猫を題材にした小説随筆や猫好き作家をご紹介


by suzielily

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
more...

カテゴリ

全体
猫書籍
文学
Cat Salon,猫カフェ
猫写真、猫関連
猫TV,movie
音楽、music
本のまくらquiz
TVドラマ、movie
初めまして introducing
野球、baseball

最新のコメント

LuckySevenS..
by suezielily at 17:21
お美しい猫様たちですこと。
by LuckySevenStars at 12:00
cenepaseriさ..
by suezielily at 15:54
「山猫」2回観ました、良..
by cenepaseri at 11:35
LuckySevenSt..
by suezielily at 13:37
ベンガルちゃん もう、..
by LuckySevenStars at 16:17
LuckySevenSt..
by suezielily at 17:32
ベンガルちゃんが交じって..
by LuckySevenStars at 13:44
こんばんは。 ずいぶん..
by suezielily at 17:24
こんばんは。 いい..
by herbatelier at 17:10

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
すみやのひとり言・・・
路地猫のひとり言
ヒトは猫のペットである
春待ち日記
たびねこ
ちりめん戯縫
大杉漣の風トラ便り
4にゃん日記+
猫イズム
のらマニア ~長崎ぶらぶら猫~
浅草・銀次親分日記
シェークスピアの猫
ぎんネコ☆はうす
ルドゥーテのバラの庭のブログ
猫と文学とねこブンガク

外部リンク

最新の記事

警部補・碓氷弘一 第2弾
at 2018-11-26 16:21
猫カフェ空陸家2018
at 2018-11-14 18:57
サガン「愛は束縛」 
at 2018-11-02 16:53
白石冬美「猫のしっぽ」
at 2018-11-02 16:10
僕とシッポと神楽坂
at 2018-11-01 17:16

最新のトラックバック

ヘミングウェイ「雨の中の猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
高見浩訳「雨のなかの猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
一茶の猫俳句
from ネコと文学と猫ブンガク
「波の塔」の猫
from ネコと文学と猫ブンガク
内田百閒の広告
from ネコと文学と猫ブンガク
キャットサロンの猫
from A Cat, a Camer..
キャットサロン(A Sa..
from 猫と文学と猫ブンガク
日経新聞・フィギュアの世..
from ナチュラル&スローライフ

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます。

ライフログ


芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)


猫に時間の流れる (中公文庫)

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
本・読書

画像一覧

ゴンチャロフ「断崖」

 ゴンチャロフ「断崖」、 井上満訳、岩波文庫(全5巻)、
https://ia800207.us.archive.org/25/items/theprecipice07307gut/7prpc10.txt
http://d.hatena.ne.jp/sl-st/20110617/1308292728
https://ameblo.jp/oosashi/entry-10813412155.html
『ブラックウッド傑作選』 猫好きが読んだ千冊の本
https://nekohon.info/blackwood/#comment-97
以下、原文より。


e0265768_16293826.jpg







ゴンチャロフの「断崖 二」より、抜粋。
原文では「Chapter Ⅳ」

9p 
「 (略)向こうの中庭では犬どもがふざけ回っており、隅々には猫どもが群れて、日向ぼっこをしている。」
「 CHAPTER VI
(…) There were dogs in the yard, cats sunning themselves, on the roof of the new house flocked the pigeon and the swallows flitted around the eaves.」
 12p
「(略) 『あんなの猫にくれたがいいんです。死にかけているってアフィーミヤが言っていますよ」。
「(…) “No,” answered the child, “it is the cat’s fault. Afimua says it will die.” 」
34p
「(略) 彼はマルフィンカの方を振り向き、手を取って、それに接吻しながら、陽気に言った、『ここのものは、猫の子まで、何から何まで好きですよ!』
『私は生まれてからこんな男は見たことがないよ!』祖母は眼鏡をはずして、しげしげと彼を見ながら言った、(略)」
「If I thought at all I thought of these rooms in which lives the only woman who loves me and is loved by me, you alone in the whole world. And now,” he said, turning to Marfinka, “I want to win my sisters too.”
His aunt took off her spectacles and gazed at him.
“In all my days I have never seen anything like it,” she said. 」
 
 34pの和訳については、英訳に同様の箇所が見つからない。
ロシア語の原文が全く理解できないので、英訳と和訳、どちらが省略したり、原文に無いものをつけ加えたりしているのか分からない。
 ゴンチャロフが猫を好きなのかどうか、特に重要な場面で登場するわけではないので、判断がつかない。
ただ、動物が登場する場面は少なからずある。


「The Precipice, by Ivan Goncharov
TRANSLATED FROM THE ORIGINAL RUSSIAN; TRANSLATOR UNKNOWN

CHAPTER I

 Boris Pavlovich Raisky had a vivacious, unusually mobile face.
At first sight he appeared younger than his years.
The high, white forehead gave an impression of freshness and vigour; the eyes blazed one moment with intelligence, emotion or gaiety, a moment later they wore a meditative, dreamy expression, then again they looked young, even childlike.
At other times they evidenced knowledge of life, or looked so weary, so bored that they betrayed their owner's age; at these times there
appeared between them three furrows, certain indications of time and knowledge of life.
Smooth black hair fell on his neck and half covered the ears, with here and there silver threads about the temples.
His complexion had kept the tints of youth except on the temples and the chin, which were a brownish-yellow colour.」

1巻、365ページより。
「これだけの材料では小説のプロローグくらいのものしか出来はしない! 本当の小説はこれから先に来るか、全然現れないかだ!」

今のところ、三巻まで読了。主人公のボリス君は小説家志望なんですね。

2人の従姉妹のうち、クールで知的なヴェーラ嬢にしつこくつきまとって、妄想三昧。
4巻以降はどうかな?




e0265768_17120267.jpg


e0265768_17102278.jpg


e0265768_17013158.jpg
e0265768_17020240.jpg

ブラックウッド傑作選 (創元推理文庫 527-1)

A.ブラックウッド/東京創元社

undefined

















山猫 (河出文庫)

ランペドゥーサ/河出書房新社

undefined







[PR]
by suezielily | 2018-09-28 17:29 | 文学