! 作家と猫をめぐる..
at 2017-05-19 17:07
猫カフェ 空陸家
at 2017-05-19 15:56
猫カフェ記事バックナンバー
at 2017-05-18 16:46
ヨーロッパ黒猫紀行
at 2017-05-16 15:33
ねこ書籍記事過去ログ
at 2017-05-16 00:00

最新のトラックバック

ヘミングウェイ「雨の中の猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
高見浩訳「雨のなかの猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
一茶の猫俳句
from ネコと文学と猫ブンガク
「波の塔」の猫
from ネコと文学と猫ブンガク
内田百閒の広告
from ネコと文学と猫ブンガク
キャットサロンの猫
from A Cat, a Camer..
キャットサロン(A Sa..
from 猫と文学と猫ブンガク
日経新聞・フィギュアの世..
from ナチュラル&スローライフ

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます。

ライフログ


芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)


猫に時間の流れる (中公文庫)

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
本・読書

画像一覧

村上春樹が熊本で朗読会

http://crea.bunshun.jp/articles/-/8445
e0265768_1836215.jpg




e0265768_18362636.jpg

e0265768_18363520.jpg

e0265768_18364398.jpg

e0265768_18371240.jpg

e0265768_18372781.jpg

e0265768_18373799.jpg

e0265768_18374927.jpg

e0265768_1838126.jpg

e0265768_18382479.jpg

 クレアの公式サイトより。
「CREA2015年9月号(8月7日発売号)「本とおでかけ。」の巻頭企画として、村上春樹さんの書き下ろし旅エッセイが掲載されています。原稿用紙にしておよそ55枚、24ページにわたるボリュームです。

 メンバーは、村上さん、写真は都築響一さん、旅の案内人はエッセイストの吉本由美さん。そう、あの「東京するめクラブ」のメンバーです。
 CREA編集部からの「世界中、どこでも好きなところへおでかけください」という申し出に、村上さんが選んだ目的地は、(なぜか)熊本でした。」
「【熊本こぼれ話 その1】
「小さな書店で秘密の朗読会を決行」

 街で猫をみかけると、すぐに立ち止まる猫好きの村上さんと、熊本市街をぶらぶら。向かった先はある書店です。
店主・田尻久子さんのセレクトが楽しい「橙書店」。

 書店好きには知られた小さな名店「橙書店」さんで、村上さんは「秘密の朗読会」を行ったのです。事前告知はまったくなし。口の堅い常連さんだけにこっそりと案内がまわってきたというスペシャルな会です。

 スタートの夜7時を前に、どこからともなく集まった30人。みなさん、「本当に村上さんは来るのだろうか、だまされたんじゃないだろうか」と不安げな表情でしたが、大丈夫です。そこでお店の看板猫「しらたまくん」を撫でているのが村上さんです。

 朗読された作品は、「ヤクルト・スワローズ詩集」と題された短篇小説でした。

 どんな作品が読まれるのか、と緊張気味に身がまえていた参加者のみなさん。しかし作品のあまりのおもしろさに、会場からはクスクスと笑い声が聞こえてきます。

 どこか不思議で、夢のような一夜は、とてもあたたかい雰囲気に包まれました。

 この「ヤクルト・スワローズ詩集」の一部は、ヤクルトスワローズファンクラブ公式サイトに掲載されています。ちなみに村上さんは、スワローズファンクラブの名誉会員第2号。第1号は誰かというと、出川哲朗さんだそうです。ハルキストならおさえておきたい、味わい深いトリビアですよね。

デビュー作が神宮球場で書かれた、というのが有名な話だけど。
 この書店の看板猫の写真もクレア誌に掲載されていた。

CREA 2015年9月号 本とおでかけ。

文藝春秋


[PR]
by suezielily | 2015-08-17 18:33 | 猫書籍