猫を題材にした小説随筆や猫好き作家をご紹介


by suzielily

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

カテゴリ

全体
猫書籍
文学
Cat Salon,猫カフェ
猫写真、猫関連
猫TV,movie
音楽、music
本のまくらquiz
TVドラマ、movie
初めまして introducing
野球、baseball

最新のコメント

nobikunJさま ..
by suezielily at 16:22
Richard Brau..
by nobikunJ at 18:04
LuckySevenSt..
by suezielily at 16:51
どこかにある猫の国の奈知..
by LuckySevenStars at 12:16
LuckySevenSt..
by suezielily at 15:23
面白そうですね〜。 ヘ..
by LuckySevenStars at 15:11
LuckySevenS..
by suezielily at 17:59
マンチカンが可愛すぎる可..
by LuckySevenStars at 17:20
LuckySevenS..
by suezielily at 17:33
suezielilyさん..
by LuckySevenStars at 13:37

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
すみやのひとり言・・・
路地猫のひとり言
ヒトは猫のペットである
春待ち日記
たびねこ
ちりめん戯縫
大杉漣の風トラ便り
4にゃん日記+
猫イズム
のらマニア ~長崎ぶらぶら猫~
浅草・銀次親分日記
シェークスピアの猫
ぎんネコ☆はうす
ルドゥーテのバラの庭のブログ
猫と文学とねこブンガク

外部リンク

最新の記事

アルトゥーロの島
at 2017-10-18 17:06
ツルゲーネフ「はつ恋」
at 2017-10-11 17:33
石田孫太郎「猫」
at 2017-10-06 17:02
ゾラ「テレーズ・ラカン」
at 2017-10-06 16:41
H・ジェイムズ傑作選
at 2017-10-06 16:23

最新のトラックバック

ヘミングウェイ「雨の中の猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
高見浩訳「雨のなかの猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
一茶の猫俳句
from ネコと文学と猫ブンガク
「波の塔」の猫
from ネコと文学と猫ブンガク
内田百閒の広告
from ネコと文学と猫ブンガク
キャットサロンの猫
from A Cat, a Camer..
キャットサロン(A Sa..
from 猫と文学と猫ブンガク
日経新聞・フィギュアの世..
from ナチュラル&スローライフ

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます。

ライフログ


芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)


猫に時間の流れる (中公文庫)

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
本・読書

画像一覧

ニャンニャンにゃんそろじー

 公式HPより、目次の抜粋。

http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062205177
モリッシー、故郷マンチェスターでのテロ事件に対する首相らの対応を痛烈批判
http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/51340/2
e0265768_21053950.jpg






















「猫小説  / 有川浩 『猫の島』/ 町田康 『諧和会議』/ 真梨幸子 『まりも日記』/ 小松エメル 『黒猫』
蛭田亜紗子 『ファントム・ペインのしっぽ』
/ 〈猫マンガ〉 益田ミリ 『鈴を鳴らして』/ ねこまき(ミューズワーク)『猫の島の郵便屋さん』
北道正幸『ネコ・ラ・イフ』/ ちっぴ『ヅカねこ』」

有川浩の「猫の島」より、抜粋。講談社。
「 『リョウ、猫の島に行こうか』
 カメラマンだった父が、(略)突然そんなことを言ってきた。(略)
 父が再婚した女性は晴子さんといって、(略)とても素敵な女性だった。(略)
ぼくは死別した最初の母親のことが忘れられなくて、(略)お母さんと呼ぶことができずにいた。」
「 でも、猫の島という言葉にはちょっと惹かれた。(略)
『猫の島って?』(略)
『(略)猫がたくさん住んでて、最近、猫好きの間で話題になってきてるらしいんだ』(略)
 この質問には晴子さんが答え、ようやくぼくの気遣いが日の目を見た。」
「『カツさん、引受けることにしたの? 猫写真』(略)
『動物写真は専門じゃないって言ったんだけど、それでもいいからってさ』(略)
雑誌の猫特集で旅と猫というコーナーを作ることになり、(略)白羽の矢が立ったのが、沖縄に移住した知り合いのカメラマンというわけだ。」
「『お父さんは猫が嫌いじゃないけど、猫のほうは大体お父さんが好きじゃないんだ』」
「 翌日も、ぼくたちは猫を探して島を一巡りした。(略)
そこらをねぐらにしている猫がいて、父は色んなアングルから写真を撮った。」
「(略)猫はまた父の手に頭をすりつけた。晴子さんにもすりすりしてから、ぼくにも。(略)
猫は体全体をぼくのすねにこすりつけてきた。(略)」
「 父の一番の自信作が使われていない。浜千鳥を狩ったハンターの写真。
採用されていたのは、夜の浜辺に戯れる猫や、あざとくかわいい子猫の写真だった。」

町田康の『諧和会議』が良かった。

北道正幸の漫画は独特の世界。
ちっぴ の『ヅカねこ』ねえ…別に猫である必然性はないかと思うが、
三島の「春の雪」を宝塚が上演していたのか、なるほどね。
e0265768_21063748.jpg

e0265768_17250696.jpg


ニャンニャンにゃんそろじー

有川 浩,町田 康,真梨 幸子,小松 エメル,蛭田 亜紗子,ねこまき(ミューズワーク),北道 正幸,益田 ミリ,ちっぴ/講談社

undefined





[PR]
by suezielily | 2017-05-26 17:54 | 猫書籍