猫を題材にした小説随筆や猫好き作家をご紹介


by suzielily

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
more...

カテゴリ

全体
猫書籍
文学
Cat Salon,猫カフェ
猫写真、猫関連
猫TV,movie
音楽、music
本のまくらquiz
TVドラマ、movie
初めまして introducing
野球、baseball

最新のコメント

LuckySevenSt..
by suezielily at 13:37
ベンガルちゃん もう、..
by LuckySevenStars at 16:17
LuckySevenSt..
by suezielily at 17:32
ベンガルちゃんが交じって..
by LuckySevenStars at 13:44
こんばんは。 ずいぶん..
by suezielily at 17:24
こんばんは。 いい..
by herbatelier at 17:10
LuckySevenSt..
by suezielily at 16:19
昨日の朝日新聞の書評で ..
by LuckySevenStars at 13:35
nobikunJ さま..
by suezielily at 16:26
nanako-729 さ..
by suezielily at 16:23

フォロー中のブログ

エコ猫な人々
すみやのひとり言・・・
路地猫のひとり言
ヒトは猫のペットである
春待ち日記
たびねこ
ちりめん戯縫
大杉漣の風トラ便り
4にゃん日記+
猫イズム
のらマニア ~長崎ぶらぶら猫~
浅草・銀次親分日記
シェークスピアの猫
ぎんネコ☆はうす
ルドゥーテのバラの庭のブログ
猫と文学とねこブンガク

外部リンク

最新の記事

フォースター「ハワーズ・エンド」
at 2018-06-18 17:07
湯布院のもふもふモフモフ
at 2018-06-08 17:30
名画のなかの猫 
at 2018-06-06 17:10
カズオ・イシグロ「遠い山なみ..
at 2018-06-05 16:46
文学記事過去ログ
at 2018-06-04 00:00

最新のトラックバック

ヘミングウェイ「雨の中の猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
高見浩訳「雨のなかの猫」
from ネコと文学と猫ブンガク
一茶の猫俳句
from ネコと文学と猫ブンガク
「波の塔」の猫
from ネコと文学と猫ブンガク
内田百閒の広告
from ネコと文学と猫ブンガク
キャットサロンの猫
from A Cat, a Camer..
キャットサロン(A Sa..
from 猫と文学と猫ブンガク
日経新聞・フィギュアの世..
from ナチュラル&スローライフ

ご注意 notice

野球川柳、写真、英文記事等は無断転載禁止。 コメント下さった方、有難うございます。

ライフログ


芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)


猫に時間の流れる (中公文庫)

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
本・読書

画像一覧

林真理子「anego」

知人の米国人ALT2人が仲違いした時、別のALT男性が「女性の喧嘩は男性がらみ」と言った。
有名女性歌手の騒動がTVのワイドショーを賑わせている。所属事務所の女社長と彼女の夫が金銭のことで揉めていたそうだ。
林真理子の「anego」を読む。数年前のTVドラマは篠原涼子、赤西仁主演だった。
林ファンの私もあの乗りの話ならば、特に読む必要はないと思っていた。
TVドラマでは年上OLが若い同僚と初デートの際に、お洒落してバスケット一杯の手製弁当と気合が入っていた。黒沢は草ラグビーの試合に同行させ、豪華弁当は彼の仲間に分けられる。この場面はとても爽やかで印象に残っている。
これを書籍で探したが…無い!林作品ドラマの脚本ではお馴染みの中園ミホの脚色は大胆だ。弁当は彼の仲間にも評判だったので、彼女の姐御らしさは脚本に生かされている。ラガーマンという設定は原作では別の、重要な人物として登場する。

anego (小学館文庫)

林 真理子 / 小学館



続きを読む
[PR]
# by suezielily | 2012-04-11 18:26 | 文学

ソ連崩壊後のFigure Skate

何やら仰々しい題だが、重厚な記事を書くには知識も足りないので大好きなペトレンコとウソワ組に絞って。
雑誌で知り合った方に、彼らの欧州選手権や米国で放送された世界選手権のVTRをダビングして頂いた。
ペトが3、4シーズンも同じSPやフリーで滑ったのだが、当時は「もうー。マンネリ」と失笑していた。 しかし、英語でソ連の崩壊についてのアナウンスを聞いているうちに、思った事がある。 ウクライナの選手にとって、ロシアよりも練習場所や時間の確保に腐心したのではないか、という想像に到った。 新プログラムだと練習時間も多くとられる。それゆえ、同じ内容で五輪まで続けたのではないか、と。
ペトレンコの当時のフリーの出だしはウクライナ民謡だが、そのパートを私は「ペトのテーマ」と呼ぶ。 EXのクイーンの曲もしかり。 前方に足を振り上げてのスパイラル(他の男子がやっているのを見た事がない)が元祖ナルシス王子! 
ウソワ組の事も大好きだった。ズーリンが同胞のグリシュークと浮気してマイヤと離婚した時は悲しかった。

続きを読む
[PR]
# by suezielily | 2012-04-11 18:24 | 野球、baseball

男子フィギュアの技術革新

男子のフィギュアスケートの、特にジャンプの技術の進歩ぶりはすさまじい。
先の世界選手権でも、正確な人数は知らないが、15人はSPフリー共に4回転を決めたのではないだろうか。
五輪の優勝者に限って、その変遷を追ってみる。

カルガリー五輪。「ブライアン対決」で勝ったボイタノは3アクセルを決めた。2大会で銀メダル(カナダ男子のジンクスはここに始まる)のオーサーと同じくフリー曲は「カルメン」。ちなみに女子の1、3位選手もカルメン対決であった。
雑誌で知り合った方にサラエボ五輪のVTRをダビングして頂いたが、私の大好きなサボスチック選手も既にTアクセルを決めていた。

アルベールビル五輪。世界選手権で4回転を決めていたブラウニングの後塵を拝していたペトレンコが「万年2位」の汚名返上。SP、フリーでTアクセル+Tトウを決めたのは彼だけであった。
リレハンメル五輪。ボイタノがプロの競技会復帰を実現させ、多くのプロ選手が参加した華やかな大会。
3カテゴリーのプロはフリーの最終グループで滑ったが、男子プロは叶わず。よって、ボイタノ、ペトレンコ、プロではないがブラウニングが史上最強の第3グループを演出。1、2位は4回転を温存したとはいえ、競技会で跳べる選手達であった。

長野五輪。クーリック選手が五輪で初めて4回転を決めて金メダル。フリー曲の「Rhapsody in Blue」は後年、ライサチェック選手が同じ曲で優勝したこともあり、ガーシュウィン(金選手も他の曲で優勝)は選手達にとって縁起のいい作曲家といえるかも。

ソルトレークシティ五輪。ヤグーディン選手が4回転を連続ジャンプも含め、2回フリーで決めて優勝。
フリーで全てのジャンプを飛び終わった後に直線のステップを華やかに決める、という演技構成を定番化させた。また、タラソワ、モロゾフといったダンス関係者がフリー選手を指導。男子の金メダルはその3者の化学反応によるもの。

トリノ五輪。プルシェンコが金メダル。SP、フリーで計3回の4回転ジャンプを跳ばないと最早男子の優勝は無い、という時代に突入。採点方法も6.0満点から現行ルールに移行。
バンクーバー五輪。優勝は4回転を跳ばなかったライサチェク。プルシェンコやプロのストイコ氏らが「4回転論争」を展開。

…というわけで、男子は非常に分かり易く技術革新を遂げている。スポーツとして面白い。
女子は残念ながら、進歩しているとは言い難い。

浅田選手の3アクセルの成功率が低い事が気になる。伊藤みどり選手は、私の記憶では競技会で3アクセルを失敗したのは2回。91年世界選手権でSP、フリー共に失敗して、米国勢に表彰台を独占された。
翌年の五輪でも、フリーで2回のジャンプのうち、1回目は転倒している。プロ入り後、長野五輪を目指して一時復帰した世界選手権でも両足着氷であり、結局五輪復帰は実現しなかった。
この驚異的な成功率、「みどりが男でなくてよかった」とオーサーに言わせた、真骨頂。ギネスに記録されるのは誰が最適なのか。

More
[PR]
# by suezielily | 2012-04-11 18:20 | 野球、baseball

野球とFigure Skate

出身中学が後にプロ野球の、それも捕手を2人も輩出した野球の名門であった。彼等は私よりも下の世代だが、私の2学年先輩が全国大会に進むほど、野球部は学校のスター的存在だった。その影響で私も高校野球は好きだった。プロ野球のファンになったのは99年にホークスが優勝した頃から。南海時代からのファンである父の影響もある。それ以前は特に関心も無かったが、西武が強い印象はあった。

88年の全英決勝を見て、Sエドバーグ選手を好きになり、テニスファンの時期もあった。彼やマルチナ様の美しいサーブ&ボレー。スポーツにも芸術的傾向を求める傾向にある。野球にしても盗塁を決め、華麗な守備の野手や美しいフォームで投げる「主演男優であり、女優」の先発投手に惹かれる。

Figure Skateのファン歴はプロ野球よりも長い。最初に好きになったのはDビールマン選手。
ベステミノワ&ブキン組、Jサボスチック選手など。以来、好きになるのは(勿論日本選手も応援するが)徹底して欧州寄りである。

これは音楽では英国のロック、映画は欧州である好みにも共通する。

一番熱を挙げて応援したのはペトレンコ、U&Z、伊藤みどり選手。男子ではキャンデロロ、クーリック、ヤグディン、本田、高橋選手などもいいが私にとってはペトレンコを越える人はいない。ほぼ同時代に活躍した事も含め、U&Z、伊藤選手についても同様。

ビールマンが北米のプロ大会で米国の選手に負けた時、「私が欧州人だから」と言った。
それを知りつつ「分かる人にだけ分かればいい」といった欧州色の濃い演技を続ける、それがカッコ良かった。

プロ競技では北米寄りの演技をする欧州勢が多い。サボスチックはプロのショーではあの幽玄華麗さがなりを潜め、分かり易い派手さになったのが残念。

コストナーはビールマンに私が感じた印象に一番近い選手。年齢的にプロ入りが近いかもしれないが、どうか彼女らしさを無くさないでほしい。

現在の競技会では特に強い思い入れのある選手はいない。

あまりフィギュア記事を書かないのは、近年の、特に浅田選手の女性ファンが怖いから。
特定の選手の為にルール改正を願って署名運動などと、もう理解の範囲を超えている。

もし、巨人ファンが「『飛ばない』ボールと、セリーグから予告先発制度を廃止」の署名を始めたら、私は彼等をますます嫌いになるだろう。(これは妄想ですので、本気にしないように)

観戦していて一番好きな競技は、日本の野球である(MLBには興味無し)。
Blog題にもあるように一番興味のある事はスポーツではない。フィギュア記事はそんなに書かないの
で皆様、期待しないで下さいね。

e0265768_18161556.jpg
e0265768_18162881.jpg

[PR]
# by suezielily | 2012-04-11 18:16 | 野球、baseball

重松清「ブランケット・キャッツ」

新聞の日曜版に「獅子王」という連載中で、初めて重松氏の作品を読んだ。
同じ毎日新聞誌上で篠田節子の「銀婚式」がジェットコースターのように目まぐるしい展開であったので、その後の連載となった重松氏の小説は少し地味な印象を受けた。
しかし回を進む毎に面白くなってきた。




続きを読む…
[PR]
# by suezielily | 2012-04-04 19:10 | 猫書籍