猫を題材にした小説随筆や猫好き作家をご紹介


by suzielily

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
more...

カテゴリ

全体
猫書籍
文学
Cat Salon,猫カフェ
猫写真、猫関連
猫TV,movie
音楽、music
本のまくらquiz
TVドラマ、movie
初めまして introducing
野球、baseball

最新のコメント

LuckySevenS..
by suezielily at 17:21
お美しい猫様たちですこと。
by LuckySevenStars at 12:00
cenepaseriさ..
by suezielily at 15:54
「山猫」2回観ました、良..
by cenepaseri at 11:35
LuckySevenSt..
by suezielily at 13:37
ベンガルちゃん もう、..
by LuckySevenStars at 16:17
LuckySevenSt..
by suezielily at 17:32
ベンガルちゃんが交じって..
by LuckySevenStars at 13:44
こんばんは。 ずいぶん..
by suezielily at 17:24
こんばんは。 いい..
by herbatelier at 17:10

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
すみやのひとり言・・・
路地猫のひとり言
ヒトは猫のペットである
春待ち日記
たびねこ
ちりめん戯縫
大杉漣の風トラ便り
4にゃん日記+
猫イズム
のらマニア ~長崎ぶらぶら猫~
浅草・銀次親分日記
シェークスピアの猫
ぎんネコ☆はうす
ルドゥーテのバラの庭のブログ
猫と文学とねこブンガク

外部リンク

最新の記事

有吉佐和子「日本の島々、昔と..
at 2018-08-12 16:57
文学記事過去ログ
at 2018-08-04 00:00
紺野耕「猫を科学する」
at 2018-08-03 17:04
ねこ書籍記事過去ログ
at 2018-08-01 00:00
サルトル「自由への道1」
at 2018-07-27 17:03

最新のトラックバック

ヘミングウェイ「雨の中の猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
高見浩訳「雨のなかの猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
一茶の猫俳句
from ネコと文学と猫ブンガク
「波の塔」の猫
from ネコと文学と猫ブンガク
内田百閒の広告
from ネコと文学と猫ブンガク
キャットサロンの猫
from A Cat, a Camer..
キャットサロン(A Sa..
from 猫と文学と猫ブンガク
日経新聞・フィギュアの世..
from ナチュラル&スローライフ

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます。

ライフログ


芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)


猫に時間の流れる (中公文庫)

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
本・読書

画像一覧

フォースター「ハワーズ・エンド」


E・M・フォースターの「ハワーズ・エンド」、吉田健一訳、河出書房新社。
池澤夏樹=個人編集 。”Howards End “、 E. M. Forster



e0265768_16410082.jpg












原文より抜粋。
「Chapter10
(......) "Come down with me to Howards End now," she said, more vehemently than ever. "I want you to see it. You have never seen it. I want to hear what you say about it, for you do put things so wonderfully."」
同じ箇所の和訳。
115p 第10章
「(略)『これからわたしといっしょにハワーズ・エンドまでいらっしゃいませんか』と夫人はそれまでと同じ烈しい調子でいった。『わたしはあなたにあの家をお見せしたいんです。まだあなたはごらんになったことがないでしょう。あなたはどんなことでも実によく言い表すことがおできになるから、あなたがなんとおっしゃるか伺いたいんです』」
 
「Chapter 26
(......) A cat looked up at her window and mewed. (......)
Her reflections were disturbed by the quiet child, who had come out to speak to the cat, but was now watching her watch the men.」

303―305p 26章
「(略)猫が一匹、マーガレットが立っている窓を見上げて鳴いた。(略)
そこへ例のおとなしい女の子が現われて、初めはそれは猫に話しかけるためだったが、そのうちに窓から男たちのほうを見ているマーガレットを観察し始めた。」


 以下、ジェイムス・アイヴォリー監督の映画版で大変印象的だった一行。
「Chapter 8
(......)…at the west of the house, just beyond the chestnut tree, in a paddock where the pony used to be…」
p97  第8章
 「『ええ、家の西側にあの楡の木があって、その傍に小馬の囲いができていた所に(略)』 」
 

 原文と和訳を先に読んでいたとしても、特に気に留めなかった箇所だろう。
私はアイヴォリー監督の映画版を先に見ていた。
ヴァネッサ・レッドグレーヴの演じたルースが、この台詞に息吹を与えたのだ。なんと美しい発声、優雅な響き。

以前、スコットランド人のALTに「貴方たちUKの人にとって、ヴァネッサとジュディ・デンチ、どちらがより『女優のなかの女優』なの」と聞いてみた。
「難しい質問だ!僕はジュディが好きだけど、多分ヴァネッサだろう」という返事だった。


 映画を先に見ていて良かったと思う。それなりに大きな事件は起こるが、人間関係がやや複雑で、小説を先に読もうとしてもなかなか頭に入らなかったかもしれない。
映画を最初に見たのは随分前のことであるが、映画の内容を思い出しながら読んでいる次第。

アイヴォリー監督はアメリカ人、プロデューサーのイスマール・マーチャントはインド人。
後にこの「マーチャント・アイヴォリイ・プロダクション」でカズオ・イシグロ原作の「日の名残り」を撮ったコンビでもある。
アンソニー・ホプキンス、エマ・トンプソン主演。
「ハワーズ・エンド」ではヘンリー・ウィルコックス、マーガレット・シュレーゲルを演じた二人である。

カズオ・イシグロはフォースターよりも若い世代であるが、(以下、WIKIより)
「1989年、英国貴族邸の老執事が語り手となった第3作『日の名残り』(原題:The Remains of the Day)で英語圏最高の文学賞とされるブッカー賞を35歳の若さで受賞」ということである。
フォースターの「眺めのいい部屋」、「モーリス」。「ハワーズ・エンド」の3部作を英国人ではない監督、製作者が撮り、
また同じコンビが日本の長崎出身の作家が書いた英国の貴族社会を撮る。英国人のD・リーン監督が撮ったフォースター原作の「インドへの道」が正直、アイヴォリー作品ほどの出来ではなかったことも併せて、印象深い。


e0265768_16415253.jpg
e0265768_16411909.jpg
e0265768_16413354.jpg

e0265768_16411120.jpg

e0265768_17071238.jpg
e0265768_17065440.jpg


ジュリア [DVD]

ジェーン・フォンダ,ヴァネッサ・レッドグレーヴ,ジェイソン・ロバーズ,ハル・ホルブルック,マクシミリアン・シェル/20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

undefined





The Remains of the Day

Kazuo Ishiguro/Faber & Faber

undefined


[PR]
by suezielily | 2018-06-18 17:07 | 文学