猫を題材にした小説随筆や猫好き作家をご紹介


by suzielily

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

カテゴリ

全体
猫書籍
文学
Cat Salon,猫カフェ
猫写真、猫関連
猫TV,movie
音楽、music
本のまくらquiz
TVドラマ、movie
初めまして introducing
野球、baseball

最新のコメント

LuckySevenSt..
by suezielily at 15:23
面白そうですね〜。 ヘ..
by LuckySevenStars at 15:11
LuckySevenS..
by suezielily at 17:59
マンチカンが可愛すぎる可..
by LuckySevenStars at 17:20
LuckySevenS..
by suezielily at 17:33
suezielilyさん..
by LuckySevenStars at 13:37
nobikunJ さま..
by suezielily at 16:15
あけましておめでとうござ..
by nobikunJ at 12:56
nanako-..
by suezielily at 16:03
LuckySevenSt..
by suezielily at 14:41

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
すみやのひとり言・・・
路地猫のひとり言
ヒトは猫のペットである
春待ち日記
たびねこ
ちりめん戯縫
大杉漣の風トラ便り
4にゃん日記+
猫イズム
のらマニア ~長崎ぶらぶら猫~
浅草・銀次親分日記
シェークスピアの猫
ぎんネコ☆はうす
ルドゥーテのバラの庭のブログ
猫と文学とねこブンガク

外部リンク

最新の記事

尼僧ヨアンナ
at 2017-08-18 15:39
ウィリアム・ゴールディング『..
at 2017-08-17 15:40
日はまた昇る
at 2017-08-02 18:00
G=マルケス「ミセス・フォー..
at 2017-08-02 17:52
ガルシア=マルケス「この村に..
at 2017-07-30 17:15

最新のトラックバック

ヘミングウェイ「雨の中の猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
高見浩訳「雨のなかの猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
一茶の猫俳句
from ネコと文学と猫ブンガク
「波の塔」の猫
from ネコと文学と猫ブンガク
内田百閒の広告
from ネコと文学と猫ブンガク
キャットサロンの猫
from A Cat, a Camer..
キャットサロン(A Sa..
from 猫と文学と猫ブンガク
日経新聞・フィギュアの世..
from ナチュラル&スローライフ

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます。

ライフログ


芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)


猫に時間の流れる (中公文庫)

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
本・読書

画像一覧

ボヴァリー夫人

 新潮文庫の「ボヴァリー夫人」を読んだ。
ギュスターヴ フローベール。生島遼一訳。
 以下、本文より抜粋。

e0265768_15184941.jpg





「 エマは前びらきになった部屋着をきていた。胸のところのショール型の折返しから三つ金ぼたんのついた襞のある肌着がのぞいていた。帯は大きな房のついた縒り紐で、臙脂色の小さなスリッパには幅広のリボンがたくさん結ばれてそれが足首までひろがっていた。手紙を書くあてもないのに、彼女は吸取紙や書簡箋やペン軸や封筒を買いこんだ。棚のほこりをはらい、鏡に姿をうつし、本を一冊手にとり、それから読みながら空想を追い、本を膝の上に落とした。旅行がしたくなったり、むかしの修道院に帰りたくなったりした。死にたくもあり、パリへ行って住みたくもあった。」
「Chapter Eight
Madame Bovary noticed that many ladies had not put their gloves in their glasses.

But at the upper end of the table, alone amongst all these women, bent over his full plate, and his napkin tied round his neck like a child, an old man sat eating, letting drops of gravy drip from his mouth. His eyes were bloodshot, and he wore a little queue tied with black ribbon. He was the Marquis’s father-in-law, the old Duke de Laverdiere, once on a time favourite of the Count d’Artois, in the days of the Vaudreuil hunting-parties at the Marquis de Conflans’, and had been, it was said, the lover of Queen Marie Antoinette, between Monsieur de Coigny and Monsieur de Lauzun. He had lived a life of noisy debauch, full of duels, bets, elopements; he had squandered his fortune and frightened all his family. A servant behind his chair named aloud to him in his ear the dishes that he pointed to stammering, and constantly Emma’s eyes turned involuntarily to this old man with hanging lips, as to something extraordinary. He had lived at court and slept in the bed of queens! Iced champagne was poured out. Emma shivered all over as she felt it cold in her mouth. She had never seen pomegranates nor tasted pineapples. The powdered sugar even seemed to her whiter and finer than elsewhere.

The ladies afterwards went to their rooms to prepare for the ball.

Emma made her toilet with the fastidious care of an actress on her debut. She did her hair according to the directions of the hairdresser, and put on the barege dress spread out upon the bed.

Charles’s trousers were tight across the belly.

“My trouser-straps will be rather awkward for dancing,” he said.
“Dancing?” repeated Emma.
“Yes!”
“Why, you must be mad! They would make fun of you; keep your place. Besides, it is more becoming for a doctor,” she added.
Charles was silent. He walked up and down waiting for Emma to finish dressing.

He saw her from behind in the glass between two lights. Her black eyes seemed blacker than ever. Her hair, undulating towards the ears, shone with a blue lustre; a rose in her chignon trembled on its mobile stalk, with artificial dewdrops on the tip of the leaves. She wore a gown of pale saffron trimmed with three bouquets of pompon roses mixed with green. 」

 弟子であるモーパッサンの「脂肪の塊」を大絶賛したという フローベール。
描写をとにかく、詳しく、を身上に、という師弟の考え方、姿勢が素晴らしい。
羊飼いが三人いるならば、彼らがどんな人間なのか読み手が区別できるように、といった書き方をするという。
 
 主人公のエマが青年将校と恋におちるのだが、医者である夫が仕事中に彼らは揃って畜産農家の品評会?、永年勤続表彰式に出かける。
司会者が表彰される農婦や、羊などの家畜を表彰し、名前を読み上げる。
その間、二人の男女は恋の駆け引きを展開するのだ。
見ている、聞き流しているのは表彰式、そして周囲に悟られないように二人だけの会話。
この描写が素晴らしい!
映画的な手法を1850年頃、既にやっていたとは。
今では全く普通のことだが当時は斬新だったのでは。

 「マノン・レスコー」を一緒に借りたが、映画の有名なシーンが後続に大きく影響を与えたとはいえ、ボヴァリー夫人のほうが素晴らしかった。
英文テキスト
http://www.gutenberg.org/files/2413/2413-h/2413-h.htm
http://1000ya.isis.ne.jp/0287.html
https://www.gutenberg21.co.jp/bovary.htm
イタい女の真骨頂『ボヴァリー夫人』
http://dain.cocolog-nifty.com/myblog/2014/04/post-e5fc.html
http://runsinjirun.seesaa.net/article/383796854.html
マノン・レスコー
http://1000ya.isis.ne.jp/1281.html
http://www2.tbb.t-com.ne.jp/meisakudrama/meisakudrama/manon.html
e0265768_15183421.jpg

e0265768_15175032.jpg

e0265768_1518244.jpg

ボヴァリー夫人 (新潮文庫)

ギュスターヴ フローベール / 新潮社


マノン・レスコー (新潮文庫)

アベ・プレヴォー / 新潮社


女のいない男たち (文春文庫 む 5-14)

村上 春樹 / 文藝春秋


オネーギン (岩波文庫 赤604-1)

プーシキン / 岩波書店


吾輩は猫画家である ルイス・ウェイン伝 (集英社新書)

南條 竹則 / 集英社


[PR]
by suezielily | 2016-11-08 16:27 | 文学