人気ブログランキング |


猫を題材にした小説随筆や猫好き作家をご紹介


by suzielily

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
more...

カテゴリ

全体
猫書籍
文学
Cat Salon,猫カフェ
猫写真、猫関連
猫TV,movie
音楽、music
本のまくらquiz
TVドラマ、movie
初めまして introducing
野球、baseball

最新のコメント

yuko_in_ki..
by suezielily at 15:52
お久しぶりです!お元気で..
by yuko_in_kichijoji at 13:24
LuckySevenSt..
by suezielily at 16:57
打ちのめされるようなすご..
by LuckySevenStars at 15:27
LuckySevenSt..
by suezielily at 17:08
いよいよ東京も梅雨入りい..
by LuckySevenStars at 12:02
鍵コメ様、コメントありが..
by suezielily at 17:26
marucox0326 ..
by suezielily at 16:05
こんにちわ。 へ~..
by marucox0326 at 18:40
LuckySevenSt..
by suezielily at 15:00

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
すみやのひとり言・・・
路地猫のひとり言
ヒトは猫のペットである
春待ち日記
たびねこ
ちりめん戯縫
4にゃん日記+
猫イズム
のらマニア ~長崎ぶらぶら猫~
浅草・銀次親分日記
シェークスピアの猫
ぎんネコ☆はうす
ルドゥーテのバラの庭のブログ
猫と文学とねこブンガク

外部リンク

最新の記事

イシグロ「A Pale Vi..
at 2019-07-01 15:58
ねこ書籍記事過去ログ
at 2019-07-01 00:00
文学記事過去ログ 
at 2019-07-01 00:00
猫カフェ記事バックナンバー
at 2019-07-01 00:00
代表質問 16のインタビュー
at 2019-06-21 17:11

最新のトラックバック

カズオ・イシグロ「遠い山..
from ネコと文学と猫ブンガク
ヘミングウェイ「雨の中の猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
高見浩訳「雨のなかの猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
一茶の猫俳句
from ネコと文学と猫ブンガク
「波の塔」の猫
from ネコと文学と猫ブンガク
内田百閒の広告
from ネコと文学と猫ブンガク
キャットサロンの猫
from A Cat, a Camer..
キャットサロン(A Sa..
from 猫と文学と猫ブンガク
日経新聞・フィギュアの世..
from ナチュラル&スローライフ

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます。

ライフログ


芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)


猫に時間の流れる (中公文庫)

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
本・読書

画像一覧

柴田元幸訳の「雨のなかの猫」

 アーネスト・ヘミングウェイの『こころ朗らなれ、誰もみな』を借りた。 柴田元幸訳。 
以下、目次の抜粋。

アーネスト・ヘミングウェイ『こころ朗らなれ、誰もみな』(柴田元幸翻訳叢書) SWITCH PUBLISHING
http://www.switch-store.net/SHOP/BO0059.html
「心朗らなれ、誰もみな」 アーネスト・ヘミングウェイ - marginalia
http://d.hatena.ne.jp/abraxasm/20130204/1359971734
「鐘」アイリス・マードック トビーという若者|がお記
https://ameblo.jp/gaogaohuhu/entry-11030395641.html
マンデルバウム・ゲイト ミュリエル・スパーク|リータのブログ
https://ameblo.jp/sayuri8250/entry-11306036623.html


e0265768_15312400.jpg






「清潔な、明かりの心地よい場所/ インディアン村/ 殺し屋たち/ 死者の博物誌/ 君は絶対こうならない / よその国で/ この世の首都/よいライオン/ 闘う者/ 兵士の地元/ 雨のなかの猫/ ギャンブラー、尼僧、ラジオ/ 蝶と戦車/ 世界の光/ いまわれ身を横たえ/ こころ朗らなれ、誰もみな/ 心臓の二つある大きな川 第一部/ 心臓の二つある大きな川 第二部/ 最後の原野」 

以下、高見浩の飜訳との比較。

原文は、以下のとおり。ただし、猫が出る箇所の抜粋。

「Outside right under their window a cat was crouched under one of the dripping green tables. The cat
was trying to make herself so compact that she would not be dripped on.」
高見浩訳「雨のなかの猫」
「その窓の真下、雨滴がしたたり落ちている緑色のテーブルの下に、猫が一匹うずくまっていた。雨滴に濡れまいとして、一生懸命体を丸めている。」
柴田元幸訳「雨のなかの猫」(ヘミングウェイ「こころ朗らなれ、誰もみな」161ページ)
「外の、窓のすぐ下、一匹の猫が雨の滴っている緑のテーブルの下で体を丸くしていた。猫は精一杯体を小さくして雨が垂れてこないように努めていた。」
「 ‘I want to have a kitty to sit on my lap and purr when I stroke her’」
高見浩訳
「『膝にのせて撫でてやると喉をゴロゴロ鳴らすような、そんな子猫もほしいし』」
柴田元幸訳(「こころ朗らなれ、誰もみな」164-165ページ)
「『仔猫を膝に載せて、撫でたら喉を鳴らしてほしいのよ』」
「‘And I want to eat at a table with my own silver and I want candles. And I want it to be spring and I want to brush my hair out in front of a mirror and I want a kitty and I want some new clothes. (…)
Anyway, I want a cat. I want a cat. I want a cat now. If I can’t have a long hair or any fun, I can have a cat. ’」
高見浩訳
「『それにあたし、自分の銀器がちゃんと揃ったテーブルでお食事がしたいし、(略)それに子猫もほしいし、新しいドレスも何着かほしい』(略)『猫がほしい。いますぐに猫がほしい。髪をのばして楽しめないなら、せめて猫を飼ったっていいじゃない』」
柴田元幸訳
「『そしてテーブルに座って自分の食器で食べたいし(略)仔猫も欲しいし新しい服も欲しいのよ』(略)『猫が欲しい。猫がいま欲しい。髪も伸ばせなくても面白いこともなくても、猫を手に入れることならできる』」
 
猫の登場部分は、大きな違いはないが「銀器」「ドレスも何着か」を高見浩のほうが忠実に訳している。
また、夫の反応が高見訳のほうが冷淡に思えるのだが、本文をあたってみてくださいね。


柴田訳の「訳者あとがき」より、抜粋。389―390ページ。
「 もう一人の巨匠フォークナーが、やはり一九二〇年代から三〇年代にかけて、まったく逆に濃密で長大なセンテンス群を構築し、徹底的にアメリカ南部に根ざした作品を書いており、この両者を両極としてアメリカのモダムニズムの文章上の成果が完成するわけだが、後世の作家への見えやすい影響ということで言えば、作家としての優劣とは無関係に、(おそらく何よりもまず単純に『真似しやすい』という理由から)ヘミングウエイの方が大きかったと言えるだろう。」
「たとえば日本の作家でも、小川国夫や筒井康隆はヘミングウエイからの影響を公言しているし(特に筒井康隆は、その文体に魅了されたことをくり返し述べている)、ガルシア=マルケスが『雨のなかの猫』をはじめとしてヘミングウエイの短篇作法を絶賛していることもよく知られている。」
 
マルケスは、ヘミングウエィも勿論だが、フォークナーにも影響されているように思う。「雨のなかの猫」を絶賛、ってやっぱり!彼の短篇にちょいちょい猫が登場するからね。
筒井康隆はむしろ、フォークナーの「意識の流れ」の描写に影響されていないかと思う。


 正直、ヘミングウエイの「男だけの世界」をバラして編集するのは疑問であったが。
また、同じ作品でも高見浩訳のほうがマッチョな感じがしたのは、柴田さんのお人柄が出てるのかも。


e0265768_15283476.jpg



















モンキー ビジネス 2008 Fall vol.3 サリンジャー号

J.D.サリンジャー/ヴィレッジブックス

undefined

鐘 (1977年) (集英社文庫)

アイリス・マードック/集英社

undefined






by suezielily | 2017-08-25 17:18 | 猫書籍 | Trackback
トラックバックURL : https://suzielily.exblog.jp/tb/26003602
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]