人気ブログランキング |


猫を題材にした小説随筆や猫好き作家をご紹介


by suzielily

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
more...

カテゴリ

全体
猫書籍
文学
Cat Salon,猫カフェ
猫写真、猫関連
猫TV,movie
音楽、music
本のまくらquiz
TVドラマ、movie
初めまして introducing
野球、baseball

最新のコメント

yuko_in_ki..
by suezielily at 15:52
お久しぶりです!お元気で..
by yuko_in_kichijoji at 13:24
LuckySevenSt..
by suezielily at 16:57
打ちのめされるようなすご..
by LuckySevenStars at 15:27
LuckySevenSt..
by suezielily at 17:08
いよいよ東京も梅雨入りい..
by LuckySevenStars at 12:02
鍵コメ様、コメントありが..
by suezielily at 17:26
marucox0326 ..
by suezielily at 16:05
こんにちわ。 へ~..
by marucox0326 at 18:40
LuckySevenSt..
by suezielily at 15:00

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
すみやのひとり言・・・
路地猫のひとり言
ヒトは猫のペットである
春待ち日記
たびねこ
ちりめん戯縫
4にゃん日記+
猫イズム
のらマニア ~長崎ぶらぶら猫~
浅草・銀次親分日記
シェークスピアの猫
ぎんネコ☆はうす
ルドゥーテのバラの庭のブログ
猫と文学とねこブンガク

外部リンク

最新の記事

イシグロ「A Pale Vi..
at 2019-07-01 15:58
ねこ書籍記事過去ログ
at 2019-07-01 00:00
文学記事過去ログ 
at 2019-07-01 00:00
猫カフェ記事バックナンバー
at 2019-07-01 00:00
代表質問 16のインタビュー
at 2019-06-21 17:11

最新のトラックバック

カズオ・イシグロ「遠い山..
from ネコと文学と猫ブンガク
ヘミングウェイ「雨の中の猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
高見浩訳「雨のなかの猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
一茶の猫俳句
from ネコと文学と猫ブンガク
「波の塔」の猫
from ネコと文学と猫ブンガク
内田百閒の広告
from ネコと文学と猫ブンガク
キャットサロンの猫
from A Cat, a Camer..
キャットサロン(A Sa..
from 猫と文学と猫ブンガク
日経新聞・フィギュアの世..
from ナチュラル&スローライフ

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます。

ライフログ


芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)


猫に時間の流れる (中公文庫)

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
本・読書

画像一覧

小林一茶の猫

岩波文庫の 「新訂 一茶俳句集(丸山一彦校注)を借りた。 寛政、享和、文化、文政の27歳から64歳までの句を収録。一茶が猫を詠んだ句は数多いという。 宝暦十三(1763)~文政十年(1827)年の生涯で何匹の猫と出会い、句に詠まれたのであろう。 
e0265768_13362649.jpg





洗ひ猫、というのが分からない。 猫が自分で身体を洗う、舐めて化粧をすることだろうか、それとも一茶が洗ってやったのだろうか?梅の木の上や縁側で乾かしていた、如月の頃だろうからまだまだ寒い時期だったのかもしれない。
松岡正剛氏の千夜千冊『一茶俳句集』 小林一茶の項では「だからぼくには、こういう知られた動物の句よりも、同じ生き物の句でも、たとえば『猫の子がちょいとおさへる落葉かな』や『一つ蚊のだまってしくりしくりかな』のほうが、ずっといい。」と、ある。知られた句というのは、「我と来て遊べや親のない雀」、「雀の子そこのけそこのけお馬が通る」などのことである。松岡氏の書評にとてもはまっている私であるが、全て引用するととても長くなるので、興味のある人は氏のサイトをご覧頂きたい。
私が一番好きな句は文政十二年、53歳の時に詠まれた「猫の子の命日をとぶ小てふ哉」である。
命日まで覚えているとは、相当その猫を可愛がっていたのであろう。小さな蝶になって一茶の前に現れたような心持ちがしたのであろうか。
「ぽちたま」で数年前、「土曜日のにゃんこ」でつい最近、小林一茶記念館を紹介していた。
近所の飼猫兄妹が開館時間よりも早く遊びに来て、館長さんが鍵を開けてあげていた。まさしく「迎に出たる庵の猫」である。最近放送された記念館映像ではその兄猫の姿が無かった。妹の三毛猫が紅葉の中を散歩する姿に「落葉かな」の句を詠みあげるアナウンサー。
私も詠もう。 「かさかさと 三毛がひとりで 踏む落ち葉」「兄いずこ かげ膳枯葉の お皿かな」…館長がご飯皿を一匹分しか用意していなかったので、勝手に判断して詠んでみたのだが。
以下、一茶の俳句
「火の上を上手にとぶはうかれ猫」「庵の猫玉の盃そこなきぞ」「なの花も猫の通ひぢ吹とぢよ」「あまり鳴て石になるなよ猫の恋」「陽炎にくい/\猫の鼾かな」「蒲公〔英〕の天窓はりつゝ猫の恋」「綿くりやひよろ〔り〕と猫の影法師」「陽炎や猫にもたかる歩行神」「嗅いで見てよしにする也猫の恋」「紅梅にほしておく也洗ひ猫」(自筆本は「紅梅や縁にほしたる洗ひ猫」)」「鼻先に飯粒つけて猫の恋」「猫の子が蚤すりつける榎かな」「うかれ猫奇妙に焦て参りけり」「寝て起て大欠〔伸〕して猫の恋」「大猫の尻尾でじやらかす小てふ哉」(八番日記は中七「尻尾でなぶる」)「猫の子や秤にかゝりつゝざれる」「梅咲やせ(しや)うじに猫の影法師」「猫の子のくる/\舞やちる木のは」「猫の子のほどく手つきや笹粽」(文政句帖は「笹粽猫が上手にほどく也」)「猫の飯相伴するや雀の子」「蝶〔々〕を尻尾でなぶる小猫哉」(文政句帖は中七を「尻尾でざらす」)「しぐるゝや迎に出たる庵の猫」 歩行(あるき)神 ― 人にとりついてそぞろ歩きを誘う神。
While plum blooming, I see the cat’s silhouette of the shadow through the paper screen. 
(translated by suzielily)

一茶俳句集 (岩波文庫)

小林 一茶 / 岩波書店


松岡正剛千夜千冊(8冊セット)

松岡 正剛 / 求龍堂


by suezielily | 2012-05-27 18:54 | 猫書籍