猫を題材にした小説随筆や猫好き作家をご紹介


by suzielily

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
more...

カテゴリ

全体
猫書籍
文学
Cat Salon,猫カフェ
猫写真、猫関連
猫TV,movie
音楽、music
本のまくらquiz
TVドラマ、movie
初めまして introducing
野球、baseball

最新のコメント

LuckySevenS..
by suezielily at 17:21
お美しい猫様たちですこと。
by LuckySevenStars at 12:00
cenepaseriさ..
by suezielily at 15:54
「山猫」2回観ました、良..
by cenepaseri at 11:35
LuckySevenSt..
by suezielily at 13:37
ベンガルちゃん もう、..
by LuckySevenStars at 16:17
LuckySevenSt..
by suezielily at 17:32
ベンガルちゃんが交じって..
by LuckySevenStars at 13:44
こんばんは。 ずいぶん..
by suezielily at 17:24
こんばんは。 いい..
by herbatelier at 17:10

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
すみやのひとり言・・・
路地猫のひとり言
ヒトは猫のペットである
春待ち日記
たびねこ
ちりめん戯縫
大杉漣の風トラ便り
4にゃん日記+
猫イズム
のらマニア ~長崎ぶらぶら猫~
浅草・銀次親分日記
シェークスピアの猫
ぎんネコ☆はうす
ルドゥーテのバラの庭のブログ
猫と文学とねこブンガク

外部リンク

最新の記事

警部補・碓氷弘一 第2弾
at 2018-11-26 16:21
猫カフェ空陸家2018
at 2018-11-14 18:57
サガン「愛は束縛」 
at 2018-11-02 16:53
白石冬美「猫のしっぽ」
at 2018-11-02 16:10
僕とシッポと神楽坂
at 2018-11-01 17:16

最新のトラックバック

ヘミングウェイ「雨の中の猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
高見浩訳「雨のなかの猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
一茶の猫俳句
from ネコと文学と猫ブンガク
「波の塔」の猫
from ネコと文学と猫ブンガク
内田百閒の広告
from ネコと文学と猫ブンガク
キャットサロンの猫
from A Cat, a Camer..
キャットサロン(A Sa..
from 猫と文学と猫ブンガク
日経新聞・フィギュアの世..
from ナチュラル&スローライフ

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます。

ライフログ


芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)


猫に時間の流れる (中公文庫)

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
本・読書

画像一覧

鉄の胡蝶は歳月の記憶に夢を彫るか


 保坂和志の「鉄の胡蝶は歳月の記憶に夢を彫るか」を読んだ。
「群像」2018年8月号掲載。

以下、本文より抜粋。


e0265768_15534135.jpg










「自己像年齢」より
76-77p
「 私は妻と府中のお寺に六年前の今日の夜、(略)
獣医の先生から携帯に電話がかかってきた、先生は預けていたピースが危篤だと私に言った。
 ピースは二月頃から消耗が著しく、(略)
ピースは私にあまり馴れていなかったから私はピースを獣医師に預けた、(略)
ピースの日々は坦々と過ぎていた、私は本来の飼い主にかわってピースをそこに預けた、うまく体力が回復すればもう一度外猫ファミリーの一員として外に置いておくか、あるいは私が家の中で飼うか決めかねていた、(略)
姿を見せないからどこかで死んでしまったかと思っていると本来ピースの世話をしていた家の高い塀の上にいた、
猫はよれよれになっても塀に上っていたりする。
 事情を話せばキリがない、(略)
とりわけピースが大人になっても甘えつづけた母猫に見守られながら息をひきとった。
 その七回忌の供養をしに今日、府中に向っていると、(略)」

毎日新聞2018年8月?日版、「Topics  保坂和志さん短編集  花ちゃんとの最後の日々  『ハレルヤ』記憶や時間、生死問う」より、抜粋。

「[『花ちゃんとの最後の日々は書くことになるんだろうなと思っていました』。
猫好きで知られる小説家の保坂和志さん=写真=が、自宅で18年8カ月寄り添った片目の猫『花ちゃん』についてつづった。
猫に導かれるように書かれた表題作『ハレルヤ』や『生きる歓び』を含む4編(『ハレルヤ』新潮社)。
記憶や時間、生死、小説を書くこと、読むこととは何かを問いかけてくる短編集だ。」
『僕にとって花ちゃんがいかに特別であるか。 
僕は猫のことしか詳しくないから、一番詳しい猫もことを書く。』」

保坂氏の文体は饒舌体というのだろうか、
日本の近代文学の作家はあまりお好きではないようだが、昔の作家にこのような文体は割と見られた。


e0265768_15533030.jpg
[PR]
by suezielily | 2018-09-10 16:47 | 猫書籍