猫を題材にした小説随筆や猫好き作家をご紹介


by suzielily

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
more...

カテゴリ

全体
猫書籍
文学
Cat Salon,猫カフェ
猫写真、猫関連
猫TV,movie
音楽、music
本のまくらquiz
TVドラマ、movie
初めまして introducing
野球、baseball

最新のコメント

LuckySevenS..
by suezielily at 17:21
お美しい猫様たちですこと。
by LuckySevenStars at 12:00
cenepaseriさ..
by suezielily at 15:54
「山猫」2回観ました、良..
by cenepaseri at 11:35
LuckySevenSt..
by suezielily at 13:37
ベンガルちゃん もう、..
by LuckySevenStars at 16:17
LuckySevenSt..
by suezielily at 17:32
ベンガルちゃんが交じって..
by LuckySevenStars at 13:44
こんばんは。 ずいぶん..
by suezielily at 17:24
こんばんは。 いい..
by herbatelier at 17:10

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
すみやのひとり言・・・
路地猫のひとり言
ヒトは猫のペットである
春待ち日記
たびねこ
ちりめん戯縫
大杉漣の風トラ便り
4にゃん日記+
猫イズム
のらマニア ~長崎ぶらぶら猫~
浅草・銀次親分日記
シェークスピアの猫
ぎんネコ☆はうす
ルドゥーテのバラの庭のブログ
猫と文学とねこブンガク

外部リンク

最新の記事

警部補・碓氷弘一 第2弾
at 2018-11-26 16:21
猫カフェ空陸家2018
at 2018-11-14 18:57
サガン「愛は束縛」 
at 2018-11-02 16:53
白石冬美「猫のしっぽ」
at 2018-11-02 16:10
僕とシッポと神楽坂
at 2018-11-01 17:16

最新のトラックバック

ヘミングウェイ「雨の中の猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
高見浩訳「雨のなかの猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
一茶の猫俳句
from ネコと文学と猫ブンガク
「波の塔」の猫
from ネコと文学と猫ブンガク
内田百閒の広告
from ネコと文学と猫ブンガク
キャットサロンの猫
from A Cat, a Camer..
キャットサロン(A Sa..
from 猫と文学と猫ブンガク
日経新聞・フィギュアの世..
from ナチュラル&スローライフ

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます。

ライフログ


芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)


猫に時間の流れる (中公文庫)

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
本・読書

画像一覧

ネコ替え歌

キャンディーズは歌詞曲ともにArtisticだね。 ピンクレディーは阿久、都倉コンビが純文学もやれるのにあえて超エンタメの直木賞狙いましたって印象ですね。
「スコ耳アメショ」(やさしい悪魔)
あの猫はアメショ 耳がペタッとしてる スコ耳アメショ
レースのカーテンに あの猫の爪が 刺さったら 自慢の模様が もう戻らない
鏡に映る ニャがい尻尾の Meow Meow Meow  縞のシルエット
Purr Feline, My Sweet Little Feline Uh…スコ耳アメショ
e0265768_18381897.jpg
e0265768_1837424.jpg





「Paw Claw Tail」(アン・ドゥ・トロワ)
あニャたが 耳をピンと立てれば それは真夜中の 集会合図 小刻みに震える尻尾
誰もしらニャい 嗅覚だから キウイの枝から 取ってきた マタタビに似た 匂いに酔って
Paw Claw Tail 踊りましょうか Paw Claw Tail ニャがれるように
猫は誰でも一度だけ マタタビに酔う時がくる Paw Claw Tail 今がその時 ためらわニャいで
Paw Claw Tail 今がその時 もう戻れニャい もう戻れニャい もう戻れニャい
「ニャぎさのシンガプーラ」(渚のシンドバッド)
Meow Meow Meow Meow, Meow Meow Meow Meow…(繰返し) ああ ニャぎさのシンガプーラ
箱かと思えばまたまたチグラ 浮気ニャ猫ね 爪とぎボード押して運んで 三毛からキジへ
リボンがとってもお似合いですと 肉球さわり ちょいと お兄さん ニャれニャれしいわ
鼻キス盗む早業は 噂どおりだわ あニャたシンガプーラ
Catnip Catnip あニャたのCatnip 私は匂い嗅ぎダウンよ
もうあニャたの 尻尾に 巻きつく (ツタタ、タタタタ タタタタ、)Meow!
「猫の気配」(秋の気配)
あれがあニャたの好きニャ場所 みニャとが見下ろせる大佛記念館
「お宅は今」と聞いて「14」 「それはウチより多い」と答え
大佛と画家の会話 猫好きのほんのひととき
こんニャ会話 猫好きニャらでは 「猫」の主語抜きで通じてしまう トータル500は飼ってた次郎
ああ葬儀の席でも 猫が膝に乗る(ああ猫が)
吉良の家老 猫飼ってた それは大佛の創作したこと それは大佛のキャラ作り
こんニャことは今までニャかった 忠臣蔵にぃぃー 猫が出る

解説(が必要な時点で替え歌になっていない…)
大佛次郎記念館は横浜の港の見える公園にあるとかで?、それとオフコースの名曲を引っ掛けました。 地元民様、突っ込みどうぞ! 大佛氏と画家の会話は実話。 生涯で500匹は飼っていたらしい。知人の葬儀の席で猫が出入りしていたとかで、自分の葬儀もそうなるだろう、と。 忠臣蔵の舞台の脚本で吉良の家老が保守的で質実な性格を表現しようとして猫を飼っている、という設定にしたそうです。 それ以降、他の脚本家が書いた忠臣蔵でもその人物が猫を飼っているという固定観念(という表現でいいのか?)が出来たらしい。
余談ですが、和宮が徳川家婚家の際に替え玉が、というのも有吉佐和子の小説以降、定説になりましたね。

e0265768_18375428.jpg

e0265768_18382896.jpg
e0265768_18384354.jpg

[PR]
by suezielily | 2012-08-02 18:38 | 猫写真、猫関連