猫を題材にした小説随筆や猫好き作家をご紹介


by suzielily

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

カテゴリ

全体
猫書籍
文学
Cat Salon,猫カフェ
猫写真、猫関連
猫TV,movie
音楽、music
本のまくらquiz
TVドラマ、movie
初めまして introducing
野球、baseball

最新のコメント

LuckySevenSt..
by suezielily at 15:23
面白そうですね〜。 ヘ..
by LuckySevenStars at 15:11
LuckySevenS..
by suezielily at 17:59
マンチカンが可愛すぎる可..
by LuckySevenStars at 17:20
LuckySevenS..
by suezielily at 17:33
suezielilyさん..
by LuckySevenStars at 13:37
nobikunJ さま..
by suezielily at 16:15
あけましておめでとうござ..
by nobikunJ at 12:56
nanako-..
by suezielily at 16:03
LuckySevenSt..
by suezielily at 14:41

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
すみやのひとり言・・・
路地猫のひとり言
ヒトは猫のペットである
春待ち日記
たびねこ
ちりめん戯縫
大杉漣の風トラ便り
4にゃん日記+
猫イズム
のらマニア ~長崎ぶらぶら猫~
浅草・銀次親分日記
シェークスピアの猫
ぎんネコ☆はうす
ルドゥーテのバラの庭のブログ
猫と文学とねこブンガク

外部リンク

最新の記事

尼僧ヨアンナ
at 2017-08-18 15:39
ウィリアム・ゴールディング『..
at 2017-08-17 15:40
日はまた昇る
at 2017-08-02 18:00
G=マルケス「ミセス・フォー..
at 2017-08-02 17:52
ガルシア=マルケス「この村に..
at 2017-07-30 17:15

最新のトラックバック

ヘミングウェイ「雨の中の猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
高見浩訳「雨のなかの猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
一茶の猫俳句
from ネコと文学と猫ブンガク
「波の塔」の猫
from ネコと文学と猫ブンガク
内田百閒の広告
from ネコと文学と猫ブンガク
キャットサロンの猫
from A Cat, a Camer..
キャットサロン(A Sa..
from 猫と文学と猫ブンガク
日経新聞・フィギュアの世..
from ナチュラル&スローライフ

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます。

ライフログ


芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)


猫に時間の流れる (中公文庫)

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
本・読書

画像一覧

日本文学史 近代・現代篇六

中公文庫の「日本文学史 - 近代・現代篇六」はドナルド・キーン著作、飜訳は徳岡孝夫と角地幸男。
原文はおそらく英文と思われる。
「戦後文学」「女流の復権」「三島由紀夫」の三章である。
e0265768_17453219.jpg





以下、本文より抜粋。
「戦後文学」の項より。
「 野間は恐らく、いわゆる戦後作家と言われる人々の中でもっとも重要な人物である。(略)
野間の今日に至る名声は、新しい文体の創始者としてではなくて、戦前の抑圧や戦時中の恐怖を経て、戦後初めて自由にものが言えるようになった不幸な知識人世代の代弁者としてのものだった。野間の作品を楽しむのが目的で手にとる読者を想像することは困難なことだが、もともと読者を楽しませるなどということは、間違っても野間の意図するところではなかった。」
「三島由紀夫」の項より。
「学習院の『輔仁会雑誌』に発表された『抒情詩抄』は立原道造の影の濃いものだが、三島の抒情詩には一つとして立原の感情の凝縮力に近づき得たものがない。それはおそらく、三島が非情に自意識の強い人間でありながらも、抒情詩人になくてはならぬ他者への共感、少なくとも一人の人間との通いあう心を持っていなかったからであろう。」
「 死の直前に書かれた『豊饒の海』四部作はおそらく唯一の例外だろうが、三島文学の中でもその洞察の深さとみごとな筆致・構成を二つながらに成就した点で『金閣寺』の右に出る作品はない。」
「 戦後日本に登場した作家の中で、三島は、その天賦の才においても、とげ得た業績においても、最高の人物であった。彼が残した膨大な量の作品を通読してもなお、今世紀の揺るぎない文豪としての三島の地位に疑問を抱く人はいるかもしれないが、いかなる日本人よりも文豪の域に近いことは論議の余地がないだろう。」
 三島や川端の作品はともかく、野間宏や佐多稲子、あるいはもっとマイナーな?作家の作品が英訳されているとは思えない。あったとしてもキーン氏のそう年長でもない先輩、サイデンステッカー氏の飜訳によるもの、そしてそれほど多いとは思われない。つまり、キーン氏は日本語の原文でそれらの作品を読破したのであろう。頭が下がる。
他の作家については殆ど分からないが、三島の作品については書かれているものはほぼ読了しているので、キーン氏の理解度に驚嘆するばかり。
e0265768_17455114.jpg

e0265768_1746380.jpg

e0265768_17462689.jpg

e0265768_17463842.jpg

二つの母国に生きて (朝日文庫)

ドナルド・キーン / 朝日新聞出版


[PR]
by suezielily | 2016-03-28 17:44 | 文学