猫を題材にした小説随筆や猫好き作家をご紹介


by suzielily

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

カテゴリ

全体
猫書籍
文学
Cat Salon,猫カフェ
猫写真、猫関連
猫TV,movie
音楽、music
本のまくらquiz
TVドラマ、movie
初めまして introducing
野球、baseball

最新のコメント

nobikunJ さま..
by suezielily at 16:15
あけましておめでとうござ..
by nobikunJ at 12:56
nanako-..
by suezielily at 16:03
LuckySevenSt..
by suezielily at 14:41
あけましておめでとうござ..
by nanako-729 at 14:31
Last Christm..
by LuckySevenStars at 15:16
mocorit0125 ..
by suezielily at 16:50
ノルウェージャン専門の猫..
by mocorit0125 at 15:21
LuckySevenSt..
by suezielily at 15:14
危険な関係も良いですよね?
by LuckySevenStars at 15:01

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
すみやのひとり言・・・
路地猫のひとり言
ヒトは猫のペットである
春待ち日記
たびねこ
ちりめん戯縫
大杉漣の風トラ便り
4にゃん日記+
猫イズム
のらマニア ~長崎ぶらぶら猫~
浅草・銀次親分日記
シェークスピアの猫
ぎんネコ☆はうす
ルドゥーテのバラの庭のブログ
猫と文学とねこブンガク

外部リンク

最新の記事

猫cafe にゃんそ~れ
at 2017-04-19 09:18
猫カフェキューリグThe L..
at 2017-04-19 09:07
名画のネコは何でも知っている
at 2017-04-18 00:17
ねこ書籍記事過去ログ
at 2017-04-16 00:00
大佛次郎 と 猫
at 2017-04-14 17:34

最新のトラックバック

ヘミングウェイ「雨の中の猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
高見浩訳「雨のなかの猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
一茶の猫俳句
from ネコと文学と猫ブンガク
「波の塔」の猫
from ネコと文学と猫ブンガク
内田百閒の広告
from ネコと文学と猫ブンガク
キャットサロンの猫
from A Cat, a Camer..
キャットサロン(A Sa..
from 猫と文学と猫ブンガク
日経新聞・フィギュアの世..
from ナチュラル&スローライフ

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます。

ライフログ


芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)


猫に時間の流れる (中公文庫)

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
本・読書

画像一覧

郵便配達は二度ベルを鳴らす

 James M.Cainの「郵便配達は二度ベルを鳴らす」を借りた。
池田真紀子訳。光文社古典新訳文庫。
e0265768_16363943.jpg




 以下、本文より抜粋。原文も一部引用。
 第4章
37ページ
「 そのとき、ふいに、ポーチのあたりで何かが動いた。(略)猫だと気づいてやめた。ただの灰色の猫だったが、どきりとした。こんなときに猫なんかにうろうろされたくない。猫はしばらく見えなかったが、また現われた。(略)猫ごときでクラクションを鳴らすのは気が引けた。(略)梯子に近づき、猫を追い払った。
 (略)猫が戻ってきて、梯子を上り始めた。今度は念を入れて(略)完全に追い払った。(略)猫がまた戻ってこないか様子を見た。(略)州警察のオートバイがカーブの先から現われた。(略)
「Then, all of a sudden, I saw something move, back by the porch. I almost hit the horn, but then I saw it was a cat. It was just a gray cat, but it shook me up. A cat was the last thing I wanted to see then. I couldn't see it for a minute, and then there it was again, smelling around the stepladder. I didn't want to blow the horn, because it wasn't anything but a cat, but I didn't want it around that stepladder. I got out of the car, went back there, and shooed it away.」
警官はあたりを見回し、何かに気づいたらしい。『驚いたな。あれ』
『あれ?何のことだ?』
『猫だ。猫が梯子を上っていったんですよ。
『へえ』
『猫は大好きでしてね。いつだって何かろくでもないことを企んでいるのがかわいい』
「He looked around, and then he saw something. "I'll be damned. Look at that."
"Look at what?"
"Goddam cat, going up that stepladder."
"Ha."
"I love a cat. They're always up to something."」
 警官は(略)エンジンをかけ、出ていった。
(略)しかし、遅かった。(略)
なかからコーラの怯えきった叫び声が聞こえてきた。
『フランク!フランク!何か変よ!』」
42ページ。
「 救急車が到着し、(略)警官がその場を仕切っていたが、俺に気づくと、はっとしたような顔で俺を見つめた。さっきの警官だった。(略)」
 47ページ。
「 警官が懐中電灯をつけた。すぐに奇妙なうめき声を漏らしてかがみこんだ。あの猫だった。(略)
『かわいそうに。(略)』警官はつぶやいた。
(略)
『やっぱりそうか。ほら、さっき、この猫を見たでしょう。梯子からヒューズボックスに下りたんだな。(略)』
(略)『(略)さすがに電気のことまでは理解できないでしょうからね。(略)猫の頭じゃ理解できっこない。』
(略)『(略)なかなかきれいな猫だったのに。梯子を上っていくところ、見たでしょう?あんなにかわいい猫は見たことがない』
『それに、きれいな色をしてた』」
「Killed her deader than hell."
He shot the flashlight up under the porch roof, and along the stepladder. "That's it, all right. Remember? We were looking at her. She stepped off the
ladder on to your fuse box, and it killed her deader than hell."
"That's it all right. You were hardly gone when it happened. Went off like a pistol shot. I hadn't even had time to move the car."
"They caught me down the road."
"You were hardly out of sight."
"Stepped right off the ladder on to the fuse box. Well, that's the way it goes. Them poor dumb things, they can't get it through their head about
electricity, can they? No sir, it's too much for them."
"Tough, all right."
"That's what it is, it's tough. Killed her deader than hell. Pretty cat, too. Remember, how she looked when she was creep. ing up that ladder? I never
seen a cuter cat than she was."
"And pretty color."
"And killed her deader than hell. Well, I'll be going along. I guess that straightens us out. Had to check up, you know."」
49ページ 
第5章
「猫は放っておいた。(略)何もしなかった。(略)そこで彼女の限界が来た。」
”We didn't do anything about the cat, the fuse box, or anything else. We crept into bed, and she cracked up. ”
第13章
173ページ
「 マッジは何か言いかけたが、(略)それから笑った。
『(略)そうね、行きたいわ。(略)でもね、だめなのよ。猫がいるから。』
『猫?』
『猫がたくさんいるの。(略)急いで家に帰らなくちゃならない理由もそれ。』」

何度か映画化された名作である。こんなに猫の描写が多いとは、意外であった。
ポーの「黒猫」へのオマージュもあるのだろうか?
ジェシカ・ラング主演の映画をTVでちらっと見た覚えがある。
解説、作者のケインの年譜、訳者のあとがきにはハリウッド版についてしか言及していない。
ヴィスコンティ版があるのに。私も未見だが、こうなると見たくて仕方がない。
ヴィスコンティは本物の貴族だが、「郵便配達は二度ベルを鳴らす」や「若者のすべて」といった作品も監督している。三島由紀夫が「潮騒」のような作品を書いたのと同じようなかんじだろうか。
私が読んだのは光文社版だが、さっき新潮文庫を立ち読みしたら、猫のことを気にかける警官の描写を翻訳した箇所の印象がまるで違う。警官が猫を好きな事が伝わるのが光文社版のほう。
 原文探したけど、ほらねー。警官はSheっていってるの。猫のこと。相当好きだよ。小説では名前も与えられていない脇役なのに、猫も警官も。
いやー。翻訳って大変なことですね。
e0265768_16365033.jpg

e0265768_16371068.jpg

e0265768_16371936.jpg

e0265768_1637357.jpg

The Postman Always Rings Twice

James M. Cain / Orion


郵便配達は二度ベルを鳴らす [DVD]

アイ・ヴィ・シー

若者のすべて【HDニューマスター版】 [DVD]

紀伊國屋書店


若者のすべて Blu-ray

IVC,Ltd.(VC)(D)


ビリディアナ  HDマスター [DVD]

IVC,Ltd.(VC)(D)


お洒落名人 ヘミングウェイの流儀 (新潮文庫)

今村 楯夫 / 新潮社


[PR]
by suezielily | 2016-04-22 18:39 | 猫書籍