猫を題材にした小説随筆や猫好き作家をご紹介


by suzielily

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

カテゴリ

全体
猫書籍
文学
Cat Salon,猫カフェ
猫写真、猫関連
猫TV,movie
音楽、music
本のまくらquiz
TVドラマ、movie
初めまして introducing
野球、baseball

最新のコメント

Richard Brau..
by nobikunJ at 18:04
LuckySevenSt..
by suezielily at 16:51
どこかにある猫の国の奈知..
by LuckySevenStars at 12:16
LuckySevenSt..
by suezielily at 15:23
面白そうですね〜。 ヘ..
by LuckySevenStars at 15:11
LuckySevenS..
by suezielily at 17:59
マンチカンが可愛すぎる可..
by LuckySevenStars at 17:20
LuckySevenS..
by suezielily at 17:33
suezielilyさん..
by LuckySevenStars at 13:37
nobikunJ さま..
by suezielily at 16:15

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
すみやのひとり言・・・
路地猫のひとり言
ヒトは猫のペットである
春待ち日記
たびねこ
ちりめん戯縫
大杉漣の風トラ便り
4にゃん日記+
猫イズム
のらマニア ~長崎ぶらぶら猫~
浅草・銀次親分日記
シェークスピアの猫
ぎんネコ☆はうす
ルドゥーテのバラの庭のブログ
猫と文学とねこブンガク

外部リンク

最新の記事

Richard Braut..
at 2017-09-15 16:22
トルストイ「クロイツェル・ソ..
at 2017-09-15 10:41
D・H・ロレンス「盲目の男」
at 2017-09-11 16:38
荒汐部屋の猫写真集まさかの3..
at 2017-09-10 17:06
ねこ書籍記事過去ログ
at 2017-09-09 00:00

最新のトラックバック

ヘミングウェイ「雨の中の猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
高見浩訳「雨のなかの猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
一茶の猫俳句
from ネコと文学と猫ブンガク
「波の塔」の猫
from ネコと文学と猫ブンガク
内田百閒の広告
from ネコと文学と猫ブンガク
キャットサロンの猫
from A Cat, a Camer..
キャットサロン(A Sa..
from 猫と文学と猫ブンガク
日経新聞・フィギュアの世..
from ナチュラル&スローライフ

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます。

ライフログ


芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)


猫に時間の流れる (中公文庫)

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
本・読書

画像一覧

<   2013年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

追悼の文学史

講談社文芸文庫の「追悼の文学史」を借りた。
文芸誌「群像」に掲載された追悼文を年代順に収録してある。
以下、目次。追悼文を寄せられた文士と寄稿した人々。
「佐藤春夫(1892-1964)  江口渙、丸岡明、奥野信太郎、亀井勝一郎、長谷川幸雄、冨沢有為男、丹阿弥谷津子、山本健吉、室生朝子、吉行淳之介、檀一雄、柴田錬三郎、中谷孝雄、高田博厚、石坂洋次郎」
e0265768_19351449.jpg


続きを読む…
[PR]
by suezielily | 2013-09-28 19:34 | 文学

海外でも猫カフェ

日本の猫カフェは元々、台湾が元祖だそうだが、近年、韓国、パリやタイでも日本式の?猫カフェが開業しているそうだ。
e0265768_19292033.jpg


続きを読む…
[PR]
by suezielily | 2013-09-28 19:30 | 猫写真、猫関連

黒猫、ときどき花屋

NHKBSで「黒猫、ときどき花屋」が始まった。
花屋兼カフェで起る人間模様。黒猫がスコティッシュホールドだろうか、とても可愛く賢い。なかなかの演技派。
e0265768_19244596.jpg


続きを読む…
[PR]
by suezielily | 2013-09-28 19:25 | 猫TV,movie

猫のパジャマ

レイ・ブラッドベリ(Ray Bradbury)の「猫のパジャマ」(The Cat’s Pajamas)という短編集を見つけた。驚いたことに表題作は2003年の作品である。 翻訳は中村融氏。
ブラッドベリ作品を読むのは何年ぶりだろうか。ご存命だったっけ??? サリンジャーは数年前に訃報を聞いたが。
最初の取っ掛かりは萩尾望都先生がブラッドベリの短編の数編を漫画化した「10月はたそがれの国」を読んだことだった…と思う。
ついでに言うと、ジャン・コクトーへの入口も「恐るべき子供たち」を萩尾先生が漫画化なさったことで開いてくれた、はずだ。この二人の作家については日本の読者の少なくはない確率で、萩尾先生が契機だと思う。
e0265768_1932823.jpg

猫のパジャマ

レイ ブラッドベリ / 河出書房新社



続きを読む…
[PR]
by suezielily | 2013-09-21 19:34 | 猫写真、猫関連

武田泰淳の映画バラエティ・ブック

 武田泰淳の「タデ食う虫と作家の眼」を借りた。
表紙の武田泰淳の写真に猫が写っているのと、泰淳が書いた映画評が面白いのに惹かれてのことだった。
編者の高橋俊夫氏によると、「この本は、武田泰淳の『私の映画鑑賞法』(朝日新聞社・後に潮出出版社より復刊)をベースに、全集でも読めない映画の撮影現場ルポ、(略)武田泰淳の映画に関する一種のバラエティ・ブックを目指しました。」ということである。
e0265768_23323076.jpg


続きを読む…
[PR]
by suezielily | 2013-09-14 23:33 | TVドラマ、movie

藤田嗣治「猫の本」

藤田嗣治画文集「猫の本」を借りた。
画集未収録作品を中心に約90点の猫の絵とエッセイ、130匹余の猫にこの本でお目にかかれる。
e0265768_23364476.jpg


続きを読む
[PR]
by suezielily | 2013-09-11 23:31 | 猫書籍

松本清張「新開地の事件」


松本清張原作の「新開地の事件」をTVドラマ化した「知られざる動機」の再放送を見た。
藤真利子、吉行和子(お二人はご家族が作家である)、小松方正、高岡健二。
藤真利子の父親役の方のお名前が分らない。刑事役などで良くみた俳優なのだが。
最近、真利子さんが父の藤原莞爾氏との確執があったという再現VTRを見た。
このドラマを見たのは2回目だが、藤さんの再現フィルムを見た後では印象が違った。
父娘の結びつきが強いという内容に、藤さんは感慨深かったのではないか、と。
e0265768_23321174.jpg


続きを読む
[PR]
by suezielily | 2013-09-04 23:30 | TVドラマ、movie