猫を題材にした小説随筆や猫好き作家をご紹介


by suzielily

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
more...

カテゴリ

全体
猫書籍
文学
Cat Salon,猫カフェ
猫写真、猫関連
猫TV,movie
音楽、music
本のまくらquiz
TVドラマ、movie
初めまして introducing
野球、baseball

最新のコメント

LuckySevenS..
by suezielily at 17:21
お美しい猫様たちですこと。
by LuckySevenStars at 12:00
cenepaseriさ..
by suezielily at 15:54
「山猫」2回観ました、良..
by cenepaseri at 11:35
LuckySevenSt..
by suezielily at 13:37
ベンガルちゃん もう、..
by LuckySevenStars at 16:17
LuckySevenSt..
by suezielily at 17:32
ベンガルちゃんが交じって..
by LuckySevenStars at 13:44
こんばんは。 ずいぶん..
by suezielily at 17:24
こんばんは。 いい..
by herbatelier at 17:10

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
すみやのひとり言・・・
路地猫のひとり言
ヒトは猫のペットである
春待ち日記
たびねこ
ちりめん戯縫
大杉漣の風トラ便り
4にゃん日記+
猫イズム
のらマニア ~長崎ぶらぶら猫~
浅草・銀次親分日記
シェークスピアの猫
ぎんネコ☆はうす
ルドゥーテのバラの庭のブログ
猫と文学とねこブンガク

外部リンク

最新の記事

警部補・碓氷弘一 第2弾
at 2018-11-26 16:21
猫カフェ空陸家2018
at 2018-11-14 18:57
サガン「愛は束縛」 
at 2018-11-02 16:53
白石冬美「猫のしっぽ」
at 2018-11-02 16:10
僕とシッポと神楽坂
at 2018-11-01 17:16

最新のトラックバック

ヘミングウェイ「雨の中の猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
高見浩訳「雨のなかの猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
一茶の猫俳句
from ネコと文学と猫ブンガク
「波の塔」の猫
from ネコと文学と猫ブンガク
内田百閒の広告
from ネコと文学と猫ブンガク
キャットサロンの猫
from A Cat, a Camer..
キャットサロン(A Sa..
from 猫と文学と猫ブンガク
日経新聞・フィギュアの世..
from ナチュラル&スローライフ

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます。

ライフログ


芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)


猫に時間の流れる (中公文庫)

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
本・読書

画像一覧

澁澤龍彦論コレクションⅠ


巖谷國士の「澁澤龍彦論コレクションⅠ」を借りた。勉誠出版。
以下、本文より抜粋。



e0265768_17060695.jpg











58―59p
「三毛猫が少女に変る。(略)
海辺の光景、(略)東京行きの汽車、猫、(略)マラー暗殺のシーン(シャルロット・コルデーを演じる)、(略)
街路樹、等々。
二十代なかばに肺結核をわずらい、校正で生活の乏しい資を得ていた当時の澁澤龍彦自身をとりまく光景が、なにかしら透明で少年的でモダンな気分のなかで生起し、(略)
のちに『視覚型』を自称するようになる作者にこそふさわしい、目に見える音楽なのだともいえる。
(略)孤独は誰もいない横須賀線の座席の上に三毛猫を実体化させた。
その三毛猫がまた少女になった。」

98―99p
「 その点からすれば、集中のもっとも大きな部分を占める三島由紀夫論のおもしろさ、奇怪さに触れないわけにはいかない。(略)
ことさらに硬いストイックな態度で、奇妙な聖別の対象としているのが三島由紀夫である。
(『三島由紀夫おぼえがき』も参照)。(略)
『愛と、愛する者と、愛される対象との三位一体。』(『円環の渇き』)」
 
澁澤龍彦の文を初めて目にしたのが、三島由紀夫の「音楽」の新潮文庫解説であった。
もし、「音楽」がもっとベストセラーになって流行語になっていたら、若い女性たちの間で、
「ゆうべ、アタシ音楽聞いちゃったのよ…」などといった独白がバーのスタンドなどで聞かれたかもしれない、などという描写が印象的であった。
のちに、「三島由紀夫おぼえがき」を書店で手にとって、購入して読んで澁澤龍彦にもまた、惹かれた。
あ、あの解説を書いていた人だった、と気がついて嬉しかった。
こういった思いがけない場所での作家との「再会」は、高校生の頃に模擬試験の中に坂口安吾の「桜の森の満開の下」の、ほぼ最後の場面に強烈な印象をうけ、(試験の出来はどうだったのか、覚えていないのに)その数年後、図書室の書架に偶然見つけた時と同じくらい、嬉しかった。

e0265768_17062467.jpg
e0265768_15490728.jpg
e0265768_15491816.jpg
e0265768_15493175.jpg
e0265768_15481661.jpg
e0265768_15482568.jpg
e0265768_15475796.jpg



[PR]
by suezielily | 2018-05-01 16:19 | 文学