猫を題材にした小説随筆や猫好き作家をご紹介


by suzielily

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

カテゴリ

全体
猫書籍
文学
Cat Salon,猫カフェ
猫写真、猫関連
猫TV,movie
音楽、music
本のまくらquiz
TVドラマ、movie
初めまして introducing
野球、baseball

最新のコメント

LuckySevenSt..
by suezielily at 15:23
面白そうですね〜。 ヘ..
by LuckySevenStars at 15:11
LuckySevenS..
by suezielily at 17:59
マンチカンが可愛すぎる可..
by LuckySevenStars at 17:20
LuckySevenS..
by suezielily at 17:33
suezielilyさん..
by LuckySevenStars at 13:37
nobikunJ さま..
by suezielily at 16:15
あけましておめでとうござ..
by nobikunJ at 12:56
nanako-..
by suezielily at 16:03
LuckySevenSt..
by suezielily at 14:41

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
すみやのひとり言・・・
路地猫のひとり言
ヒトは猫のペットである
春待ち日記
たびねこ
ちりめん戯縫
大杉漣の風トラ便り
4にゃん日記+
猫イズム
のらマニア ~長崎ぶらぶら猫~
浅草・銀次親分日記
シェークスピアの猫
ぎんネコ☆はうす
ルドゥーテのバラの庭のブログ
猫と文学とねこブンガク

外部リンク

最新の記事

尼僧ヨアンナ
at 2017-08-18 15:39
ウィリアム・ゴールディング『..
at 2017-08-17 15:40
日はまた昇る
at 2017-08-02 18:00
G=マルケス「ミセス・フォー..
at 2017-08-02 17:52
ガルシア=マルケス「この村に..
at 2017-07-30 17:15

最新のトラックバック

ヘミングウェイ「雨の中の猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
高見浩訳「雨のなかの猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
一茶の猫俳句
from ネコと文学と猫ブンガク
「波の塔」の猫
from ネコと文学と猫ブンガク
内田百閒の広告
from ネコと文学と猫ブンガク
キャットサロンの猫
from A Cat, a Camer..
キャットサロン(A Sa..
from 猫と文学と猫ブンガク
日経新聞・フィギュアの世..
from ナチュラル&スローライフ

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます。

ライフログ


芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)


猫に時間の流れる (中公文庫)

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
本・読書

画像一覧

新入り猫(Paw)

アメリカンショートヘア、白黒猫(もしやアメショ?)の子猫二匹と、アメリカンカールが新たに加入。
e0265768_13264733.jpg




バイオパークのPawにいた猫のうち、5匹?が新装開業した鷹島町のモンゴル村に移籍。
特に懐こくてお気に入りの子に会えなくなったので、寂しくなった。
今回、新しく三匹が入ったがこの子らも、モンゴル村に移動する可能性もあるのだろうか?
一番愛想のいい飼育員さんも、この頃見かけないので事情を聞くこともできなかった。
三匹とも元気が良く、愛想もいいのであまり情を移さないほうがいいかニャ…。
 アメショのショーちゃん(雄?)は、アメリカンカールのカール(三毛柄から察するに雌。名前は雄っぽい?)と何度も取っ組み合いの喧嘩をしていた。
白黒のしめじ(名簿に名前が無かったが、ショーの名前のところに、「しめじ」とあった)は、一見雑種のように見える。別の猫施設で、真黒のアメショを見たことがあるので、もしかしたら彼もアメショかもしれない。
しめじは、フェレットがゴリラのぬいぐるみの陰で昼寝をしているのが気にいらないらしく、追い出していた。フェレットが逃げると、ショーとカールが追いかける。
強気の三匹が苦手なのか、ルルとたぬきの2匹はずっと猫タワーの上にいた。
ルルもたぬきも非常に表情やポーズが豊かなのだが、今回は寝姿しか見られなかった。
ルルの猫種がペルシャと判明。
 苦手?の鈴とみかんがいなくなった途端に存在感を発揮してきた黒豆。彼女は今回、水道のシンクに登って猫ベッド代わりに?はまりこんでいた。
 子猫の二匹と遊ぼうと思ってストラップを振ったら、むしろ、カールが飛びついてきた。カールはツンツンしていたかと思えば、頭を近づけたら顔を寄せてきた!(見えていないのでその間、私の頭がどうなったかは分からないが、気がついたら、口の中に猫毛が)
 私がソファに坐っていたら、しめじがソファの背に乗って昼寝を始めた。
 今回、昼から雨が降ったこともあってかお客も少なく、今まで行ったなかで一番私の貸切状態であった。
隣の部屋ではタイハクオウムのタイちゃんの絶叫が常に轟いている。
 兎もフレーミッシュジャイアントの黒が見当たらないので、モンゴル村に移動したのかもしれない。
新入り兎のうち、茶色い1羽がとても懐こくて、近づいた途端に寄って来る。単に人参目あてなのかもしれないが。
 犬達も何匹かモンゴル村に移動したのかもしれない。犬エリアには殆ど寄らないので(滞在時間の殆どを猫エリアで過ごす)、どの子がいなくなったか分からない。この日は雨天なので庭に出られず、気の毒だった。
バイオパークの玄関先にいたオウムのうち、1羽の姿が見えない(8月のこと)ので聞いたら、亡くなったとのこと。2羽で仲良しだったので今は1羽で、寂しそうだ。
e0265768_1326578.jpg

e0265768_13271183.jpg
e0265768_13271673.jpg
e0265768_13272194.jpg
e0265768_13272775.jpg

e0265768_13275919.jpg

e0265768_1328581.jpg
e0265768_13281325.jpg
e0265768_13282362.jpg
e0265768_13283870.jpg
e0265768_13284419.jpg
e0265768_13285080.jpg
e0265768_1328591.jpg

【Amazon.co.jp限定】鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン!

鴻池剛 / KADOKAWA/エンターブレイン


[PR]
by suezielily | 2015-10-05 18:29 | Cat Salon,猫カフェ