猫を題材にした小説随筆や猫好き作家をご紹介


by suzielily

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

カテゴリ

全体
猫書籍
文学
Cat Salon,猫カフェ
猫写真、猫関連
猫TV,movie
音楽、music
本のまくらquiz
TVドラマ、movie
初めまして introducing
野球、baseball

最新のコメント

Richard Brau..
by nobikunJ at 18:04
LuckySevenSt..
by suezielily at 16:51
どこかにある猫の国の奈知..
by LuckySevenStars at 12:16
LuckySevenSt..
by suezielily at 15:23
面白そうですね〜。 ヘ..
by LuckySevenStars at 15:11
LuckySevenS..
by suezielily at 17:59
マンチカンが可愛すぎる可..
by LuckySevenStars at 17:20
LuckySevenS..
by suezielily at 17:33
suezielilyさん..
by LuckySevenStars at 13:37
nobikunJ さま..
by suezielily at 16:15

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
すみやのひとり言・・・
路地猫のひとり言
ヒトは猫のペットである
春待ち日記
たびねこ
ちりめん戯縫
大杉漣の風トラ便り
4にゃん日記+
猫イズム
のらマニア ~長崎ぶらぶら猫~
浅草・銀次親分日記
シェークスピアの猫
ぎんネコ☆はうす
ルドゥーテのバラの庭のブログ
猫と文学とねこブンガク

外部リンク

最新の記事

Richard Braut..
at 2017-09-15 16:22
トルストイ「クロイツェル・ソ..
at 2017-09-15 10:41
D・H・ロレンス「盲目の男」
at 2017-09-11 16:38
荒汐部屋の猫写真集まさかの3..
at 2017-09-10 17:06
ねこ書籍記事過去ログ
at 2017-09-09 00:00

最新のトラックバック

ヘミングウェイ「雨の中の猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
高見浩訳「雨のなかの猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
一茶の猫俳句
from ネコと文学と猫ブンガク
「波の塔」の猫
from ネコと文学と猫ブンガク
内田百閒の広告
from ネコと文学と猫ブンガク
キャットサロンの猫
from A Cat, a Camer..
キャットサロン(A Sa..
from 猫と文学と猫ブンガク
日経新聞・フィギュアの世..
from ナチュラル&スローライフ

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます。

ライフログ


芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)


猫に時間の流れる (中公文庫)

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
本・読書

画像一覧

R・カーヴァー 「クリスマスの夜」

 レイモンド・カーヴァー の「夜になると鮭は・・・」の中に「クリスマスの夜」という短編がある。
村上春樹訳。中公文庫。
英文のサイトより、村上春樹訳についての言及と原文の一部も記載されている。
Putting yourself in the shoes of Raymond Carver
http://jsse.revues.org/488
e0265768_16274919.jpg





Charles E. May氏のサイトより抜粋。
「Haruki Murakami, who has translated all of Carver’s works into Japanese, offers the most striking example of another writer identifying with his writing process:
  “As I translate what Ray has written, I can sense line by line the rhythm of his breathing, the warmth of his body, and the subtle wavering of his emotions. I can sense the feelings he experienced when writing certain lines. It is truly an extraordinary experience. Of course, you can probably get this kind of pleasure even from just reading his books. That is, after all, the sign of great fiction. But there are times when I am translating, painstakingly transforming one word after another into Japanese, that I sometimes feel just as though I have become one – body and soul – with the author. Through his words I can sense clearly the sadness or joy he experienced at the moment of writing them. Instead of translation, I prefer to call this ‘experiencing Raymond Carver.’ And there is nothing that can substitute for this experience. ” (131).」
「クリスマスの夜」の原文。
「They got out of the car…. They had gone a few steps when a large bushy dog hurtled around the corner of the garage and headed straight for Myers.
“Oh, God,” he said, hunching, stepping back, bringing his hands up. He slipped on the walk, his coat flapped, and he fell onto the frozen grass with the dread certainty that the dog would go for his throat. The dog growled once and then began to sniff Meyers’ coat.」
「“We’re the Myerses,” Paula said. “We came to wish you a Merry Christmas.”
“The Myerses?” the man in the doorway said. “Get out! Get in the garage, Buzzy.”」
猫のくだりは、これ。
「Now, Mr. and Mrs … Z move into the house and bring a cat with them that Mr. and Mrs. Y hear about in a letter from Mr. X. Mr. and Mrs Z bring a cat into the house even though the terms of the lease have expressly forbidden cats or other animals in the house because of Mrs. Y’s asthma. 」
「“You tell it, dear. And Mr. Myers, you listen closely,” Mrs. Morgan said.
“We have to go,” Myers said. “Paula, let’s go.”
“Talk about honesty,” Mrs. Morgan said.
“Let’s talk about it,” Myers said. Then he said, “Paula, are you coming?”
“I want you to hear this story,” Morgan said, raising his voice. “You will insult Mrs. Morgan, you will insult us both, if you don’t listen to this story.” Morgan clenched his pipe.」
以下、春樹さん翻訳より抜粋。
「『X氏からの手紙で知ったところによると、その家に猫を持ちこんだ。契約書に(略)猫もその他のどんな動物も家の中に入れてはならんとはっきりうたってあるにもかかわらず、(略)そこに猫を持ちこんだのだ。』
(略)
『私の〈ジャズ・アット・ザ・フィルハーモニック〉の二枚組LPがなくなっている。(略)私はそれを1995年に買ったんだ、さあ、あれをいったいどうしたのか言ってもらおう』」
 主人公の作家のマイヤーズと妻のポーラというのは、カーヴァーとテス・ギャラガーのことであろうか?
ポーラとバーで待ちあわせて軽く一杯やったあと、ポーラが提案する。
「『モーガンさんの家にちょっと寄ってみるっていうのはどうかしら?(略)はじめまして、我々はマイヤーズ夫妻ですってあいさつするのよ。(略)私たちにカードくれて、(略)立ち寄ってくれって言ってきたのよ。(略)』(略)
『俺たちが猫を飼ってたことで奴らが嫌味な手紙を書いてきたことはどうなるんだい?』と彼は言った。」
マイヤーズは訪問する前から気がすすまなかった。
モーガン夫妻はドイツに滞在する間、知人を介して留守宅を他人に貸していた。夫妻が帰国するまで、双方の夫婦は面識がなかったらしい。
 原題は’Put yourself in your shoes’となっている。
モーガン氏は混乱のあまり、Y氏とX氏を言い間違えたりしている。春樹さんも訳していて困惑したかも。
 ヘミングウエィ、スタインベック、サリンジャー、カーヴァーと続けて何年かぶりで読んだ。
原書を読む努力を怠っているので飜訳されたものでの判断だが、翻訳家諸氏の多大なる努力のおかげで、おそらく原文の素晴らしさは損なわれることなく、四人のアメリカ人作家の個性ははっきりと出ていると思う。
ヘミングウエィは思っていたよりも私小説だったし、ただし日本の私小説作家の作品よりもはるかにスケールが大きい。
スタインベックは構成が見事で多くの登場人物が脇役に至るまで、書き分けられている。
サリンジャーは白人の裕福で高学歴の若者たちとその親の世代、カーヴァーはその反対でブルーカラーの人々。時代背景だから仕方ないのかもしれないが、スタインベックは有色人種については差別的な描写もある。スタインベック(1902年- 1968年)がヘミングウエィ(1899年- 1961年)よりも若い世代だったとは、意外であった。
e0265768_1628177.jpg

e0265768_16281223.jpg

e0265768_16282439.jpg

e0265768_16283635.jpg

デヴィッド・ボウイ~ジギー・スターダストの伝説~ [DVD]

ポニーキャニオン


おもてにゃし 酒場の癒やしにゃんこたち (saita mook)

セブン&アイ出版


[PR]
by suezielily | 2016-03-07 16:29 | 猫書籍