猫を題材にした小説随筆や猫好き作家をご紹介


by suzielily

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

カテゴリ

全体
猫書籍
文学
Cat Salon,猫カフェ
猫写真、猫関連
猫TV,movie
音楽、music
本のまくらquiz
TVドラマ、movie
初めまして introducing
野球、baseball

最新のコメント

Richard Brau..
by nobikunJ at 18:04
LuckySevenSt..
by suezielily at 16:51
どこかにある猫の国の奈知..
by LuckySevenStars at 12:16
LuckySevenSt..
by suezielily at 15:23
面白そうですね〜。 ヘ..
by LuckySevenStars at 15:11
LuckySevenS..
by suezielily at 17:59
マンチカンが可愛すぎる可..
by LuckySevenStars at 17:20
LuckySevenS..
by suezielily at 17:33
suezielilyさん..
by LuckySevenStars at 13:37
nobikunJ さま..
by suezielily at 16:15

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
すみやのひとり言・・・
路地猫のひとり言
ヒトは猫のペットである
春待ち日記
たびねこ
ちりめん戯縫
大杉漣の風トラ便り
4にゃん日記+
猫イズム
のらマニア ~長崎ぶらぶら猫~
浅草・銀次親分日記
シェークスピアの猫
ぎんネコ☆はうす
ルドゥーテのバラの庭のブログ
猫と文学とねこブンガク

外部リンク

最新の記事

Richard Braut..
at 2017-09-15 16:22
トルストイ「クロイツェル・ソ..
at 2017-09-15 10:41
D・H・ロレンス「盲目の男」
at 2017-09-11 16:38
荒汐部屋の猫写真集まさかの3..
at 2017-09-10 17:06
ねこ書籍記事過去ログ
at 2017-09-09 00:00

最新のトラックバック

ヘミングウェイ「雨の中の猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
高見浩訳「雨のなかの猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
一茶の猫俳句
from ネコと文学と猫ブンガク
「波の塔」の猫
from ネコと文学と猫ブンガク
内田百閒の広告
from ネコと文学と猫ブンガク
キャットサロンの猫
from A Cat, a Camer..
キャットサロン(A Sa..
from 猫と文学と猫ブンガク
日経新聞・フィギュアの世..
from ナチュラル&スローライフ

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます。

ライフログ


芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)


猫に時間の流れる (中公文庫)

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
本・読書

画像一覧

ねこの事典

 ねこの事典 を借りた。今泉 忠明監修、成美堂出版。
以下、目次の抜粋。
http://www.seibidoshuppan.co.jp/product/9784415323022/

e0265768_17262947.jpg





















「DICTIONARY OF THE CAT  <あ> 赤トラ イカ耳    ウイスキーキャット  ほか
 <か> 海外猫スポット   キャットニップ    クリームタビー   ケケケ鳴き
   香箱座り(こうばこずわり)  ほか
 <さ> 撮影術     じゃらし棒     砂かき
    世界の鳴き声      ほか
 <た>     千鳥ボブテイル    ヅラ猫    寺猫      ほか
 <な>        肉球     猫アレルギー
   ねこ検定    のせ猫  ほか
 <は> フレーメン反応    ヘミングウェイキャット
   ほか  <ま> 招き猫  三毛    無毛猫     目かくし寝    模様  ほか
 <や> 有名猫 夜鳴き  ほか <ら・わ>    ラバーブラシ   立毛筋(りつもうきん)
    レーザーポインタ    ワーキングキャット  ほか」

「あ行」の「い」の項。
「イヤーファーニッシング/
耳の中に生える毛。ソマリなどの長毛種の猫でよく目立ちます。」
「う」の項。
「ウィスカーパッド/
『ひげ袋』のことで、猫の口ひげの生えている、ぷっくりとしたふくらみ。『鼻タブ』『ふぐふぐ』、形が似ていることから『ω』とも表現されます。」
「ウィスカーブレイク/
ウィスカーパッド(猫の口ひげの生えているふくらみ)とほおの間にあるくぼみ。」
「お」の項。
「オッドアイ/
左右の目の色が異なることで、左右で色素の量が異なるために起こります。日本では『金目銀目』、タイでは『ダイヤモンドの瞳』と呼ばれ、珍重されています。遺伝子の影響でとくに白猫にオッドアイが多く、一方の目がブルーで、もう一方がゴールドかカッパーになります。白猫でオッドアイの場合、ブルーの目の側に聴覚障害が現われることもあります。」 

サ行の「スタンピー」の項。

「 マンクスの尾のあるもの。しっぽが完全にないマンクスを『ランピー』と呼びます。」

「スナブノーズ
 ペルシャに代表される鼻の形で、鼻筋が詰まり、短くて平べったいのが特徴。いわゆる『鼻ぺちゃ』の状態です。」

オッドアイの猫については米国人の友人にも聞いたことがある。
某所で会った白猫の兄弟(姉妹)らしき二匹の写真を見せた際に、オッドアイの猫が完全な白猫ではなくて、頭部に黒い毛が少しあった。すると、「この子は完全な白猫ではないから、目は見えているし(聴覚障害の話はしていなかったと思う)、もう一匹の白猫の幸運も背負っていると思う」ということであった。

今日、パウ行ったら、麻のカーディガンにはまっている子が三匹ほど。
麻というと…うむむ。大○!?
またたび的な効果?


e0265768_17225698.jpg

[PR]
by suezielily | 2017-07-07 17:09 | 猫書籍