猫を題材にした小説随筆や猫好き作家をご紹介


by suzielily

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

カテゴリ

全体
猫書籍
文学
Cat Salon,猫カフェ
猫写真、猫関連
猫TV,movie
音楽、music
本のまくらquiz
TVドラマ、movie
初めまして introducing
野球、baseball

最新のコメント

nobikunJさま ..
by suezielily at 16:22
Richard Brau..
by nobikunJ at 18:04
LuckySevenSt..
by suezielily at 16:51
どこかにある猫の国の奈知..
by LuckySevenStars at 12:16
LuckySevenSt..
by suezielily at 15:23
面白そうですね〜。 ヘ..
by LuckySevenStars at 15:11
LuckySevenS..
by suezielily at 17:59
マンチカンが可愛すぎる可..
by LuckySevenStars at 17:20
LuckySevenS..
by suezielily at 17:33
suezielilyさん..
by LuckySevenStars at 13:37

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
すみやのひとり言・・・
路地猫のひとり言
ヒトは猫のペットである
春待ち日記
たびねこ
ちりめん戯縫
大杉漣の風トラ便り
4にゃん日記+
猫イズム
のらマニア ~長崎ぶらぶら猫~
浅草・銀次親分日記
シェークスピアの猫
ぎんネコ☆はうす
ルドゥーテのバラの庭のブログ
猫と文学とねこブンガク

外部リンク

最新の記事

マンスフィールド「不機嫌な女..
at 2017-12-16 14:55
ジャン・クリストフ 
at 2017-12-08 17:51
ねこ書籍記事過去ログ
at 2017-12-07 00:00
文学記事過去ログ
at 2017-12-06 00:00
コレット 「青い麦」
at 2017-12-04 17:17

最新のトラックバック

ヘミングウェイ「雨の中の猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
高見浩訳「雨のなかの猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
一茶の猫俳句
from ネコと文学と猫ブンガク
「波の塔」の猫
from ネコと文学と猫ブンガク
内田百閒の広告
from ネコと文学と猫ブンガク
キャットサロンの猫
from A Cat, a Camer..
キャットサロン(A Sa..
from 猫と文学と猫ブンガク
日経新聞・フィギュアの世..
from ナチュラル&スローライフ

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます。

ライフログ


芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)


猫に時間の流れる (中公文庫)

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
本・読書

画像一覧

バナナフィッシュにうってつけの日

 新潮文庫の.D. Salingerの『ナイン・ストーリーズ』は、野崎孝訳。村上春樹訳は未読。 
e0265768_16201336.jpg





野崎さんの文庫版「あとがき」によると、「『フラニーとゾーイー』の翻訳を出版したとき、翻訳契約にからんでサリンジャーのエージェントから五項目にわたるいろいろな要請があった。(略)要するに、原作者の筆になるもの以外はどんな文章でも一切書き加えてはならぬというのである。」ということである。
以下、原文より抜粋。
 A Perfect Day for Bananafish  
「“Did you see more glass?”
“Pussycat, stop saying that. It’s driving Mommy absolutely crazy.” 」
「“If you want to look at my feet, say so,” said the young man. “But don’t be a God-damned sneak about it.”」
前者は、シビルという少女が母親に話しかける有名なフレーズ。彼女は宿泊しているホテルに隣接する海で、物語の主人公「シーモア・グラース」と会うのだが、see more glassにかけてある。
後者は、エレベーターの中でシーモアが居合わせた女性にいちゃもんをつける場面である。
 以下、野崎訳より抜粋。
「 ホテルにはニューヨークの広告マンが九十七人も泊り込んでいて、長距離電話は彼らが独占したような格好、五〇七号室のご婦人は、昼ごろに申し込んだ電話が繋がるのに二時半までも待たされた。でも彼女はその間を無為に過したわけじゃない。ボケット判の婦人雑誌の『セックスは楽し-もしくは苦し』と題する記事を読んだ。櫛とブラシを洗った。ベージュのスーツのスカートの汚点をとった。それからサックス(訳注 ニューヨーク五番街にある婦人服装品で有名な高級デパート)で買ったブラウスのボタンの位置もつけ変えたし、黒子のところにまたまた生えてきた二本の毛を毛抜きを使って抜きもした。そして、窓辺に作りつけたソファに坐り、左手の爪のマニキュアももう少しで終るというところへようやく交換手からの呼び出し電話がかかってきたのである。」
 『木を見て例のおかしな真似をやろうとしなかったかしら?』(略)
(略) 『あたし彼に頼んだのよ、センター・ラインよりに走るようにしてって。』(略) 『分かった、分かった。<一九四八年度のミス精神的ルンペン>ですって。』(略)
『木のことも、例の窓の一件も、それからおばあちゃまに向ってあの人がひどいことを言った話も。(略)』(略)
 『そもそも陸軍があの人を退院させたのが完全な犯罪行為というものだって、(略)――嘘じゃないのよ。シーモアは完全に自制力を失っている可能性があるって(略)』」
 久しぶりに読んだが、特にこの作品と「コネティカットのひょこひょこおじさん」はうっすらと覚えていた。
「コネティカットのひょこひょこおじさん」の最後の台詞は、何か切ない。
まあ読んでみてください。
 吉田秋生先生の「バナナフィッシュ」は英訳が出ていた。
「海町DIARY」のカンヌ出展の影響なのか、それ以前のことなのかは分からない。
e0265768_16202584.jpg

e0265768_1620445.jpg

e0265768_16205754.jpg

e0265768_1621740.jpg

A Study Guide for J. D. Salinger's A Perfect Day for Bananafish (Short Stories for Students)

The Gale Group / Gale


[PR]
by suezielily | 2016-03-07 16:21 | 文学