人気ブログランキング |


猫を題材にした小説随筆や猫好き作家をご紹介


by suzielily

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

以前の記事

2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
more...

カテゴリ

全体
猫書籍
文学
Cat Salon,猫カフェ
猫写真、猫関連
猫TV,movie
音楽、music
本のまくらquiz
TVドラマ、movie
初めまして introducing
野球、baseball

最新のコメント

鍵コメ様、コメントありが..
by suezielily at 17:26
marucox0326 ..
by suezielily at 16:05
こんにちわ。 へ~..
by marucox0326 at 18:40
LuckySevenSt..
by suezielily at 15:00
Captain Marv..
by LuckySevenStars at 17:16
LuckySevenSt..
by stefanlily at 16:53
私も見てます! 今年も..
by LuckySevenStars at 16:12
LuckySevenS..
by suezielily at 17:21
お美しい猫様たちですこと。
by LuckySevenStars at 12:00
cenepaseriさ..
by suezielily at 15:54

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
すみやのひとり言・・・
路地猫のひとり言
ヒトは猫のペットである
春待ち日記
たびねこ
ちりめん戯縫
4にゃん日記+
猫イズム
のらマニア ~長崎ぶらぶら猫~
浅草・銀次親分日記
シェークスピアの猫
ぎんネコ☆はうす
ルドゥーテのバラの庭のブログ
猫と文学とねこブンガク

外部リンク

最新の記事

シュレーディンガーの猫を追って
at 2019-05-13 17:53
東京独身男子
at 2019-05-13 17:43
結婚式のメンバー
at 2019-05-07 17:13
文豪たちが書いた「猫」の名作..
at 2019-05-07 16:54
ねこ書籍記事過去ログ
at 2019-05-02 00:00

最新のトラックバック

ヘミングウェイ「雨の中の猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
高見浩訳「雨のなかの猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
一茶の猫俳句
from ネコと文学と猫ブンガク
「波の塔」の猫
from ネコと文学と猫ブンガク
内田百閒の広告
from ネコと文学と猫ブンガク
キャットサロンの猫
from A Cat, a Camer..
キャットサロン(A Sa..
from 猫と文学と猫ブンガク
日経新聞・フィギュアの世..
from ナチュラル&スローライフ

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます。

ライフログ


芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)


猫に時間の流れる (中公文庫)

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
本・読書

画像一覧

ぼくが猫語を話せるわけ

「或る日ぼくは、主観的に全く突然に、一匹の猫の居候を抱えこむことになった。これは一大事だった。」という書き出しから始まる本書。 彼(ピッチ)は豪勢な引越荷物と預かる側への手みやげであるコニャック1本と共に、本来の飼い主に連れられてやってきた。 それから5年。 居候はまだ本来の飼い主込みで住み着いている。
東京生まれで日比谷高校、東大法学部卒で芥川賞受賞、とかつての一高 → 旧帝大の文士の伝統を現代的な形で引き継いだかのような筆者の洒脱なエッセイ集。 タンク(ピッチ)と作者の写真、中村紘子氏の挿絵(猫の絵有り)、解説と豪華な内容。 
e0265768_18441690.jpg

ぼくが猫語を話せるわけ (1978年)

庄司 薫 / 中央公論社



続きを読む
# by suezielily | 2012-06-12 18:44 | 猫書籍

わたしも猫語を話せるわけ

作家の庄司氏とピアニストで達者な文章もお書きになる中村紘子氏といえば、人も羨むインテリご夫妻である。 庄司薫氏の「ぼくが猫語を話せるわけ」を古書店で手にするまでお2人が猫をお好きだとは、知らなかった。 中公文庫(巻末の日本文学の既刊目次を見ると、既に絶版になっていそうな本が多々ある)の初版が1981年であるから、この本に書かれたシャム猫のタンク君はもう生きてはいないのだろう。
e0265768_18391621.jpg


続きを読む
# by suezielily | 2012-06-12 18:40 | 猫書籍

フィドルと猫

“We Three, Ginger Cats Tales”に寄ると、「Once upon a time hares were called 'woodcats'」だとか。
昔野ウサギはwoodcatと呼ばれた…、って何ぞや、woodcatとは。
e0265768_1834222.jpg

I am Cat

Jackie Morris / Frances Lincoln Childrens Books


“We Three, Ginger Cats Tales”
http://wethreecats.blogspot.jp/

サバンナのともだち

キャロライン ピッチャー / 光村教育図書


I am Cat

Jackie Morris / Frances Lincoln Childrens Books



続きを読む
# by suezielily | 2012-06-11 15:23 | 猫書籍

老人と猫(Harry And Tonto)

「ハリーとトント(1974) 」 ポール・マザースキー監督。 NYに暮らす老人ハリーが、区画整理でアパートを追い出された。シカゴの娘に飛行機で会いに行く筈が、猫のトントのためにバスへ車へと乗り換えていくロード・ムービー。 同居を望む娘のもとも離れてトントと共に旅を続けていく。 A・カーニーはアカデミー主演男優賞に輝いた。
e0265768_1672155.jpg

ハリーとトント [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン



続きを読む
# by suezielily | 2012-06-11 15:09 | 猫TV,movie

猫と画家

I make friends with the cats. The reason why I DO with them is; they have two natures, brutality and
domestication, and I think it is interesting. It is good they have vestige of fierce animals. I often paint the cats. When I found no model in my studio, I paint the cats. Even I draw them instead of my autograph.
“Swimming in the Ground”. (translated by suzielily)
リンクさせて頂いているちりめん戯縫様に「フジタの猫」という記事があり、藤田のネコ詩(もしかして原文はフランス語!?)を英訳しました。
e0265768_15544778.jpg

藤田嗣治画文集 「猫の本」

藤田 嗣治 / 講談社



続きを読む
# by suezielily | 2012-06-08 15:57 | 猫写真、猫関連