猫を題材にした小説随筆や猫好き作家をご紹介


by suzielily

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

カテゴリ

全体
猫書籍
文学
Cat Salon,猫カフェ
猫写真、猫関連
猫TV,movie
音楽、music
本のまくらquiz
TVドラマ、movie
初めまして introducing
野球、baseball

最新のコメント

nobikunJさま ..
by suezielily at 16:22
Richard Brau..
by nobikunJ at 18:04
LuckySevenSt..
by suezielily at 16:51
どこかにある猫の国の奈知..
by LuckySevenStars at 12:16
LuckySevenSt..
by suezielily at 15:23
面白そうですね〜。 ヘ..
by LuckySevenStars at 15:11
LuckySevenS..
by suezielily at 17:59
マンチカンが可愛すぎる可..
by LuckySevenStars at 17:20
LuckySevenS..
by suezielily at 17:33
suezielilyさん..
by LuckySevenStars at 13:37

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
すみやのひとり言・・・
路地猫のひとり言
ヒトは猫のペットである
春待ち日記
たびねこ
ちりめん戯縫
大杉漣の風トラ便り
4にゃん日記+
猫イズム
のらマニア ~長崎ぶらぶら猫~
浅草・銀次親分日記
シェークスピアの猫
ぎんネコ☆はうす
ルドゥーテのバラの庭のブログ
猫と文学とねこブンガク

外部リンク

最新の記事

「ユリシーズ」の猫 
at 2017-10-23 16:42
レッシング「Particul..
at 2017-10-23 16:18
ねこ書籍記事過去ログ
at 2017-10-21 00:00
アルトゥーロの島
at 2017-10-18 17:06
文学記事過去ログ
at 2017-10-15 00:00

最新のトラックバック

ヘミングウェイ「雨の中の猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
高見浩訳「雨のなかの猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
一茶の猫俳句
from ネコと文学と猫ブンガク
「波の塔」の猫
from ネコと文学と猫ブンガク
内田百閒の広告
from ネコと文学と猫ブンガク
キャットサロンの猫
from A Cat, a Camer..
キャットサロン(A Sa..
from 猫と文学と猫ブンガク
日経新聞・フィギュアの世..
from ナチュラル&スローライフ

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます。

ライフログ


芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)


猫に時間の流れる (中公文庫)

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
本・読書

画像一覧

<   2013年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

猫が十二支に入っていない理由

NHKラジオ英会話入門 2002年2月号テキストより、十二支のいわれを抜粋、それも猫に関する描写だけ。
英文を入力するのが面倒なので、12種類の動物たちには申し訳ないが、省略。興味のある人は調べて下さいね。
The 12 Patron Animals (十二支のいわれ)
Only the Cat, who happened to be asleep at the time of the announcement, didn’t know about it. And when the Cat was roused from his nap, he spoke to the Rat who liked to play pranks:

続きを読む…
[PR]
by suezielily | 2013-01-31 19:14 | 猫書籍

ネコ文学のまくら2

下記のア~オの小説、随筆は猫を描写した作品です。冒頭部分(まくら)と、作家、作品名を組み合わせて下さい。
作家名 1 寺田寅彦 2 谷崎潤一郎  3  村上春樹 4 大佛次郎 5 吉行理恵
作品名 A 「小さな貴婦人」 B 「千坂兵部の猫」  C 「子猫」 D 「猫と庄造と二人のをんな」 E 「あたり猫とスカ猫」
ア  福子さんどうぞゆるして下さいこの手紙行き雪ちゃんの名借りましたけどほんとうは雪ちゃんではありません、そう云うたら無論貴女は私が誰だかお分かりになったでしょうね、いえいえ貴女はこの手紙の封切って開けたしゅん間「さてはあの女か」ともうちゃんと気がおつきになるでしょう、そしてきっと腹立てて、まあ失礼な、………友達の名前無断で使って、私に手紙よこすとは何と云う厚かましい人と、お思いになるでしょう、 
e0265768_19105751.jpg


続きを読む…
[PR]
by suezielily | 2013-01-31 19:12 | 本のまくらquiz

いいニャーニャーの日

今日は1月22日、いいニャーニャーの日。

続きを読む…
[PR]
by suezielily | 2013-01-22 19:15 | 猫写真、猫関連

寺田寅彦「子猫」

岩波文庫の「寺田寅彦随筆集 第二巻」に収録。小宮豊隆編。
寺田寅彦は、漱石の「吾輩は猫である」の「寒月君」のモデルらしい。
芥川龍之介と同時代の人だが、多分初めて読んだのではない。小林秀雄、柳田國男、亀井勝一郎もそうだろうが、現代国語の教科書に評論や随筆が掲載されていて、大抵の日本人は知らぬ間に読まされている文人の一人だろう。思ったよりも読みやすくて、猫以外のことを書いた随筆も面白い。
猫に関する記述は、「備忘録」の中にもある。「猫の死」と「舞踊」で主に飼い猫の三毛と玉について語られる。
e0265768_1981690.jpg


続きを読む…
[PR]
by suezielily | 2013-01-22 19:09 | 猫書籍

ネコ文学のまくら1

下記のア~オの小説、随筆は猫を描写した作品です。冒頭部分(まくら)と、作家、作品名を組み合わせて下さい。
作家名 1 芥川龍之介 2 柴田よしき  3  田中貢太郎 4 吉行理恵 5 久坂葉子
作品名 A 猫の踊 B 猫 C 雲とトンガ D 賢者の贈り物 E お富の貞操
ア  ドンドンという鈍い音が響いてきたとき、泥棒が入ったのだと思った。音は天井の片隅から聞こえてくるから、上の空き部屋を歩いているのだと考えながら目を覚ました。  「あ」  引き出しの中を、妹猫が覗き込んでいる。特別ずっしりした箪笥で、猫の力で開くとは考えられないことだった。
e0265768_1935364.jpg


続きを読む…
[PR]
by suezielily | 2013-01-22 19:04 | 本のまくらquiz

クリムトと猫

1月22日は いいニャーニャーの日! 気が早いにゃ。2月22日はにゃんにゃんにゃん猫の日。Animal Planetは終日、猫番組を放送…無料放送ではないので、映るけど録画できない…
e0265768_1903370.jpg

クリムトと猫

ベレニーチェ カパッティ / 西村書店



続きを読む…
[PR]
by suezielily | 2013-01-15 19:01 | 猫写真、猫関連

本のまくらQuiz(20)

下記のア~オの小説、随筆の冒頭部分(まくら)と、作家、作品名を組み合わせて下さい。
作家名  1 松本清張 2 谷崎潤一郎 3 三島由紀夫 4 澁澤龍彦 5 内田百閒
作品名  A 孔雀 B シモンの人形(あとがきにかえて) C 卍 D 前掛けと漱石先生  E 一年半待て
ア 本書の巻頭におさめた口絵は、一九八二年に製作された四谷シモンの少女人形である。八二年二月の銀座青木画廊における展示会に出陳されたのち、北鎌倉のわが家にはこばれ、わが家の「娘」となって現在にいたっている。
e0265768_18531571.jpg


続きを読む…
[PR]
by suezielily | 2013-01-15 18:56 | 本のまくらquiz

猫――アンティーブ岬にて

「モーパッサン残酷短編集」を見つけた。 発行所の梨の木舎は所在地が神保町となっているので、古書店だろうか? 装幀、本文フォーマットデザインが加藤昌子。表紙を始め、猫の絵が数箇所。可愛らしい絵柄というよりは、怖い感じ。
井上ひさしの戯曲「太鼓たたいて笛ふいて」を古書で入手し、参考文献の中にS・モームの「夫が多すぎて」という短編があるという。
私が思い違いをして、「あれ、モームとモーパッサン、どっちだったかな」と図書館の書棚をクルーズしていた。短編集に収録された、そう有名ではない作品だろうと見当をつけていたら、偶然「猫――アンティーブ岬にて」に行き着いた。
e0265768_1930579.jpg


続きを読む…
[PR]
by suezielily | 2013-01-08 19:33 | 猫書籍

栗原まもる「つぶつぶ生活2」

あけましておめでとうございます。今年も、よろしくお願いします。

可愛らしい猫の「みるく」も登場する漫画であるが、他にも個性的な猫達が登場する。
第2巻では、主要登場人物が猫カフェや田代島らしき猫の島へ行く場面も。
連載中に続刊中の第1巻の漫画評を書いたので、連載終了後に書くべきだったか。
レンタルで2、3巻を借りた。1巻は購入したのだが、コミックスがどこまで出るのか(まさか同じ新刊の棚にあった「ガラスの仮面」と同じくらい続く、ということはないだろうが)分らないので他に優先して欲しい書籍と秤にかけてしまった、栗原先生、申し訳ありません!

続きを読む…
[PR]
by suezielily | 2013-01-01 19:28 | 猫書籍

倉橋由美子「偏愛文学館」

日本の女カフカこと、倉橋由美子の選んだ小説、35人の作家。単行本の装丁も美しい。
夏目漱石「夢十夜」、森鴎外「灰燼・かのように」、岡本綺堂「半七捕物帳」、谷崎潤一郎「鍵・瘋癲老人日記」、内田百閒「冥途・旅順入城式」、上田秋成「雨月物語・春雨物語」、中島敦「山月記・李陵」、宮部みゆき「火車」、杉浦日向子「百物語」、聊斎志異「蒲松齢」、蘇東坡「蘇東坡誌選」            
e0265768_19212589.jpg

偏愛文学館  

倉橋 由美子 / 講談社



続きを読む…
[PR]
by suezielily | 2013-01-01 19:23 | 文学