猫を題材にした小説随筆や猫好き作家をご紹介


by suzielily

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
more...

カテゴリ

全体
猫書籍
文学
Cat Salon,猫カフェ
猫写真、猫関連
猫TV,movie
音楽、music
本のまくらquiz
TVドラマ、movie
初めまして introducing
野球、baseball

最新のコメント

LuckySevenS..
by suezielily at 17:21
お美しい猫様たちですこと。
by LuckySevenStars at 12:00
cenepaseriさ..
by suezielily at 15:54
「山猫」2回観ました、良..
by cenepaseri at 11:35
LuckySevenSt..
by suezielily at 13:37
ベンガルちゃん もう、..
by LuckySevenStars at 16:17
LuckySevenSt..
by suezielily at 17:32
ベンガルちゃんが交じって..
by LuckySevenStars at 13:44
こんばんは。 ずいぶん..
by suezielily at 17:24
こんばんは。 いい..
by herbatelier at 17:10

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
すみやのひとり言・・・
路地猫のひとり言
ヒトは猫のペットである
春待ち日記
たびねこ
ちりめん戯縫
大杉漣の風トラ便り
4にゃん日記+
猫イズム
のらマニア ~長崎ぶらぶら猫~
浅草・銀次親分日記
シェークスピアの猫
ぎんネコ☆はうす
ルドゥーテのバラの庭のブログ
猫と文学とねこブンガク

外部リンク

最新の記事

警部補・碓氷弘一 第2弾
at 2018-11-26 16:21
猫カフェ空陸家2018
at 2018-11-14 18:57
サガン「愛は束縛」 
at 2018-11-02 16:53
白石冬美「猫のしっぽ」
at 2018-11-02 16:10
僕とシッポと神楽坂
at 2018-11-01 17:16

最新のトラックバック

ヘミングウェイ「雨の中の猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
高見浩訳「雨のなかの猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
一茶の猫俳句
from ネコと文学と猫ブンガク
「波の塔」の猫
from ネコと文学と猫ブンガク
内田百閒の広告
from ネコと文学と猫ブンガク
キャットサロンの猫
from A Cat, a Camer..
キャットサロン(A Sa..
from 猫と文学と猫ブンガク
日経新聞・フィギュアの世..
from ナチュラル&スローライフ

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます。

ライフログ


芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)


猫に時間の流れる (中公文庫)

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
本・読書

画像一覧

Cat in the rain(英文)

 以下、Ernest Hemingwayの‘Cat in the rain’の原文。
ただし、猫が登場する箇所の抜粋。
e0265768_15503423.jpg





The American wife stood at the window looking out. Outside right under their window a cat was crouched under one of the dripping green tables. The cat was trying to make herself so compact that she would not be dripped on.
(略)
‘There was a cat’, said an American girl.
‘Si, il gatto.’
‘A cat?’ the maid laughed. ‘A cat in the rain?’
‘Yes, _’ she said, ‘under the table.’ Then, ‘oh, I wanted it so much. I wanted a kitty’
(略)
‘I wanted it so much,’ she said. ‘I don't know why I wanted it so much. (略)I wanted that poor kitty. It isn't any fun to be a poor kitty out in the rain.’ (略)
‘I want to have a kitty to sit on my lap and purr when I stroke her’
‘And I want to eat at a table with my own silver and I want candles. And I want it to be spring and I want to brush my hair out in front of a mirror and I want a kitty and I want some new clothes.
Anyway, I want a cat. I want a cat. I want a cat now. If I can’t have a long hair or any fun, I can have a cat. ’
猫の性別がわからないのに、妻はsheと決め込んでいる。
可哀想な猫、髪も伸ばせない、自分の銀器やキャンドルも持てない、服も新調できない可哀想な私…
 イタリア旅行の期間は実際にそう長くはなかったようだ。しかし、「白い象のような山並み」と「贈り物のカナリア」といった別の短編からも夫婦の危機が匂わされている。
 題名のCatに定冠詞がついていない。文法の解釈については、他の方がやっておられるので興味のある方は検索してみてね。
 ちなみに、森瑶子がこの作品へのオマージュらしき短編を書いている。そこで書かれた新婚の夫の無関心さはヘミングウエィ作品に似てはいても、妻はもっとアグレッシブだ。
e0265768_15524525.jpg


The First Forty-Nine Stories

Ernest Hemingway / Arrow


ほむら (1961年)

有吉 佐和子 / 講談社


[PR]
by suezielily | 2015-12-28 15:49 | 猫書籍