猫を題材にした小説随筆や猫好き作家をご紹介


by suzielily

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
more...

カテゴリ

全体
猫書籍
文学
Cat Salon,猫カフェ
猫写真、猫関連
猫TV,movie
音楽、music
本のまくらquiz
TVドラマ、movie
初めまして introducing
野球、baseball

最新のコメント

LuckySevenS..
by suezielily at 17:21
お美しい猫様たちですこと。
by LuckySevenStars at 12:00
cenepaseriさ..
by suezielily at 15:54
「山猫」2回観ました、良..
by cenepaseri at 11:35
LuckySevenSt..
by suezielily at 13:37
ベンガルちゃん もう、..
by LuckySevenStars at 16:17
LuckySevenSt..
by suezielily at 17:32
ベンガルちゃんが交じって..
by LuckySevenStars at 13:44
こんばんは。 ずいぶん..
by suezielily at 17:24
こんばんは。 いい..
by herbatelier at 17:10

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
すみやのひとり言・・・
路地猫のひとり言
ヒトは猫のペットである
春待ち日記
たびねこ
ちりめん戯縫
大杉漣の風トラ便り
4にゃん日記+
猫イズム
のらマニア ~長崎ぶらぶら猫~
浅草・銀次親分日記
シェークスピアの猫
ぎんネコ☆はうす
ルドゥーテのバラの庭のブログ
猫と文学とねこブンガク

外部リンク

最新の記事

警部補・碓氷弘一 第2弾
at 2018-11-26 16:21
猫カフェ空陸家2018
at 2018-11-14 18:57
サガン「愛は束縛」 
at 2018-11-02 16:53
白石冬美「猫のしっぽ」
at 2018-11-02 16:10
僕とシッポと神楽坂
at 2018-11-01 17:16

最新のトラックバック

ヘミングウェイ「雨の中の猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
高見浩訳「雨のなかの猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
一茶の猫俳句
from ネコと文学と猫ブンガク
「波の塔」の猫
from ネコと文学と猫ブンガク
内田百閒の広告
from ネコと文学と猫ブンガク
キャットサロンの猫
from A Cat, a Camer..
キャットサロン(A Sa..
from 猫と文学と猫ブンガク
日経新聞・フィギュアの世..
from ナチュラル&スローライフ

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます。

ライフログ


芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)


猫に時間の流れる (中公文庫)

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
本・読書

画像一覧

ミランダの猫

米人気ドラマのSATCの非公式ガイドを所持している。 N・Yのキャリアウーマン4人の華麗で過激な生活。
実際の作者のキャンデアス・ブッシュネル(主人公のコラムニスト・キャリー)のエッセイとは違う。
放送されたドラマのキャスト、粗筋、ファッションなどを1話ずつ紹介。 原文は単語も難しく辞書を引いても載っていないものも多い。
シーズン2の「Four Women and A Funeral」
弁護士のミランダは猫を飼っている。 新しいアパートを購入、以前の住居者は独身女性で孤独死していたらしい。 以下、猫関連の文引用。
e0265768_1571380.jpg

e0265768_1574196.jpg





「When they found the body her cat had eaten half her face.
Disturbed by this story, Miranda begins having panic attacks.
She goes to bed hungry and doesn’t let the cat out of the kitchen for two days.
‘she realized that she wouldn’t die alone, but she kept overfeeding her cat just in case’」

彼女の死体を発見した時、飼い猫が顔の半分を食べてしまっていた。この話に囚われて、ミランダはパニックの襲撃に遭い始めた。空腹でベッドへ行き猫を2日間キッチンから出さない。
「彼女は一人で死なないことに気がついたが、その時に備えて猫に過度に食事を与え続けている」
translated by suzielily
阿部定事件に似ている日本人男性の孤独死(こちらは実話)とは違って、ドラマの中の女性は顔を猫に食べられていた、とは…。
ちなみに赤い口紅が印象的な女性刑事のドラマでも、ヒロインは猫を飼っていた。
猫カフェ元祖のお店
久々に猫カフェ元祖、町田のねこのみせ様Blogを見たら。シンガポールで開業か何らかの形で彼の地の新規ビジネスに関わりたいというご希望が。で、現地に行ったら厳しい事情が色々と。 確かガムや缶飲料も売っていない、大変清潔な街だというのはいいのだろうけど。 それだけではなく宗教や何やら規制が厳しいみたいですね。 台湾で始まった猫カフェというビジネスを日本に導入。 日本独特の展開を見せ、日本の猫カフェというのは100店舗を超える。 元祖様としては、常に新機軸をという意気込みもあったのかもしれないけど。 念の為、他の経営者さん達とねこのみせ様は無関係です、フランチャイズのことではありません。
"ネコキャバではない。【ねこのみせ】シンガポール。"
http://nya-n.jp/mt/blog/2012/07/post-381.html
e0265768_155496.jpg

e0265768_1554185.jpg

[PR]
by suezielily | 2012-08-03 15:07 | 猫TV,movie