猫を題材にした小説随筆や猫好き作家をご紹介


by suzielily

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
more...

カテゴリ

全体
猫書籍
文学
Cat Salon,猫カフェ
猫写真、猫関連
猫TV,movie
音楽、music
本のまくらquiz
TVドラマ、movie
初めまして introducing
野球、baseball

最新のコメント

LuckySevenS..
by suezielily at 17:21
お美しい猫様たちですこと。
by LuckySevenStars at 12:00
cenepaseriさ..
by suezielily at 15:54
「山猫」2回観ました、良..
by cenepaseri at 11:35
LuckySevenSt..
by suezielily at 13:37
ベンガルちゃん もう、..
by LuckySevenStars at 16:17
LuckySevenSt..
by suezielily at 17:32
ベンガルちゃんが交じって..
by LuckySevenStars at 13:44
こんばんは。 ずいぶん..
by suezielily at 17:24
こんばんは。 いい..
by herbatelier at 17:10

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
すみやのひとり言・・・
路地猫のひとり言
ヒトは猫のペットである
春待ち日記
たびねこ
ちりめん戯縫
大杉漣の風トラ便り
4にゃん日記+
猫イズム
のらマニア ~長崎ぶらぶら猫~
浅草・銀次親分日記
シェークスピアの猫
ぎんネコ☆はうす
ルドゥーテのバラの庭のブログ
猫と文学とねこブンガク

外部リンク

最新の記事

有吉佐和子「日本の島々、昔と..
at 2018-08-12 16:57
文学記事過去ログ
at 2018-08-04 00:00
紺野耕「猫を科学する」
at 2018-08-03 17:04
ねこ書籍記事過去ログ
at 2018-08-01 00:00
サルトル「自由への道1」
at 2018-07-27 17:03

最新のトラックバック

ヘミングウェイ「雨の中の猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
高見浩訳「雨のなかの猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
一茶の猫俳句
from ネコと文学と猫ブンガク
「波の塔」の猫
from ネコと文学と猫ブンガク
内田百閒の広告
from ネコと文学と猫ブンガク
キャットサロンの猫
from A Cat, a Camer..
キャットサロン(A Sa..
from 猫と文学と猫ブンガク
日経新聞・フィギュアの世..
from ナチュラル&スローライフ

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます。

ライフログ


芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)


猫に時間の流れる (中公文庫)

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
本・読書

画像一覧

『怒りの葡萄』新訳 

 
 スタインベックの「怒りの葡萄 」の新訳を読んだ。黒原敏行訳、ハヤカワepi文庫。
”The Grapes of Wrath”
John Steinbeck
以下、本文より抜粋。

http://www.kokusyo.jp/book/9347/
http://d.hatena.ne.jp/u-book/20160927/1474955007


e0265768_16400965.jpg







 
79p
「 大きな瘠せた灰色の猫が一匹、納屋からそっと出てきて、(略)
しげみに入りこんだ。
音もなくポーチに跳びあがってきて、(略)
ふたりの男のほうへ歩いてきた。(略)
 トムは振り返って猫を見た。『なんだ、おまえか!居残っているやつもいるんだな』(略)
猫は跳びすさって手の届かないところへ坐り、(略)
肉球をなめはじめた。(略)
『何がおかしいかわかったよ。この猫のおかげで』
(略)『(略)なんでこいつがよその家へ宿替えしないのか。(略)』」


原文より、抜粋。
http://nisbah.com/summer_reading/grapes_of_wrath_john_steinbeck2.pdf

「A lean gray cat came sneaking out of the barn and crept through the cotton plants to the end of the porch.
It leaped silently up to the porch and crept low-belly toward the men.
It came to a place between and behind the two, and then it sat down, and its tail stretched out straight and flat to the floor, and the last inch of it flicked.
The cat sat and looked off into the distance where the men were looking.
Joad glanced around at it. "By God! Look who's here.
Somebody stayed.
" He put out his hand, but the cat leaped away out of reach and sat down and licked the pads of its lifted paw. Joad looked at it, and his face was puzzled. "I know what's the matter," he cried.
"That cat jus' made me figger what's wrong."
"Seems to me there's lots wrong," said Casy.
"No, it's more'n jus' this place.
Whyn't that cat jus' move in with some neighbors—with the Rances. How come nobody ripped some lumber off this house? Ain't been nobody here for three-four months, an' nobody's stole no lumber.
Nice planks on the barn shed, plenty good planks on the house, winda frames—an' nobody's took 'em. That ain't right. That's what was botherin' me, an' I couldn't catch hold of her."」

 
grapes_of_wrath_john_steinbeck2
29-30/313
Chapter 6
「(…) The cat crept close between the men again, and its tail lay flat and its whiskers jerked now and then. The sun dropped low toward the horizon and the dusty air was red and golden. The cat reached out a gray questioning paw and touched Joad's coat.
He looked around. "Hell, I forgot the turtle. I ain't gonna pack it all over hell." He unwrapped the land turtle and pushed it under the house. But in a moment it was out, headed southwest as it had been from the first. The cat leaped at it and struck at its straining head and slashed at its moving feet. The old, hard, humorous head was pulled in, and the thick tail slapped in under the shell, and when the cat grew tired of waiting for it and walked off, the turtle headed on southwest again.
Young Tom Joad and the preacher watched the turtle go—waving its legs and boosting its heavy, high-domed shell along toward the southwest. The cat crept along behind for a while, but in a dozen yards it arched its back to a strong taut bow and yawned, and came stealthily back toward the seated men.」

新訳 上巻 81-82p
「 猫がまたふたりの近くへやってきた。尻尾をぺたりと床につけ、ときどきひげをひくつかせる。(略)
猫が灰色の片手で、不思議そうにトムの上着に触れた。(略)『おっと、カメのことを忘れてた。(略)』
猫が跳びかかり、カメの(略)足に前足で打ちかかった。(略)
猫が待ちくたびれて離れると、カメはまた(略)歩きだした。(略)
猫はしばらく忍び足で背後についていたが、(略)
弓の形に背中を持ちあげてあくびをすると、坐っているふたりの男のそばへ音もなく戻ってきた。(略)」

「(…) The gray cat seated itself between and behind them again. It blinked slowly.
The skin over its shoulders jerked forward under a flea, and then slipped slowly back.
The cat lifted a paw and inspected it, flicked its claws out and in again experimentally, and licked its pads with a shell-pink tongue.」

「(略)灰色の猫はまたふたりの中間の、少しうしろに坐った。ゆっくり瞬きをした。
蚤に咬まれたのか、肩のところの毛皮がぐっと前に滑り、緩慢にもとに戻った。
猫は片方の前足を持ちあげて点検した。
試験的に爪を出したり引っこめたりしてから、薄ピンク色の舌で肉球をなめた。」


大久保康雄訳の新潮文庫版では、下巻しか所持していなかったので上巻の猫が登場する場面には気がついていなかった。

下巻では、ジョード家のおっかさんが食料品店に買物に行って、充分なお金を所持していなかったがために店主(雇われだが)に嫌な目にあわされる。決して意地悪ではなく、彼も立場上仕方なくやっているのだけれども。
その店主に寄り添う「太った三毛猫」がいるのだ。
上巻で登場する猫は、その猫とは対照的な役割である。
出所してきたトム・ジョードが「ジョード家どころか、近隣の家も皆、引き払っている」ということに気がつくのだ、猫が残されていることで。
猫の特徴をつぶさに書いているので、スタインベックもどうやら猫好きらしい。

気になるのは、ほぼ同時代の三人のアメリカ人作家がノーベル文学賞を受賞していることだ。
フォークナー(1949年受賞、生没年1897-1962年)、ヘミングウエイ(1954年受賞、生没年1899―1961年)、スタインベック(1962年受賞、生没年1902―1968年)。
受賞年度は違うけれども。何か…忖度かなあ。

上記のサイトの方は、新訳に手厳しいご意見。
確かに、大久保訳の印象が強いけどね。
黒原敏行氏はフォークナーの「8月の光」も訳しておられる。



e0265768_16401753.jpg

e0265768_16402590.jpg
e0265768_16403385.jpg

e0265768_16404150.jpg
e0265768_16405648.jpg


















情事の終り (新潮文庫)

グレアム グリーン/新潮社

undefined




[PR]
by suezielily | 2018-07-13 17:37 | 文学