猫を題材にした小説随筆や猫好き作家をご紹介


by suzielily

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

以前の記事

2019年 01月
2018年 11月
2018年 10月
more...

カテゴリ

全体
猫書籍
文学
Cat Salon,猫カフェ
猫写真、猫関連
猫TV,movie
音楽、music
本のまくらquiz
TVドラマ、movie
初めまして introducing
野球、baseball

最新のコメント

LuckySevenS..
by suezielily at 17:21
お美しい猫様たちですこと。
by LuckySevenStars at 12:00
cenepaseriさ..
by suezielily at 15:54
「山猫」2回観ました、良..
by cenepaseri at 11:35
LuckySevenSt..
by suezielily at 13:37
ベンガルちゃん もう、..
by LuckySevenStars at 16:17
LuckySevenSt..
by suezielily at 17:32
ベンガルちゃんが交じって..
by LuckySevenStars at 13:44
こんばんは。 ずいぶん..
by suezielily at 17:24
こんばんは。 いい..
by herbatelier at 17:10

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
すみやのひとり言・・・
路地猫のひとり言
ヒトは猫のペットである
春待ち日記
たびねこ
ちりめん戯縫
大杉漣の風トラ便り
4にゃん日記+
猫イズム
のらマニア ~長崎ぶらぶら猫~
浅草・銀次親分日記
シェークスピアの猫
ぎんネコ☆はうす
ルドゥーテのバラの庭のブログ
猫と文学とねこブンガク

外部リンク

最新の記事

趣味どきっ!「不思議な猫世界」
at 2019-01-07 17:38
モンローが死んだ日
at 2019-01-07 17:34
マキューアン『未成年』
at 2019-01-07 16:33
にゃんこ天国 猫のエッセイア..
at 2019-01-07 16:25
猫カフェ記事バックナンバー
at 2019-01-01 15:46

最新のトラックバック

ヘミングウェイ「雨の中の猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
高見浩訳「雨のなかの猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
一茶の猫俳句
from ネコと文学と猫ブンガク
「波の塔」の猫
from ネコと文学と猫ブンガク
内田百閒の広告
from ネコと文学と猫ブンガク
キャットサロンの猫
from A Cat, a Camer..
キャットサロン(A Sa..
from 猫と文学と猫ブンガク
日経新聞・フィギュアの世..
from ナチュラル&スローライフ

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます。

ライフログ


芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)


猫に時間の流れる (中公文庫)

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
本・読書

画像一覧

サルトル「自由への道1」


ジャン・ポール・サルトルの「自由への道」を読んでいる途中。
第一巻は「分別ざかり」
海老坂武、澤田直訳、全6巻、岩波文庫。
 


The Roads to Freedom
https://www.enotes.com/topics/roads-freedom/characters
https://ameblo.jp/classical-literature/entry-10971512601.html
https://www.iwanami.co.jp/book/b270818.html


e0265768_16153942.jpg









以下、岩波のサイトより。

「マチウ,34歳.自由を主義とし,自由を謳歌するパリの高校の哲学教師.その恋人マルセルが妊娠した.堕胎の金策に走り回るマチウ.だがその選択に賛同する友人や家族はなく,彼の生き方の欺瞞,自由の重圧と空虚さが容赦なく突きつけられる.参加=拘束(アンガジュマン)とは? 自由とは? 20世紀小説史を飾るサルトルの長編第2作.(全6冊) 」

以下、本文より抜粋。

「分別ざかり Ⅶ」より
188-189p
「 スキピオが最初に現われた。(略)
猫は厳しい顔つきでダニエルを眺めると、(略)
獰猛なあくびをした。(略)
猫は薄目を閉じて、前脚で袖にじゃれついた。(略)
ダニエルは(略)籠の中に入れた。
スキピオは(略)穏やかにじっとしていた。
次にマルヴィナがやって来た。(略)
ダニエルは他の二匹に比べて嫌っていた。(略)
猫は遠くから喉をゴロゴロ鳴らし、(略)ドアに頭をこすりつけた。(略)
猫は仰向けになって脚をぴんと伸ばしたので、(略)くすぐってやった。(略)
猫は頭を優雅に動かして、左右に体を揺すった。(略)
彼は(略)スキピオの隣に置いた。猫はちょっとびっくりしたようだったが、(略)
また喉をゴロゴロ鳴らしはじめた。(略)
ポッペは(略)彼の姿を見ると、猫は(略)ガスレンジに飛び乗った。
こいつは野良猫で、(略)ダニエルが(略)リュクサンブール公園で見つけて、連れ帰ったのだった。
気が荒くて、(略)ダニエルのお気に入りだ。(略)」


「 第一部 分別ざかり


ワンダ・コザキエヴィッチヘ



 ヴェルサンジェトリクス通りの中ほどで、背の高い男がマチウの腕をつかんだ。向かいの歩道では警官がひとり行き来している。

 『いくらかくれよ、だんだ、腹ぺこなんだ』

 両眼が寄っていて、厚い唇から、アルコールの匂いがする。

 「むしろ飲みたいってことじゃないのか」とマチウが言った。

 「いや本当だよ、おっさん」と男はやっとのことで言った、「本当だよ」

 マチウはポケットの中に百スー硬貨(五フラン)があるのを見つけた。

 「どうでもいいのさ。ちょっと言ってみただけよ」

 マチウは百スーを渡した。

 「やってくれるね」と壁によりかかりながら男は言った、「すげえ願い事をあんたにしてやろう、何がいい」

 二人とも考え込んだ。マチウは言った。

 「あんたにまかせるよ」

 「じゃ、幸福を願っておくぜ」と男は言った。「そら」

 勝ち誇った様子で彼は笑った。警官が近づいてくるのを目にし、マチウは男が心配になった。

 「わかった、それじゃ」

 遠ざかろうとしたが、男はまた彼を掴まえた。

 「足りないな、幸福だけじゃ」と涙声で言った、「足りない」

 「じゃ、これ以上どうしようってんだ!」

 「あんたに何かやりたいのさ......」

 「物乞い容疑でぶち込むぞ」と警官が言った。

 非常に若く、真っ赤な頬をしている。厳しい態度を示そうとしていた。

 「もう三十分ち通行人に付きまとってるぞ」と自信なげに言い足した。

 「物乞いはしてない」とマチウは鋭く言葉をはさんだ、「話をしてるんだ」

 警官は肩をそびやかし、そのまま歩き続けた。男は覚束ない足どりでよろめいている。

警官の姿は目に入りもしなかったようだ。

 「あんたにやるものが見つかった。マドリッドの切手をやろう」

 ポケットから緑色の長方形の葉書を取り出し、マチウに差し出した。マチウは読んだ。

 「CNT連合新聞。エヘンプラーレス二番地。フランス。アナルコ・サンディカリスム委員会。パリ十九区、ベルヴィル通り、四十一番地」。宛名の下に切手が一枚貼ってあった。それもまた緑色で、マドリッドのスタンプが押されている。マチウは手を伸ばした。

 「ありがとう」

 「おいおい、よく見ろよ!」と男は怒って言った、「これは……これはマドリッドだぞ」

 マチウは彼を眺めた。男は感動した様子で、自分の考えを述べようと必死の努力をしている。とうとう諦めて、「マドリッド」とだけ言った。

 「たしかに」

 「あそこに行きたかった、本当に。ただ、うまくいかなかった」

 彼は暗い顔つきになった。「待て」と言って、切手の上をゆっくりと指でなぞった。

 「よし。持ってきな」

 「ありがとう」

 マチウは数歩歩いたが、男に呼び止められた。

 「おい!」

 「なんだい」。男は遠くから百スー硬貨を見せている。

 「今、百スーくれてよこした奴がいる。ラム酒をおごろう」

 「今夜はだめだ」

 マチウはかすかな未練を残しつつ遠ざかった。町なかをバーからバーヘとみんなで一緒にうろつきまわり、誰かれ構わず誘いに応ずることのできた、そんな一時期がかつて彼の人生にあった。今では終わりだ。あの手のことはなんの役にも立ちはしない。愉快な奴だ。スペインに行って戦おうと思ったことがあるんだな。マチウは歩を速め、苛々しながら思った。(いずれにしても、おれたちは何も話し合うことはなかったろう)。彼はポケットから緑色の葉書を取り出した。(これはマドリッドから来たんだが、あいつ宛のものじゃない。誰かが渡したに違いない。くれる前に何度もさわってた。マドリッドから来たからだ)。彼は男の顔と、切手を眺めたときのその表情とを思い出した。熱にとりつかれた奇妙な表情を。マチウもまた、歩くのを止めずに切手を眺めた。それから葉書をポケットにしまい直した。汽笛が鳴った、マチウは(おれも歳だな)と思った。

 十時二十五分だ。早く来てしまった。足を止めずに、顔を向けることさえせずに、ブルーの小さな家の前を通り過ぎた。しかし、横目でちらりと家を見た。どの窓も黒々としているが、デュフェ夫人の部屋だけは別だ。マルセルはまだ玄関のドアを開ける時間がなかったのだ。かがみ込んで、男のような動作で、天蓋付きのダブルベッドの上の母親を毛布でくるみ込んでいる。マチウは暗い気持ちのままだ。(二十九日までやっていくのに残り五百フラン。日に三十フラン、いやそれ以下だ。どうしたらいいのか)。彼はくるっとまわって道を引き返した。

 デュフェ夫人の部屋の電気は消えていた。ほどなく、マルセルの部屋の窓が明るくなった。マチウは車道を横切り、新しい靴の底が鳴らないようにしながら、食料品店に沿って歩いた。ドアはすこし開いている。そっと押すと、ドアは軋んだ。<<水曜日、油差しを持ってきて蝶番の受金に油をすこし差してやろう>>。中に入り、ドアを閉め、暗闇の中で靴を脱いだ。階段はすこし音を立てた。マチウは靴を手に取って、慎重に上った。一段一段、足をおろす前に、親指で段をさぐっていった。(茶番もいいとこだ)と思った。

 踊り場に着く前に、マルセルは部屋のドアを開けた。アイリスの匂いのするバラ色の湯気が部屋の外に噴き出し、階段へと広がった。マルセルは緑のネグリジェを着ている。丸味をおびた柔らかな腰の線が透けて見える。彼は中に入った。いつでも、貝殻の中に入るような気がする。マルセルはドアを閉めて鍵をかけた。マチウは壁の間にはめ込まれている大きな洋服だんすの方に行き、扉を開いて中に靴を置いた。それからマルセルを眺め、何かがうまくいっていないことを見てとった。

 「どうかした?」と低い声でマチウは聞いた。

 「いえ、まあまあよ」と低い声でマルセルは答えた。「で、あなたは?」

 「文無しだ。そのほかはまあまあだ」

 彼はマルセルの首と唇にヰスをした。首は龍涎香の匂いがし、唇は安煙草の匂いがした。マルセルはベッドの縁に座り、自分の脚を眺めはじめた、その間にマチウは服を脱いだ。

 「これはなんだい」とマチウは尋ねた。

 暖炉の上に、見たことのない写真が一枚飾ってある。彼は近づいて見た、ボーイッシュな髪型をした痩せた少女が、きつい顔をしてはにかんで笑っている。男物の背広を着込み、ローヒールの靴を履いている。

 「わたしよ」と顔を上げずにマルセルは答えた。

 マチウは振り向いた。マルセルはネグリジェを肉付きのよい腿の上にたくしあげている。前に身をかがめているので、ずっしりとした乳房のあやうさがネグリジェの下に感じとれた。

 「どこで見つけたの」

 「アルバムの中よ。二八年の夏のだわ」

 マチウは上着を念入りに折りたたみ、洋服だんすの中、靴の横に置いて、尋ねた。

 「家族のアルバムを眺めるようになったのかい」

 「そうじゃないけど、なんていうか、今日、これまでの人生のいろんなことを思い出したくなったの。あなたと知り合いになる前、まだとても丈夫だった頃に、自分がどんなだったかを。持ってきて」

 マチウが写真を持っていくと、彼女は両手でひったくった。彼は横に腰をおろした。

マルセルは身ぶるいし、すこし身体を離した。かすかに微笑みながら写真を眺めている。

 「わたしって、おかしかったのね」と彼女は言った。

 少女はぎこちない姿勢で立ち、公園の柵にもたれている。口を開けていて、やはりこう言っていたに違いない。「おかしい」。同じように屈託がないがぎこちなく、同じように大胆だが図々しさはなく。ただ、少女は若く、痩せている。

 マルセルは頭を左右に振った。

 「おかしいわ! おかしい! この写真はリュクサンブール公園で、薬学部の学生か撮ってくれたの。わたし、ブルゾンを着ているでしょ? ちょうどこの日に買ったもの。次の日曜日にフォッテータブロ上言言難け肘に遠出することになってたから。あーあ……」

 確実に何かがあった。動作がこれほど荒っぽかったことはかつてなかったし、声がこれほど耳ざわりで、これほど男っぽいこともかつてなかった。マルセルはベッドの縁に腰をおろしている、素裸よりもさらに悪く無防備で、バラ色の部屋の奥に置かれた大きな花瓶のようだ。一方で、男のような彼女の声を耳にする、他方でほの暗く強烈な匂いが彼女から立ちのぼってくる、これはかなり耐え難いことだ。マチウは彼女の肩を抱き、自分の方に引き寄せた。

 「懐かしいのかな、あの時代が」

 そっけなくマルセルは言った。

 「あの時代じゃないわ。懐かしんでるのは、わたしが送り得たかもしれない人生」

 マルセルは化学の勉強を始めていたが、病気のために中断した。マチウは思った。

(まるでおれのことを恨んでるみたいだ)。口を開いて問いかけたが、彼女の眼を見て口を閉ざした。悲しげで張りつめた表情で写真を眺めている。

 「わたし肥ったかしら」

 「まあね」

 彼女は肩をそびやかし、ベッドの上に写真を投げ出した。マチウは(たしかに、マルセルは陰気な生活を送ってる)と思った。頬に牛スしようとしたが、彼女は静かに身を振りほどき、ヒステリックな笑いをもらして言った。

 「あれから十年になるのね」

 マチウは思った。(何もしてあげていない)。週に四晩、会いにやって来る。自分がしたことをすべて細かく話して聞かせる。マルセルのほうはあれこれと忠告をしてくれる、真剣な、そしてやや権威的な声で。よくこう言っていた。「わたしは人を介して生きてるの」。彼は尋ねた。

 「きのうは何をした? 外へ出た?」

 マルセルはだるそうで、ゆるやかな動作をした。

 「いいえ。疲れてたの。すこし本を読んだけど、お店のことでしょっちゅうママがやって来て邪魔されたわ」

 「で、今日は?」

 「今日は外に出ました」と不機嫌な顔で彼女は言った。「外の空気を吸って、人と接する必要があるなって感じて。ゲテ通り(パリ左岸、十四区のモンパルナス地区の通り。メーヌ並木道を挟んでヴェルサンジェトリクス通りとほとんどつながる)まで下りてって、面白かったわ。それから、アンドレに会いたかったの」

 「彼女に会った?」

 「ええ。五分間。アンドレのとこを出たら、雨が降りはじめて、なんておかしな六月。それに、いやしい顔をした人ばかり。タクシーに乗って帰ったわ」

 彼女は弱々しく尋ねた。

 「で、あなたは?」

 マチウは話して聞かせる気になれなかった。

 「きのうは、高校に行って最後の授業をした。夕食はジャックの家、いつものように退屈だったね。今朝は会計課に寄って、いくらか前借りできないか調べてもらったけど、どうもだめなようだ。ボーヴェ(パリの北約八十キロにある街)にいたときは、会計係と話がついていたんだけど。それから、イヴィックに会った」

 マルセルは眉を上げて、彼を見た。イヴィックのことをマルセルに話したくなかった。こう付け加えた。

 「イヴィックは今、気持ちがねじれてる」

 「理由は?」

 マルセルの声は強さを取亘戻し、顔は理性的で男っぽくなっている。肥った中東の男のようだ。しぶしぶ彼は言った。

 「落第しそうなんだ」

 「勉強してるって、言ってたじゃない」

 「まあ、そうなんだけど……こう言ってよけりや、イヴィック流のやり方でね。つまり、一冊の本を前にして、身動き一つしないで何時間もじっとしているに違いない。でも、彼女がどんなか知ってるかい、いろんな明証を持ってるんだ。頭がいかれた女と同じだ。十月には、植物学をよく理解していて、試験官も満足してた。」

 


「Mathieu closely resembles his creator.
Like Sartre, he was born in 1905; moreover, both teach philosophy and ponder the meaning of true freedom.
Still another set of characters derives from Sartre’s study of nineteenth century French poets.
Philippe suggests Charles Baudelaire, and Daniel bears some similarity to Arthur Rimbaud.」

上の引用は↑ アメリカの?中高生向けの宿題お助けサイトのようで(スパークスノート Sparks Noteというサイトもそう)、
ダニエルがランボーで、フィリップがボードレールなのかー。
マチュウは明らかにサルトル自身のようです。
で、ダニエル君が猫を三匹飼っていて、その描写が割と多くあるので、どうしてもダニエル君に感情移入してしまう。

マチュウの「夏だ!」という心の声の描写があるので、カミュの「異邦人」を思い出しますね、どうしたって。

ノーベル文学賞受賞しているのに、蹴ったそうです。 かっけー。

サルトルというと、小説家というよりは哲学者のように思っていたので、たまたま手に取った岩波文庫の本書が台詞も多く、割と読み易そうに思った。
実際面白いが、全巻通読する自信はない。登場人物の一人、ダニエルと猫の描写は拾い物だった。
また、ダニエルは男色家のハッテン場というべき遊戯場に出没するという描写もある。もしや、三島由紀夫はこの作品のこの箇所に影響されているのではないか。「禁色」との類似点が見受けられる。 

小説家というよりは哲学者、というように思っていた作家といえば、ニーチェもそうだが、以前米国人の友人に薦められたことがある。「なんか、難しそうだけど」とか返事をした覚えがある。
彼女が以前同級生のカソリック信者に「ニーチェだなんて、神を信じないのか」と咎められた、と言うので
「信仰心と読みたい本は私なら、別物だけどね」と答えたように思う。
彼女も猫がきっかけで知り合ったので、今度サルトルのこの作品の話と「ニーチェを薦めてくれたよね」と、メールしてみようかと思う。



e0265768_16154705.jpg



e0265768_16172858.jpg



e0265768_16163652.jpg

e0265768_16160773.jpg
e0265768_16171066.jpg







サルトル全集 自由への道 第一部・第二部・第三部・第四部(断片) 3冊セット

ジャン ポール・サルトル/人文書院

undefined




Last Chance: Roads to Freedom IV

Jean-Paul Sartre/Continuum

undefined




by suezielily | 2018-07-27 17:03 | 猫書籍