猫を題材にした小説随筆や猫好き作家をご紹介


by suzielily

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

カテゴリ

全体
猫書籍
文学
Cat Salon,猫カフェ
猫写真、猫関連
猫TV,movie
音楽、music
本のまくらquiz
TVドラマ、movie
初めまして introducing
野球、baseball

最新のコメント

Richard Brau..
by nobikunJ at 18:04
LuckySevenSt..
by suezielily at 16:51
どこかにある猫の国の奈知..
by LuckySevenStars at 12:16
LuckySevenSt..
by suezielily at 15:23
面白そうですね〜。 ヘ..
by LuckySevenStars at 15:11
LuckySevenS..
by suezielily at 17:59
マンチカンが可愛すぎる可..
by LuckySevenStars at 17:20
LuckySevenS..
by suezielily at 17:33
suezielilyさん..
by LuckySevenStars at 13:37
nobikunJ さま..
by suezielily at 16:15

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
すみやのひとり言・・・
路地猫のひとり言
ヒトは猫のペットである
春待ち日記
たびねこ
ちりめん戯縫
大杉漣の風トラ便り
4にゃん日記+
猫イズム
のらマニア ~長崎ぶらぶら猫~
浅草・銀次親分日記
シェークスピアの猫
ぎんネコ☆はうす
ルドゥーテのバラの庭のブログ
猫と文学とねこブンガク

外部リンク

最新の記事

Richard Braut..
at 2017-09-15 16:22
トルストイ「クロイツェル・ソ..
at 2017-09-15 10:41
D・H・ロレンス「盲目の男」
at 2017-09-11 16:38
荒汐部屋の猫写真集まさかの3..
at 2017-09-10 17:06
ねこ書籍記事過去ログ
at 2017-09-09 00:00

最新のトラックバック

ヘミングウェイ「雨の中の猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
高見浩訳「雨のなかの猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
一茶の猫俳句
from ネコと文学と猫ブンガク
「波の塔」の猫
from ネコと文学と猫ブンガク
内田百閒の広告
from ネコと文学と猫ブンガク
キャットサロンの猫
from A Cat, a Camer..
キャットサロン(A Sa..
from 猫と文学と猫ブンガク
日経新聞・フィギュアの世..
from ナチュラル&スローライフ

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます。

ライフログ


芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)


猫に時間の流れる (中公文庫)

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
本・読書

画像一覧

ドストエフスキー「白痴」

「白痴」を読了。 木村浩 訳新潮社
以下、グーテンベルグ版の英訳より、抜粋。

http://d.hatena.ne.jp/away_sw/20100725/1280043840
http://www.gutenberg.org/files/2638/2638-h/2638-h.htm

e0265768_17264868.jpg
























「 THE IDIOT By Fyodor Dostoyevsky
Translated by Eva Martin
PART I

I.


Towards the end of November, during a thaw, at nine o’clock one morning, a train on the Warsaw and Petersburg railway was approaching the latter city at full speed. The morning was so damp and misty that it was only with great difficulty that the day succeeded in breaking; and it was impossible to distinguish anything more than a few yards away from the carriage windows.

Some of the passengers by this particular train were returning from abroad; but the third-class carriages were the best filled, chiefly with insignificant persons of various occupations and degrees, picked up at the different stations nearer town. All of them seemed weary, and most of them had sleepy eyes and a shivering expression, while their complexions generally appeared to have taken on the colour of the fog outside. 」



黒澤監督の映画では、森雅之、三船敏郎に「藪の中」(あの映画を 羅生門、とは呼びたくない)マイナス 京マチ子(で正解でしたね) マイナス 原節子、というキャストだそうである。

ムイシュキン公爵を演じたことのある人は他にもジェラール・フィリップ、加藤剛、坂東玉三郎という錚々たる面々。玉三郎さんはそれも、ナスターシャとの1人2役で、アンジェイ・ワイダ監督の演出舞台だったっけ?
それも凄いと思うが、あまりにも特殊なので
読んでる間は ジェラール・フィリップ、三船敏郎、原節子として読んだ。なんじゃ、そら。
森雅之は退廃的で妖艶な印象なのでちょっと違うかなーと思って。




e0265768_17260540.jpg


[PR]
by suezielily | 2017-07-06 17:18 | 文学