猫を題材にした小説随筆や猫好き作家をご紹介


by suzielily

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
more...

カテゴリ

全体
猫書籍
文学
Cat Salon,猫カフェ
猫写真、猫関連
猫TV,movie
音楽、music
本のまくらquiz
TVドラマ、movie
初めまして introducing
野球、baseball

最新のコメント

cenepaseriさ..
by suezielily at 15:54
「山猫」2回観ました、良..
by cenepaseri at 11:35
LuckySevenSt..
by suezielily at 13:37
ベンガルちゃん もう、..
by LuckySevenStars at 16:17
LuckySevenSt..
by suezielily at 17:32
ベンガルちゃんが交じって..
by LuckySevenStars at 13:44
こんばんは。 ずいぶん..
by suezielily at 17:24
こんばんは。 いい..
by herbatelier at 17:10
LuckySevenSt..
by suezielily at 16:19
昨日の朝日新聞の書評で ..
by LuckySevenStars at 13:35

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
すみやのひとり言・・・
路地猫のひとり言
ヒトは猫のペットである
春待ち日記
たびねこ
ちりめん戯縫
大杉漣の風トラ便り
4にゃん日記+
猫イズム
のらマニア ~長崎ぶらぶら猫~
浅草・銀次親分日記
シェークスピアの猫
ぎんネコ☆はうす
ルドゥーテのバラの庭のブログ
猫と文学とねこブンガク

外部リンク

最新の記事

『怒りの葡萄』新訳 
at 2018-07-13 17:37
坂本一亀とその時代 
at 2018-07-13 17:21
田尻久子「猫はしっぽでしゃべる」
at 2018-07-05 16:41
ランペドゥーサ「山猫」 
at 2018-07-05 14:49
ねこ書籍記事過去ログ
at 2018-07-01 00:00

最新のトラックバック

ヘミングウェイ「雨の中の猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
高見浩訳「雨のなかの猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
一茶の猫俳句
from ネコと文学と猫ブンガク
「波の塔」の猫
from ネコと文学と猫ブンガク
内田百閒の広告
from ネコと文学と猫ブンガク
キャットサロンの猫
from A Cat, a Camer..
キャットサロン(A Sa..
from 猫と文学と猫ブンガク
日経新聞・フィギュアの世..
from ナチュラル&スローライフ

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます。

ライフログ


芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)


猫に時間の流れる (中公文庫)

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
本・読書

画像一覧

深夜食堂の猫

白菜の漬物でお酒を飲む女性の常連客。 売れっ子のTV脚本家。プロデューサーと秘密の恋愛中。
彼女の腕に引掻き傷がある。携帯の画面には白黒の猫。猫を譲ったゲイバーのママは「子猫の時に譲ったから、甘噛みは覚えたはすなのに…ああ、母猫と同じね。焼き餅よ。男の匂い?」
不倫の恋は週刊誌に盗撮された。ホテルに缶詰めで仕事中の彼女は食堂にやってくる。バッグの中には猫。
マスターにご飯を貰った後、突然外に飛び出した。キキーッ。自動車事故に遭う。幸い、足の骨折程度で済んだ。飼い主の恋は終わった。市川実和子、田中哲司出演。タクシー運転手役の蛍雪次郎?も良かった。
「深夜食堂2」が放送終了。 最終話は準レギュラーのオダギリジョーが主演で、黒谷智花、リリーフランキー出演。最後の店内に市川実和子や松重豊(最近のお気に入り役者)ら、過去の出演者が揃い踏み。
他に面白いドラマが無いから、どうしよう、これから。
筒井康隆の「家族八景」もテレビ東京で放送していたらしい。地デジ化で見られなくなった。
原作の大ファンなので、七瀬3部作全て所持。「家族八景」が一番面白く、英訳(完璧な英文。
原作のスピード感が伝わる)も持っているが、紛失。絶版になったそうで、どうにかして入手したい。
「深夜食堂」も元々、テレ東で放映したものだったかも。「家族八景」も民放で放送されるかなあ。




「猫弁」
ドラマ「猫弁」のサイトを見たら、猫の撮影に関しては相当気を配っていたようだ。
原作に「サビ柄の子猫」とあった場面。サビ猫は突然変異種で希少だとは知らなかった。
猫は、寒い時期の子育てを避ける習性があるので撮影時期の1月中旬から2月下旬にかけてサビの子猫が見つかるかどうか、全国レベルで探し出されたとか。
NON STYLEの石田はなかなかの好演。相方が「勘違いキャラ」で売れっ子。1人は役者としても成長株、とはいいコンビだ。
ご遺体の老婆が霊柩車ごと盗難される、靴会社の女社長が自らの誘拐劇を高額の身代金請求を自作自演する。
何やら「天国と地獄」や「大誘拐」を思わせる内容ではあったが。
[PR]
by suezielily | 2012-05-04 18:46 | 猫TV,movie