猫を題材にした小説随筆や猫好き作家をご紹介


by suzielily

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...

カテゴリ

全体
猫書籍
文学
Cat Salon,猫カフェ
猫写真、猫関連
猫TV,movie
音楽、music
本のまくらquiz
TVドラマ、movie
初めまして introducing
野球、baseball

最新のコメント

こんばんは。 ずいぶん..
by suezielily at 17:24
こんばんは。 いい..
by herbatelier at 17:10
LuckySevenSt..
by suezielily at 16:19
昨日の朝日新聞の書評で ..
by LuckySevenStars at 13:35
nobikunJ さま..
by suezielily at 16:26
nanako-729 さ..
by suezielily at 16:23
遅くなりましたが、新年お..
by nobikunJ at 08:30
こんばんは! 今年も可..
by nanako-729 at 21:01
nobikunJさま ..
by suezielily at 16:22
Richard Brau..
by nobikunJ at 18:04

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
すみやのひとり言・・・
路地猫のひとり言
ヒトは猫のペットである
春待ち日記
たびねこ
ちりめん戯縫
大杉漣の風トラ便り
4にゃん日記+
猫イズム
のらマニア ~長崎ぶらぶら猫~
浅草・銀次親分日記
シェークスピアの猫
ぎんネコ☆はうす
ルドゥーテのバラの庭のブログ
猫と文学とねこブンガク

外部リンク

最新の記事

保坂和志「ハレルヤ」 
at 2018-05-11 17:26
おっさんずラブ
at 2018-05-09 18:24
美しく、狂おしく 岩下志麻の..
at 2018-05-05 17:13
ねこ書籍記事過去ログ
at 2018-05-04 00:00
澁澤龍彦論コレクションⅠ
at 2018-05-01 16:19

最新のトラックバック

ヘミングウェイ「雨の中の猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
高見浩訳「雨のなかの猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
一茶の猫俳句
from ネコと文学と猫ブンガク
「波の塔」の猫
from ネコと文学と猫ブンガク
内田百閒の広告
from ネコと文学と猫ブンガク
キャットサロンの猫
from A Cat, a Camer..
キャットサロン(A Sa..
from 猫と文学と猫ブンガク
日経新聞・フィギュアの世..
from ナチュラル&スローライフ

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます。

ライフログ


芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)


猫に時間の流れる (中公文庫)

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
本・読書

画像一覧

猫の文学館1

猫の文学館1 ─世界は今、猫のものになる - 和田 博文  筑摩書房

以下、目次の抜粋。
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480434463/
https://blog.goo.ne.jp/marifle1010/e/bde01228e4181cf092b76782ab47ef0b
http://dazzle223.hatenablog.com/entry/2017/06/28/004603


e0265768_16522221.jpg







「1 のら猫・外猫・飼い猫  2 仔猫がふえる!  3 猫も夢を見る  4 猫には何軒の家がある?  5 そんなにねずみが食べたいか
6 パリの猫、アテネの猫   編者エッセイ 猫が宿る日本語」
大佛次郎、寺田寅彦、太宰治、鴨居羊子、向田邦子、村上春樹など。

『猫の文学館 II』
「1 死んだ猫のゆくえ 2 ペット・ロス症候群 3 猫の精霊ばかりが住む町  4 化け猫と不思議な話 5 猫の一族 」
 
 どちらも未読ですが、収録作品に既読のものもいくつか。

 相島に行きました。
猫が多いことで有名ですが、「地球ドラマチック  ダーウィンが来た!」や「しむら動物園」で相島の猫が紹介されたためか、観光客が大変増えていました。
最終便の船が満席で、臨時便が出る事態に。
猫は昨年より多かったように思います。大人ねこになりかけの1歳未満の子が多かったかニャ?

伊野尾だっけ、ジャニーズの。建築学科出てる人。彼が相島に来たのが大きかったかもね。
その伊野尾クン、山口達也先輩の事件のためにフジテレビの朝のニュース(レギュラー出演)でベテランアナウンサー氏にコメントを振られて、困惑気味でしたがな。
家政夫のミタゾノも始まったばかりというのに、同じトキオの松岡昌弘も大変でんがな。前回の出演者、清水冨美香(漢字わからん)もあのような事態で。


e0265768_16500511.jpg



e0265768_17055641.jpg




e0265768_16494626.jpg




e0265768_16523125.jpg



e0265768_16495685.jpg

猫の文学館I: 世界は今、猫のものになる (ちくま文庫)

和田 博文(編集)/筑摩書房

undefined


猫の文学館II: この世界の境界を越える猫 (ちくま文庫)

和田 博文(編集)/筑摩書房

undefined





[PR]
by suezielily | 2018-04-28 17:03 | 猫書籍