猫を題材にした小説随筆や猫好き作家をご紹介


by suzielily

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

カテゴリ

全体
猫書籍
文学
Cat Salon,猫カフェ
猫写真、猫関連
猫TV,movie
音楽、music
本のまくらquiz
TVドラマ、movie
初めまして introducing
野球、baseball

最新のコメント

nobikunJさま ..
by suezielily at 16:22
Richard Brau..
by nobikunJ at 18:04
LuckySevenSt..
by suezielily at 16:51
どこかにある猫の国の奈知..
by LuckySevenStars at 12:16
LuckySevenSt..
by suezielily at 15:23
面白そうですね〜。 ヘ..
by LuckySevenStars at 15:11
LuckySevenS..
by suezielily at 17:59
マンチカンが可愛すぎる可..
by LuckySevenStars at 17:20
LuckySevenS..
by suezielily at 17:33
suezielilyさん..
by LuckySevenStars at 13:37

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
すみやのひとり言・・・
路地猫のひとり言
ヒトは猫のペットである
春待ち日記
たびねこ
ちりめん戯縫
大杉漣の風トラ便り
4にゃん日記+
猫イズム
のらマニア ~長崎ぶらぶら猫~
浅草・銀次親分日記
シェークスピアの猫
ぎんネコ☆はうす
ルドゥーテのバラの庭のブログ
猫と文学とねこブンガク

外部リンク

最新の記事

アルトゥーロの島
at 2017-10-18 17:06
ツルゲーネフ「はつ恋」
at 2017-10-11 17:33
石田孫太郎「猫」
at 2017-10-06 17:02
ゾラ「テレーズ・ラカン」
at 2017-10-06 16:41
H・ジェイムズ傑作選
at 2017-10-06 16:23

最新のトラックバック

ヘミングウェイ「雨の中の猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
高見浩訳「雨のなかの猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
一茶の猫俳句
from ネコと文学と猫ブンガク
「波の塔」の猫
from ネコと文学と猫ブンガク
内田百閒の広告
from ネコと文学と猫ブンガク
キャットサロンの猫
from A Cat, a Camer..
キャットサロン(A Sa..
from 猫と文学と猫ブンガク
日経新聞・フィギュアの世..
from ナチュラル&スローライフ

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます。

ライフログ


芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)


猫に時間の流れる (中公文庫)

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
本・読書

画像一覧

カテゴリ:文学( 90 )

書店で「トイレ行きたい!?」

書店や図書館にいる時に、急にnature calls me状態になることがないだろうか? 私がそうである。 
以前ウッチャンナンチャンの番組で見た企画。 書店で本当にトイレに行きたくなることがあるのか、という実験。 徐々に条件を増やしていく。 白い壁のある広い空間に何人かの被験者を入室させる。 ドアはあるが、開かない。
e0265768_17102792.jpg


続きを読む
[PR]
by suezielily | 2012-08-17 17:11 | 文学

桐野夏生「光源」

『ポートレート24』という脚本。新進映画監督の薮内三蔵の伯父が北海道で自殺した。 妻が亡くなり、北海道で中古車を買ってあちこち旅をし、1本のフィルムを撮り終わって死んでいった。 それが24枚の写真。
プロデューサーの玉置優子はこの脚本に惚れ込み、低予算で製作を買って出る。腕のいいカメラマンの有村は優子の元恋人。主演俳優は優子がスターダムに押し上げた高見。元アイドルの井上佐和。高見の所属プロの社長とマネージャーは辣腕の姉妹。 優子の夫はかつての巨匠、笹本監督。半身不随で介護される身の上。笹本の元妻、緑。
e0265768_1828425.jpg


続きを読む
[PR]
by suezielily | 2012-08-02 18:28 | 文学

江見水蔭「炭焼の煙」

山奥の炭焼き小屋で猿の権とだけ暮らす若者、真次。下界との関りは山主の藤原の旦那との連絡で、作爺こと作座衛門が来る時だけ。真次の働き振りに旦那も感心しているが、それも亡父が山林を3つも焼き払って損をさせた旦那に、格別なお叱りも受けず遣われ続けたその恩を返さんがため…という教えによる。
孤独で単調な真次の生活にある日、変化が。旦那様の娘達が真次の住む山の谷に美しい桜があると聞きつけ、物見遊山にやってくるという。
e0265768_18162161.jpg

e0265768_18163633.jpg


続く
[PR]
by suezielily | 2012-07-19 18:18 | 文学

華宵のおしゃれ教室

高畠華宵は、中原淳一よりも上の世代だろうか。少年少女雑誌や婦人雑誌、便箋表紙絵などの挿絵画家として一世を風靡した。 全国から少女達が華宵先生会いたさに、家出したほどの熱狂的人気であったとか。華宵の作品を展示した弥生美術館の学芸員である松本品子氏の編集による本作は、華宵の華麗なる挿絵は勿論、当時の化粧品の広告や少女雑誌への読者の投稿、身の上相談、婦人記者の美容院訪問記など盛り沢山。
e0265768_18131995.jpg

華宵のおしゃれ教室―麗し乙女のロマンチック・バイブル (らんぷの本)

河出書房新社



続きを読む
[PR]
by suezielily | 2012-07-19 18:13 | 文学

林真理子「RURIKO」

まず、秋山庄太郎氏が撮影した美しいポートレイトの装丁にうっとりとする。
溥儀や甘粕大尉の名前も登場する、満州での浅井源二郎はヒロイン・浅丘ルリ子こと信子の父。彼女の幼少時が描かれる冒頭の章をすっ飛ばして先の頁を読む。こんな読み方をした人は少なからずいるだろう。
ルリ子という大輪の薔薇が咲き誇った土壌…昭和の芸能史の磁力の強さ。そのうえ、太陽が輝き、渡り鳥が飛び、ひばりが空高くさえずっていたのだ、同じ時代に。

続きを読む
[PR]
by suezielily | 2012-06-26 18:26 | 文学

好きな海外文学ベスト10

1. 「脂肪の塊」モーパッサン   2. 「土曜の夜と日曜の朝」A・シリトー  
3. 「テス」T・ハーディ  4. 「居酒屋」 ゾラ  
5. 「ラドクリフ」D・ストーリィ  6. 「危険な関係」 ラクロ  
7. 「嵐が丘」E・ブロンテ   8. 「変身」カフカ 
9. 「眺めのいい部屋」E・M・フォースター  10.「ホテル・ニューハンプシャー」J・アーヴィング 「朝めし」スタインベック

眺めのいい部屋 (原書で楽しむ英米文学シリーズ (9))

E.M.Forster / ICGミューズ出版



ベスト10を選んだ理由はコチラ
[PR]
by suezielily | 2012-05-17 18:32 | 文学

好きな日本文学ベスト10

1.「春の雪」三島由紀夫  2. 「一塊の土」芥川龍之介 
3. 「鵜の話」(「鳥の物語」より)中勘助  4. 「サラサーテの盤」内田百閒 
5. 「青鬼の褌を洗う女」坂口安吾  6.「蓼喰う虫」谷崎潤一郎 
7. 「瓶詰めの恋」夢野久作  8. 「砂の女」安部公房
9. 「二階」松本清張  10.「家族八景」筒井康隆 

春の雪(英文版)- Spring Snow (タトルクラシックス )

三島 由紀夫 / チャールズ・イ・タトル出版



ベスト10を選んだ理由はコチラ
[PR]
by suezielily | 2012-05-10 18:47 | 文学

スタインベック「朝めし」

週刊文春の書評は4人で交替して執筆されている。立花隆、池澤夏樹、酒井順子というプロの書き手に混じって、俳優の山崎努。山崎氏の文が一番上手いと思う。彼の勧める本を読みたくなるからだ。
スタインベック短編集の書評。
スタインベックといえば、「怒りの葡萄」と「二十日鼠と人間」を読んで、映画も見た。
短編を今回初めて読んだが、どれも面白い。
1902年生まれとあるが、日本の自然主義小説(ゾラの影響が強いと聞くが)に彼がどれくらい影響を与えたのかは分からない。

続きを読む
[PR]
by suezielily | 2012-04-30 18:38 | 文学

百年文庫

ポプラ社が刊行した「百年文庫」
「里(小山清、藤原審爾、広津柳浪)」「雪(加能作次郎、耕治人、由起しげ子)」「本(島木健作、ユザンヌ、佐藤春夫)」「妖(坂口安吾、壇一雄、谷崎潤一郎)」の4冊。
100巻を「憧、闇、罪」などのテーマに従い、あう内容の短編を3作ずつ編んである。いい企画だ。
加能、坂口、谷崎は既読であったが、未読の作品を読もうとしたら重い全集でないと収録されていない作家が多い。全巻制覇を目標にしよう。
広津柳浪の息子である広津和郎の作品を読んだことがある。
同時代の有名作家(確か宇野浩二)が精神不安定になり、斉藤茂吉の病院へ連れて行って、その場に芥川も同席したという内容の短編が衝撃であった。
ユザンヌの「シジスモンの遺産」
ギュマールとシジスモンは20年間に渡る書籍のコレクター。
2人は初版本、希少本、揺籃期本などマニアの垂涎の的である書をあらゆる手段で入手する好敵手。
そのシジスモンが死んだ。 遺言書には従妹のエレオノール嬢を遺産相続人にした。
醜い58歳の女性に独身のギュマールは求婚する。
老嬢は元婚約者のシジスモンに古本漁りのためにお金も時間も掛かるので、結婚を延期されたという。
故人や本を狙うライバルにとってはお宝の蔵書も、彼女には憎むべき荷厄介なのだ。
彼女は書斎のある屋根裏部屋の窓や瓦を壊し、鼠を300匹放ち、宝の山を痛めつけようと図る。
ギュマールはそれを防ぐために、書斎に隣接する家屋を買い取り、湿気退治や隣家の屋根を勝手に修理する。
「書斎の中にぶちまけた袋の中身は、」「六匹のたくましい牡猫だった。」
猫を題材にした本小説を何冊か読んだが、猫をこのように扱う作品は初めてお目にかかった。
初老の男女の「家(正確には書斎の本)」を巡る争いは、映画「ローズ家の戦争」を思い出した。

「百年文庫」 50巻セット(化粧ケース入り)

ポプラ社


藤澤清造短篇集 (新潮文庫)

藤澤 清造 / 新潮社



続きを読む
[PR]
by suezielily | 2012-04-17 18:40 | 文学

林真理子「anego」

知人の米国人ALT2人が仲違いした時、別のALT男性が「女性の喧嘩は男性がらみ」と言った。
有名女性歌手の騒動がTVのワイドショーを賑わせている。所属事務所の女社長と彼女の夫が金銭のことで揉めていたそうだ。
林真理子の「anego」を読む。数年前のTVドラマは篠原涼子、赤西仁主演だった。
林ファンの私もあの乗りの話ならば、特に読む必要はないと思っていた。
TVドラマでは年上OLが若い同僚と初デートの際に、お洒落してバスケット一杯の手製弁当と気合が入っていた。黒沢は草ラグビーの試合に同行させ、豪華弁当は彼の仲間に分けられる。この場面はとても爽やかで印象に残っている。
これを書籍で探したが…無い!林作品ドラマの脚本ではお馴染みの中園ミホの脚色は大胆だ。弁当は彼の仲間にも評判だったので、彼女の姐御らしさは脚本に生かされている。ラガーマンという設定は原作では別の、重要な人物として登場する。

anego (小学館文庫)

林 真理子 / 小学館



続きを読む
[PR]
by suezielily | 2012-04-11 18:26 | 文学