猫を題材にした小説随筆や猫好き作家をご紹介


by suzielily

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

カテゴリ

全体
猫書籍
文学
Cat Salon,猫カフェ
猫写真、猫関連
猫TV,movie
音楽、music
本のまくらquiz
TVドラマ、movie
初めまして introducing
野球、baseball

最新のコメント

nobikunJさま ..
by suezielily at 16:22
Richard Brau..
by nobikunJ at 18:04
LuckySevenSt..
by suezielily at 16:51
どこかにある猫の国の奈知..
by LuckySevenStars at 12:16
LuckySevenSt..
by suezielily at 15:23
面白そうですね〜。 ヘ..
by LuckySevenStars at 15:11
LuckySevenS..
by suezielily at 17:59
マンチカンが可愛すぎる可..
by LuckySevenStars at 17:20
LuckySevenS..
by suezielily at 17:33
suezielilyさん..
by LuckySevenStars at 13:37

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
すみやのひとり言・・・
路地猫のひとり言
ヒトは猫のペットである
春待ち日記
たびねこ
ちりめん戯縫
大杉漣の風トラ便り
4にゃん日記+
猫イズム
のらマニア ~長崎ぶらぶら猫~
浅草・銀次親分日記
シェークスピアの猫
ぎんネコ☆はうす
ルドゥーテのバラの庭のブログ
猫と文学とねこブンガク

外部リンク

最新の記事

ネコ大特集!荒ぶるオスの真実 
at 2017-11-13 16:27
ドストエフスキー「賭博者」
at 2017-11-10 17:19
文学記事過去ログ
at 2017-11-04 00:00
猫も、杓子も。
at 2017-10-27 17:23
コンスタン『アドルフ』
at 2017-10-26 17:40

最新のトラックバック

ヘミングウェイ「雨の中の猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
高見浩訳「雨のなかの猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
一茶の猫俳句
from ネコと文学と猫ブンガク
「波の塔」の猫
from ネコと文学と猫ブンガク
内田百閒の広告
from ネコと文学と猫ブンガク
キャットサロンの猫
from A Cat, a Camer..
キャットサロン(A Sa..
from 猫と文学と猫ブンガク
日経新聞・フィギュアの世..
from ナチュラル&スローライフ

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます。

ライフログ


芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)


猫に時間の流れる (中公文庫)

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
本・読書

画像一覧

フォークナー「サンクチュアリ」

 フォークナーの「サンクチュアリ」を読んだ。
 以下、原文より抜粋。加島祥造訳 新潮社

http://fadedpage.com/books/20141103/html.php

e0265768_17285606.jpg




「i

From beyond the screen of bushes which surrounded the spring, Popeye watched the man drinking. A faint path led from the road to the spring. Popeye watched the man—a tall, thin man, hatless, in worn gray flannel trousers and carrying a tweed coat over his arm—emerge from the path and kneel to drink from the spring.

The spring welled up at the root of a beech tree and flowed away upon a bottom of whorled and waved sand. It was surrounded by a thick growth of cane and brier, of cypress and gum in which broken sunlight lay sourceless. Somewhere, hidden and secret yet nearby, a bird sang three notes and ceased.

In the spring the drinking man leaned his face to the broken and myriad reflection of his own drinking. When he rose up he saw among them the shattered reflection of Popeye’s straw hat, though he had heard no sound.」
「泉を囲んでいる藪のかげから、ポパイはその男が水を飲むのを見まもっていた。その泉へは、向うの街道から一本の小道が通じていて、その小道からいまポパイの見つめている男は現れたのだった――ひょろ高くやせており、無帽、くたびれたグレイのフラノズボン、胸にはツィードの上着をかけていて――男は泉まで来るとひざまずき、水を飲みはじめた。(5ページ」

 フォークナーはヘミングウエィとほぼ同時代の作家だけど、彼の作品のほうが黒人が重要な登場人物として多く出てくる。
当然、差別的な表現も多々あるけど、それでも「いない」ものとして出てこないよりはいいよね。
いや、ヘミングエイやほかの作家がそうだ、と言っているのではないですよ。


e0265768_17284125.jpg

e0265768_17263880.jpg


































Light In August (Vintage Classics)

William Faulkner/Vintage Classics

undefined




[PR]
by suezielily | 2017-07-16 15:41 | 文学