猫を題材にした小説随筆や猫好き作家をご紹介


by suzielily

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

カテゴリ

全体
猫書籍
文学
Cat Salon,猫カフェ
猫写真、猫関連
猫TV,movie
音楽、music
本のまくらquiz
TVドラマ、movie
初めまして introducing
野球、baseball

最新のコメント

LuckySevenSt..
by suezielily at 15:23
面白そうですね〜。 ヘ..
by LuckySevenStars at 15:11
LuckySevenS..
by suezielily at 17:59
マンチカンが可愛すぎる可..
by LuckySevenStars at 17:20
LuckySevenS..
by suezielily at 17:33
suezielilyさん..
by LuckySevenStars at 13:37
nobikunJ さま..
by suezielily at 16:15
あけましておめでとうござ..
by nobikunJ at 12:56
nanako-..
by suezielily at 16:03
LuckySevenSt..
by suezielily at 14:41

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
すみやのひとり言・・・
路地猫のひとり言
ヒトは猫のペットである
春待ち日記
たびねこ
ちりめん戯縫
大杉漣の風トラ便り
4にゃん日記+
猫イズム
のらマニア ~長崎ぶらぶら猫~
浅草・銀次親分日記
シェークスピアの猫
ぎんネコ☆はうす
ルドゥーテのバラの庭のブログ
猫と文学とねこブンガク

外部リンク

最新の記事

尼僧ヨアンナ
at 2017-08-18 15:39
ウィリアム・ゴールディング『..
at 2017-08-17 15:40
日はまた昇る
at 2017-08-02 18:00
G=マルケス「ミセス・フォー..
at 2017-08-02 17:52
ガルシア=マルケス「この村に..
at 2017-07-30 17:15

最新のトラックバック

ヘミングウェイ「雨の中の猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
高見浩訳「雨のなかの猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
一茶の猫俳句
from ネコと文学と猫ブンガク
「波の塔」の猫
from ネコと文学と猫ブンガク
内田百閒の広告
from ネコと文学と猫ブンガク
キャットサロンの猫
from A Cat, a Camer..
キャットサロン(A Sa..
from 猫と文学と猫ブンガク
日経新聞・フィギュアの世..
from ナチュラル&スローライフ

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます。

ライフログ


芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)


猫に時間の流れる (中公文庫)

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
本・読書

画像一覧

バルザック 「谷間の百合」

 バルザック の「谷間の百合」を読んだ。
新潮文庫と創元文庫(宮崎 嶺雄訳)の上巻をそれぞれ借りた。
e0265768_15231452.jpg




 以下、本文より抜粋。
「『‥‥でも、あたしの心のほうがもっと激しく渇えていますわ。あたしもう、あなたっていう人に渇えて、渇えて‥‥‥』」(略)
 『もう逃げようたって逃がしませんわ!あたしも愛される身になりたいんですの。
ダッドレイ婦人とおんなじに、どんなばかなまねでもしますわ。
ちゃんと英語も習って、上手にそういってみせますわ――(マイ・レディ!ー)って』」
 以下、原文の英訳より。CHAPTER I. TWO CHILDHOODS より。
「 When I came to reside here last year I paid them a visit of courtesy; they returned it and invited us to dinner; the winter separated us for some months, and political events kept me away from Frapesle until recently. Madame de Mortsauf is a woman who would hold the highest position wherever she might be.”

“Does she often come to Tours?”

“She never goes there. However,” he added, correcting himself, “she did go there lately to the ball given to the Duc d’Angouleme, who was very gracious to her husband.”

“It was she!” I exclaimed.

“She! who?”

“A woman with beautiful shoulders.”

“You will meet a great many women with beautiful shoulders in Touraine,” he said, laughing. “But if you are not tired we can cross the river and call at Clochegourde and you shall renew acquaintance with those particular shoulders.” 」
 昔の小説は海外のものでも、青空文庫のようなサイトが見つかることがある。
Gutenbergというサイトがその一つ。

フローベール、バルザック、スタンダールなどのフランス革命以後の作家、市民革命と王党派のことを知っている世代の作家の作品を少し読んでみた。直接知らなくともその匂いは幼少時に嗅いでいました、みたいな。
バルザックが慕っていた、谷間の百合のモデルとなった女性は、マリー・アントワネットの小間使いをしていた女性の娘であった。
その女性はジャルジュという軍人と再婚したという。
アントワネットをタンプル塔から救おうとした…ベルバラじゃん!
オスカル・ド・フランソワ・ジャルジュは架空の存在だが、父と設定されているジャルジュは実在の人物であった。いやはや。

で、今のところフローベールの「ボヴァリー夫人」が一番面白かった。
登場人物ではスタンダールの「赤と黒」のジュリアン・ソレルが魅力的であるが。
この頃の作品はやはり面白い。

The Lily of the Valley, by Honore de Balzac
http://www.gutenberg.org/files/1569/1569-h/1569-h.htm
http://honsagashi.net/life/onegin.html
http://ameblo.jp/russianchoco/entry-10437758311.html
エフゲニー・オネーギン
http://www2.tbb.t-com.ne.jp/meisakudrama/meisakudrama/E.onegin.html
モリエール 「人間嫌い」
https://www.gutenberg21.co.jp/misanthrope.htm

e0265768_15241097.jpg

e0265768_15242593.jpg

外套・鼻 (岩波文庫)

ゴーゴリ / 岩波書店


谷間の百合〈上〉 (1949年) (創元選書〈第39〉)

バルザック / 創元社


[PR]
by suezielily | 2016-12-01 16:05 | 文学