猫を題材にした小説随筆や猫好き作家をご紹介


by suzielily

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...

カテゴリ

全体
猫書籍
文学
Cat Salon,猫カフェ
猫写真、猫関連
猫TV,movie
音楽、music
本のまくらquiz
TVドラマ、movie
初めまして introducing
野球、baseball

最新のコメント

LuckySevenS..
by suezielily at 17:21
お美しい猫様たちですこと。
by LuckySevenStars at 12:00
cenepaseriさ..
by suezielily at 15:54
「山猫」2回観ました、良..
by cenepaseri at 11:35
LuckySevenSt..
by suezielily at 13:37
ベンガルちゃん もう、..
by LuckySevenStars at 16:17
LuckySevenSt..
by suezielily at 17:32
ベンガルちゃんが交じって..
by LuckySevenStars at 13:44
こんばんは。 ずいぶん..
by suezielily at 17:24
こんばんは。 いい..
by herbatelier at 17:10

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
すみやのひとり言・・・
路地猫のひとり言
ヒトは猫のペットである
春待ち日記
たびねこ
ちりめん戯縫
大杉漣の風トラ便り
4にゃん日記+
猫イズム
のらマニア ~長崎ぶらぶら猫~
浅草・銀次親分日記
シェークスピアの猫
ぎんネコ☆はうす
ルドゥーテのバラの庭のブログ
猫と文学とねこブンガク

外部リンク

最新の記事

関川夏央「猫たちの合唱」
at 2018-10-15 18:13
猫は迷探偵
at 2018-10-15 18:03
サガン「悲しみよ こんにちは」
at 2018-10-05 17:58
猫カフェ記事バックナンバー
at 2018-10-01 16:46
ねこ書籍記事過去ログ
at 2018-10-01 00:00

最新のトラックバック

ヘミングウェイ「雨の中の猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
高見浩訳「雨のなかの猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
一茶の猫俳句
from ネコと文学と猫ブンガク
「波の塔」の猫
from ネコと文学と猫ブンガク
内田百閒の広告
from ネコと文学と猫ブンガク
キャットサロンの猫
from A Cat, a Camer..
キャットサロン(A Sa..
from 猫と文学と猫ブンガク
日経新聞・フィギュアの世..
from ナチュラル&スローライフ

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます。

ライフログ


芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)


猫に時間の流れる (中公文庫)

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
本・読書

画像一覧

名画のなかの猫 


アンガス・ハイランド/著 キャロライン・ロバーツ/著 喜多直子/訳

https://e-hon.cloudpages.jp/viewer/asp/9784_7678_24475
http://xknowledge-books.jp/ipscs-book/BooksApp?act=book&isbn=9784767824475
https://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000033734451&Action_id=121&Sza_id=E1



e0265768_16431929.jpg











ジュール・ベルヌの言葉がかっこいい。

「ウォーホル、ゴヤ、ホックニー、国芳、ダ・ヴィンチ、クレー…...
誇り高く、自由に生きる猫の姿は、古今東西のアーティストたちを魅了してきました。
謎めいていてクール、しかしたまらなく愛らしい猫たちの絵をコレクションした、ギフトにもぴったりの一冊。 」

以下、本文より抜粋。
50-51p 「フランツ・マルク  FRANZ MARC 白猫」より。
「 1912年
(略)からだをまるめたフランツの白猫は、(略)
目の色は確認できないが、白猫だからおそらく青色か黄色、あるいは左右で色が異なるオッドアイだったはずだ。青い瞳なら聴覚に障害があったかもしれないし、オッドアイならもしかすると『デヴイッド・ボウイ』という名前だったかもしれない。」
 
 
 第一次世界大戦で戦死したというマルクが名づけた白猫が『デヴイッド・ボウイ』という名前だったわけはないのだが、この画家はドイツの人だったのだろうか。
そうならば、本書の著者のアンガス・ハイランドの白猫→オッドアイ→デヴイッド・ボウイという妄想はボウイファンとしては楽しい。
ドイツで音楽活動をやっていた時期はロックファンには周知のこと。
よくご存知だなあ、ハイランド氏にファンレターを書きたくなる。
ただ、ボウイが猫好きだったかどうかは分からない。多分、違う。


わわ。下の↓ いいラインナップだな。ネオアコ三昧。

アダムアントのプスインブーツの猫さん映像。イメージと違うけど、子猫だし。


e0265768_13031015.jpg

e0265768_13033548.jpg

e0265768_13031749.jpg

e0265768_13032778.jpg


e0265768_17052913.jpg














ワーキング・ウィズ・ファイアー・アンド・スティール

チャイナ・クライシス/EMIミュージック・ジャパン

undefined


ネオ・アコースティック・ドリーム~ジャスト・ア・ガール

オムニバス,カラー・フィールド,チャイナ・クライシス,ペイル・ファウンテンズ,エヴリシング・バット・ザ・ガール,スミス,スタイル・カウンシル,プリファブ・スプラウト,XTC,ヘアカット100,ファーマーズ・ボーイズ/EMIミュージック・ジャパン

undefined




ホックニーが語るホックニー (パルコ・ピクチャーバックス)

デヴィッド・ホックニー,ニコス・スタンゴス/Parco出版局

undefined










[PR]
by suezielily | 2018-06-06 17:10 | 猫書籍