猫を題材にした小説随筆や猫好き作家をご紹介


by suzielily

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

カテゴリ

全体
猫書籍
文学
Cat Salon,猫カフェ
猫写真、猫関連
猫TV,movie
音楽、music
本のまくらquiz
TVドラマ、movie
初めまして introducing
野球、baseball

最新のコメント

LuckySevenS..
by suezielily at 17:59
マンチカンが可愛すぎる可..
by LuckySevenStars at 17:20
LuckySevenS..
by suezielily at 17:33
suezielilyさん..
by LuckySevenStars at 13:37
nobikunJ さま..
by suezielily at 16:15
あけましておめでとうござ..
by nobikunJ at 12:56
nanako-..
by suezielily at 16:03
LuckySevenSt..
by suezielily at 14:41
あけましておめでとうござ..
by nanako-729 at 14:31
Last Christm..
by LuckySevenStars at 15:16

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
すみやのひとり言・・・
路地猫のひとり言
ヒトは猫のペットである
春待ち日記
たびねこ
ちりめん戯縫
大杉漣の風トラ便り
4にゃん日記+
猫イズム
のらマニア ~長崎ぶらぶら猫~
浅草・銀次親分日記
シェークスピアの猫
ぎんネコ☆はうす
ルドゥーテのバラの庭のブログ
猫と文学とねこブンガク

外部リンク

最新の記事

ブランケットキャッツ
at 2017-06-23 16:54
世界一美しい猫たち ラパーマ
at 2017-06-23 16:42
岩合光昭「プロフェッショナル..
at 2017-06-16 17:02
ドストエフスキー 「罪と罰」
at 2017-06-15 17:27
G・ガルシア=マルケス「予告..
at 2017-06-09 16:28

最新のトラックバック

ヘミングウェイ「雨の中の猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
高見浩訳「雨のなかの猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
一茶の猫俳句
from ネコと文学と猫ブンガク
「波の塔」の猫
from ネコと文学と猫ブンガク
内田百閒の広告
from ネコと文学と猫ブンガク
キャットサロンの猫
from A Cat, a Camer..
キャットサロン(A Sa..
from 猫と文学と猫ブンガク
日経新聞・フィギュアの世..
from ナチュラル&スローライフ

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます。

ライフログ


芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)


猫に時間の流れる (中公文庫)

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
本・読書

画像一覧

G・D・モーパッサン「ベラミ」


 モーパッサンの「ベラミ」を読んだ。新潮文庫、田辺貞之助訳

以下、主要登場人物。

e0265768_15104230.jpg





ジョルジュ・デュロア、シャルル・フォレスティエマドレーヌ・フォレスティエ、クロティルド・ド・マレル、ヴィルジニー・ワルテル、シュザンヌ・ワルテル。

 以下、原文より抜粋。

「 ワルテル氏が(略)いった。――『わしの絵を見ているね』――(略)

 それから、ランベールの『水難救助』を照らしだした。

 食器をさげたテーブルのうえに、仔猫がすわっていて、蝿が一匹コップの水へおちてもがいているのを、途方に暮れた様子で視つめている。仔猫は早くも前肢をあげて、蝿を素ばやくすくいあげようとする姿勢だが、まだ決心がつかないで、ためらっている。どうするだろう。」

「 倅の嫁は、太ってみずみずしく、頬っぺたが、林檎のように赤く、牝の種馬のようにまるまっちい、百姓女のはずだった。それなのに、この女は、いやにめかしこんで、麝香の匂いをぷんぷんさせ、なんだかお引摺りみたいじゃないか、というのは、この婆さんには、香水はみんな麝香だったからだ。」

 同じ箇所の英訳。PROJECTGUTENBERGBel Ami: Henri Rene Guy de Maupassant

The oldwoman, in her turn, kissed her daughter-in-law with hostile reserve. Her idealwas a stout, rosy, country lass, as red as an apple and as round.

 新潮社から出ている飜訳はヴァージョンが違うのか、「ワルテル氏が(略)いった。――『わしの絵を見ているね』」はグーテンベルグ版の英訳があるが、ランベールの絵画の場面が無い。

また、デユロワの母親がマドレーヌを見て反感を買う場面も麝香香水の箇所の英訳が見当たらない。

 2012年の映画版ではユマ・サーマン、クリスティン・スコット・トーマス、クリスティナ・リッチといった華やかな女優陣がデユロワ青年の相手役であったようだ。

ユマ・サーマンは若い頃に「危険な関係」でセシル嬢を演じた。ジョン・マルコビッチと、これまた駆け出しの頃のキアヌ・リーヴスとの三角関係である。

 クリスティン・スコット・トーマスが演じたワルテル夫人(映画では役名が違う)は、貞淑な人妻が若いプレイボーイに陥落して、「 恋愛をするなら、彼女も極度に発達した技巧や洗練を心得、慎重に適切に事を行うべきだ、と、彼は考えた。」というデユロワに反し、狂乱の限りをつくす。

「危険な関係」でいうと、主人公のメルトイユ侯爵夫人が、デュロワのいう理想の恋愛マスターであろうが、演じたグレン・クローズが「危険な情事」では正反対の性格の女性であった。

「ベラミ」全体が軽いお話であるので、ワルテル夫人はあのような深刻な事態には陥らず。


「脂肪の塊」の英訳より抜粋。
https://archive.org/stream/bouledesuifothers00maup/bouledesuifothers00maup_djvu.txt
「of snow uninterruptedly all through that evening
and night.

At half-past four in the morning the travellers
met in the courtyard of the Hotel de Normandie,
where they were to take their seats in the coach.

They were still half asleep, and shivering with
cold under their wraps. They could see one an-
other but indistinctly in the darkness, and the moun-
tain of heavy winter wraps in which each was
swathed made them look like a gathering of
obese priests in their long cassocks. But two men
recognized each other, a third accosted them, and
the three began to talk. "I am bringing my wife/'*
said one. "So am I." "And I, too." The first
speaker added: "We shall not return to Rouen, and
if the Prussians approach Havre we will cross to
England." All three, it turned out, had made the
same plans, being of similar disposition and tem-
perament. 」

e0265768_15112519.jpg



[PR]
by suezielily | 2017-03-23 15:34 | 文学